NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

セリエA第22節:ホームでのトリノ戦は2-2の引き分け  

f3942eea-9063-3c6a-9cc8-6e4b6fa6c78e.jpg
418ddf6a-e37f-39b0-88de-268c4a6fcd6s0.jpg
be13e5e4-1c74-38fc-9835-d7ebe6e9f535.jpg
7b0c367f-60c2-399a-933e-d6830a4680sa0.jpg


Inter Milan 2-2 Torino 投稿者 2013fasthighlights

[inter.it] セリエA、インテル対トリノ:2−2
[inter.it] ストラマッチョーニ:「ドローが公平な結果だが、悔しさは残る」
[inter.it] モラッティ:「せっかくスムーズな出だしだったのに... 」
[inter.it] サネッティ:「前を向いて練習に集中しよう」
[inter.it] キヴ:「ケガは大したことない、二日程で復帰できると思う」
[inter.it] フアン・ジェズス:「コンスタントなパフォーマンスが必要」
[Gazzetta.it] ドローのストラマッチョーニ 「チャンスを逃した」
[Full Match Highlights] FCインテル・ミラノ vs トリノFC


基本的に"受け"のサッカーが多いストラマのインテル。守備でリズムをつかみ、そこから攻撃に繋げていく。ローマ戦ではサイドの手薄さから突破を許し、失点に繋げてしまったことから、この日は4-2-4のシステムを採用しているトリノに対して、4バックにして挑みました。

スタメンはGKハンダノ、DFラインは右からカピタン、ラノッキア、キヴ、ファンで、中盤はグアリン、ガルガーノ、ムディンガイ、長友。2トップにカッサーノとパラシオ。4-4-2のフォーメーションです。

トリノのサイド攻撃に対応するための4-4-2だったと思いますが、グアリンの右サイド、ファンの左SB。普段やり慣れていないポジションに入ったことや、攻撃の組み立てパターンも3バックの時とは大きく違ったので、そこでの混乱が少しあったのかなと。相手に合わせて守りやすいシステムに変えたのは良かったですが、それが自らの首を締めていった印象です。

最初の失点はグアリンの軽率なプレーからでしたね。あの位置で相手のチェックを、股を抜いてかわしにかかるのはとてもリスキーな行動。ハンダノとグアリンの連携ミスでもあると思いますが…とにかく起こってはいけない出来事でした。これは反省すべき点でしょう。

もう一つの失点はペレイラがチェルチに突破を許したシーンからでしたが、この日のチェルチはキレキレだったので。あれを抑えこむのは難しいミッションでした。ドリブルというのはリズムがあり、大体どの選手も「仕掛ける体勢を整えてから仕掛ける」のが普通だと思います。ボールを足元でコントロールし、相手の立ち位置を確認して、その先のビジョンを固める。その間に数秒の準備が普通は必要だと思います。

ただチェルチはボールをもらう前から、その先のビジョンを固めてたんですよね。なので仕掛ける準備に必要なのはボールを足元でコントロールする時間だけ。チェルチはドリブルのタイミングの外し方がうまいです。この日はファンもペレイラも縦への突破を軽く許してましたが、あれは見てる以上に対応するのが難しかったんじゃないかと思います。2つ目の失点はどちらかというと中の対応をしっかりして欲しかったですね。メッジョリーニもドフリーでしたから…。

年が明けてから満足のいく結果を残せたのはペスカーラ戦のみ。ウディネ戦は惨敗、ローマは運良く引き分けに持込み、トリノ戦では…。ペスカーラといっても、今節裏で戦ったサンプドリアは6-0で勝ってますからね(苦笑)状況は厳しいものです。

今はパラシオをフル稼働させて戦っていますが、カッサーノも毎試合ベストなパフォーマンスを見せれるわけではありませんし、この二人だけに頼りきった攻撃というのも限りが見えてきています。ロッキとミリート。早くこの二人を加えた攻撃陣で回して行きたいですね。

この停滞した状況を変えるには新たな戦力を連れてくるというアイディアもあります。どうやらパウリーニョの獲得は夏以降ということになりそうですが、クズマノビッチやスケロットなどなど。獲得候補は何人か上がっているようです。最終的に誰が来るにせよ。その補強が成功するように切実に願うばかりです…。
Inter Milan 12/13の関連記事

category: Inter Milan 12/13

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: トリノ戦  アレッシオ・チェルチ 
tb: 0   cm: 2

コメント

更新お疲れ様です♪

チェルチはやっかいでしたね…カットインもあるしサイドに流れてクロスもあるし。それにトリノの方がチームとして機能してましたね。

まぁ新戦力も決まったしこれからに期待ですかね
個人的には無理してまでパウリーニョ取らなくてホッとしてます♪

しゅう #- | URL
2013/01/31 21:52 | edit

Re: タイトルなし

パウリーニョはいっても今はバカンス中ですからねw
コヴァチッチ、クズマノビッチの方がすぐ戦力として加えられますね。
特にスケロットはイタリアでの経験が豊富なので、馴染むのにも時間がかからなそうです。
この堅実的な補強が芽を結ぶといいですねー

ジニア #- | URL
2013/02/01 20:51 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/545-94f73b7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。