NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

エトーさん劇場!!  

2010y09m30d_1dsgfsgggd14106296.jpg

Inter 4-0 Werder Bremen (HT: 3-0)

Scorers: Eto'o 21, 27, 81, Sneijder 34.

Inter【4-2-3-1】: 1 Julio Cesar (12 Castellazzi 46); 13 Maicon, 6 Lucio (39 Santon 62), 2 Cordoba, 26 Chivu; 5 Stankovic (20 Obi 80), 19 Cambiasso; 88 Biabiany, 10 Sneijder, 29 Coutinho; 9 Eto'o.

Subs not used: 11 Muntari, 17 Mariga, 30 Mancini, 57 Natalino.
Coach: Rafael Benitez.

Werder Bremen【4-2-3-1】: 1 Wiese; 5 Wesley, 29 Mertesacker, 15 Prodl, 16 Silvestre; 20 Jensen, 6 Borowski (3 Pasanen 46), 44 Bargfrede, 10 Marin (14 Hunt 63); 7 Arnautovic, 23 Almeida (19 Wagner 78).
Subs not used: 21 Mielitz, 17 Husejnovic, 18 Kroos, 41 Schimdt.

Coach: Thomas Schaaf.

Referee: Undiano Mallenco (Spain).

Booked: Jensen 44, Prodl 63.

2010y09m30d_dafadfgfg114122531.jpg

さすがですエトーさん><!!トリプレッタ&アシストいただきました!!ありがとうございます!!結局ミリートがブレーメン戦欠場ということでエトーさんが1トップに入ったこの試合。期待通りの働きを見せてくれました!サイドの時とは違い、自分からドリブルで仕掛けるというプレーはなかったものの、ボールを持たなくても前線で精力的に動き、DFを揺さぶり自らスペースを作り出していました。もう完璧です!文句なしのデキ!!

でもまぁドイツ国内でもブレーメン守備陣は不調だったようですし、この試合もDFラインはかなり酷かったので(笑)ある意味必然的な結果だったのかもしれませんが、この調子で次も頼みますよ!エトーさん!!またゴール決めちゃって!!

2010y09m30d_11352784dffdas3.jpg

コウチーニョはスタメンで起用されるのではないかと前々から噂はありましたが、まさかビアビアまでスタメンで起用してくるとは!ビアビアはヨーロッパのコンペティション初出場の試合、コウチーニョは初めてのスタメン起用の試合でした。直前にミリートとパンデフの欠場が決定したことで、ベンチの顔ぶれがすごいことになってます(笑)攻撃的な選手がマンシーニとオビくらいしかいないという…。試合前はパンデフとエトーさんの2トップなのでは?と噂されてましたが、こうなると4-2-3-1しか選択肢はないですよねw

注目のコウチーニョとビアビアの両サイドですが、ビアビアは自分のできることを精一杯やっている印象。持ち味のスピードを生かしてブレーメンの左サイドを翻弄。前回スタメン出場した試合ではあまり披露しなかった自慢のスピードもこの試合では魅せまくってました!いやぁあれは早いですねw思わず笑ってしまったww

前半開始直後のコウチーニョが外した惜しいヘッドのシーン。あの前のシーンでスナイデルのスルーパスを受け取ったビアビアがクロスを上げたのですが、普通の選手はあのスルーパスを受け取れません(笑)だって走り出した時点でシルベストルが前にいたんですから!たぶんスナイデルもビアビアのスピードを見越してのパスだったんでしょうね。あれに追いつくビアビアも驚きましたが、あんなメチャクチャなパスを出すスナイデルにも驚きwよく分かってるなぁと思いました。味方の持ち味を発揮させる優秀なトップ下がいるおかげでビアビアも生き生きとプレーしていたような気がします。

でコウチーニョですが、ちょっとボールを失う率高いです。決定機もキーパー正面とあと一歩のところで足りない部分がありました。ただ前半最初の方の、スナイデルの惜しいシーンを演出した浮きパスなんかはいいセンスしてたので、きっかけさえ掴めば良くなると思うんですけど…ビアビアはイタリア生活長いのであまり問題なく馴染めてますが、コウチーニョはブラジルから出てきたばかりですし、もうちょっと順応の時間が必要かも。こちらは長い目で見てあげましょう!

しかしこの日もデキ&クチュのボランチコンビは輝いてた!デキは守備というより攻撃面で貢献、クチュは守備面での貢献が大きかった。クチュのカットからのチャンスも多かったですからね~頑張りすぎてた前線をこのボランチコンビがうまく調節していた印象です。あとマイコンも今日はやる気スイッチ入ってたし、コルドバさんは相変わらず安定したパフォーマンス見せてたし、キヴは相変わらず縦の突破への対応はあまりできてませんでしたが(笑)まぁ仲直りしたこともあってローマ戦よりやる気が出ていたので悪くはなかったです。最後には念願のセンターバックも出来たわけだしwキヴにとっては気持ちのいい一日になったのではないでしょうか。

ブレーメン戦ハイライト


ただねぇ…やっぱり素直には喜べないですよ。まずルシオの怪我。地元スカイスポーツが報じたところによると、膝を負傷したルシオはユーヴェ戦完全にアウトだそうです…。今の守備陣はサムエル、マテ兄貴、カピタンが離脱中。カピタンはユーヴェ戦で復帰予定ですが、サムエルは微妙、マテ兄貴は完全に間に合いません!これでもしルシオとサムエルが欠場なんてなると…センターバックがぁああΣ(゚Д゚;)!!コルドバさんはいあるので、あとキヴかクチュというオプションから選ばなくてはなりません…。まぁまずは怪我人の早期復帰が、というかサムエルが復帰できるかが一つのカギになりそうです。クチュorキヴのオプションについて考えるのはその後ですね…ハァ。

そして前半で下がったジュリオですがどうやら怪我のようです。というのも試合前から状態が思わしくなく、前半で3点リードした時点でリスクを犯したくないということで監督はジュリオを下げたらしいです。どこを負傷していたかは謎ですが、とりあえず状態は悪くないということでユーヴェ戦には出られる見込みだとか。試合中はそんな素振りを見せなかったのですが…、その影響もあったのかな?ローマ戦に続き今日も致命的なミスを犯したジュリオ。何か嫌な流れです…。ユーヴェ戦までにはいつもの神ジュリオが戻ってこれるといいんですけど…。

ついでにこちらも微妙な状態にあるミリートとパンデフですが、ミリートは治療をしつつも軽い運動はできているみたいでユーヴェ戦は出場できるかも?らしいです。まぁ本人はやる気マンマンみたいなんでw今度こそ無理せず調整に励んでもらいたいです。あと3日くらいあるし。パンデフはまだ足首に痛みがあるようです。こちらはしばらく様子見ですね…。

整理すると現在離脱中なのがルシオ、ジュリオ、サムエル、カピタン、マテ兄貴、ミリート、パンデフ、モッタ、ヌワンコ、(リバス)。まぁ何人かはすぐ帰ってくると思いますが…それにしても多いよぉ(泣)

2010y09m30d_1144dfbgsfggs06453_20100930141307.jpg

ほらほら皆で頭を触りに行くから、またハゲ散らかしちゃうでしょ。後頭部の薄さはこすれた後ですよきっと。
スポンサーサイト
UEFA Champions Leagueの関連記事

category: UEFA Champions League

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: サミュエル・エトー  ブレーメン戦 
tb: 0   cm: 3

ブレーメン戦の召集メンバー  

最近は召集メンバーと試合結果の記事しか書いてませんね(笑)まぁそれは置いといて。ブレーメン戦の召集メンバーが発表されました!

135377.jpg

というかミリート何やってんの…

GK:
1  ジュリオ
12 カステラッツィ
21 オルランドーニ

DF:
2  コルドバ
6  ルシオ
13 マイコン
26 キヴ
39 サントン

MF:
5  デキ
10 スナイデル
11 ムンタリ
17 マリガ
19 クチュ
20 オビ
29 コウチーニョ
30 マンシーニ

FW:
9  エトー
22 ミリート
27 パンデフ
88 ビアビア


写真のとおりミリートは元気です(笑)昨日の7時間治療が効いたのか、今日はフルメニューをこなされたみたいです。ブレーメン戦は出ないものだと私は思っていたのですが…、この調子なら出場も有り得そうです。でも週末にも大事な試合があるので、あまり無理はして欲しくないですね(^-^;

同様にルシオもフルメニューをこなされてます。同じくローマ戦で負傷したパンデフは別メニュー調整でした。でも一応召集メンバーに入ってますね。これはもしもの時のための保険かな?状態は万全ではないと思うので、出場の可能性は低いかもしれません。

それとパンデフと一緒に別メニュー調整だったサムエルは召集外。結局間に合いませんでしたね~。まぁここのポジションはコルドバさんが頑張ってくれているのでそこまで心配する必要もないかも。サムエルはユーヴェ戦に照準をあわせて調整に励んでもらいたいと思います。

そしてカピタンですがこちらもブレーメン戦の出場は見送りに。今日は病院で検査を行い、その後軽めのメニューをこなされたみたいです。カピタンに関しては恐らくユーヴェ戦までには帰ってくると思います。今度こそは頼むぞカピタン!このチームにはやはりカピタンが必要なんだ><!

これでスタメンの顔ぶれはどうなりますかね~。ミリートとパンデフの状態次第で大分変わってくると思います。監督も当日の状態を見て決めるって言ってますし…どうなるかは直前になってみないと分かりませんね。

135366.jpg

うざキャラ全開のムンタリ様wもう存在がうざいww

135368.jpg

一方でこっちは天使のような笑顔…。どことなく光り輝いているのは気のせいじゃないですよね。
UEFA Champions Leagueの関連記事

category: UEFA Champions League

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: ムンタリ  ブレーメン  怪我 
tb: 0   cm: 2

負けたぁああ  

dsadddd.jpg

Roma 1-0 Inter (HT: 0-0)

Scorer: Vucinic 90+2

Roma【4-4-2】: 1 Lobont; 77 Cassetti, 4 Juan, 29 N.Burdisso, 17 Riise; 7 Pizarro, 16 De Rossi, 20 Perrotta; 94 Menez (33 Brighi 88); 10 Totti (9 Vucinic 76), 22 Borriello (19 Baptista 87).
Subs not used: 32 Doni, 2 Cicinho, 8 Adriano, 25 G.Burdisso. 

Coach: Claudio Ranieri.


Inter【4-2-3-1】: 1 J.Cesar; 13 Maicon, 2 Cordoba, 6 Lucio, 26 Chivu; 19 Cambiasso, 5 Stankovic; 27 Pandev (29 Coutinho 74), 10 Sneijder, 9 Eto'o; 22 Milito (11 Muntari 67).
Subs not used: 12 Castellazzi, 17 Mariga, 20 Obi, 39 Santon, 88 Biabiany.

Coach: Rafael Benitez.

Referee: Emidio Morganti (Ascoli Piceno).

Booked: Chivu 37, Stankovic 52, Cordoba 57, Cassetti 63, Perrotta 65, Pandev 69, N.Burdisso 69, Menez 78.

saffdsff.jpg

ローマめ!ローマめ!ローマめぇええ><!!ロスタイムゴールとか勘弁してよ…ヴチニッチぃい!!!何でこの人はインテル相手でいつもゴールを…。ベンチスタートだったのでチョット安心してたところもあったのですが、最後にはきっちり決めてくれましたw昨シーズンもオリンピコではトニの勝ち越しゴールで負けましたし、何か嫌なイメージが定着してしまいましたねココには…。

というか何なんでしょうこのローマに対する苦手意識はwプレシーズンやコッパでは勝ちましたけど、リーグ戦でやると思うように結果が出ない気がします。こっちに問題があるのか、あっちがインテル相手だと予想以上の力を発揮するのか…よく分かりませんw

でもまぁここ毎シーズン前半戦はどっかしらで黒星つけてるわけだし。ここも例年通りと考えれば問題ないです。むしろそれ以上にローマやユーヴェやミランは勝ち点を落としているわけなので例年に比べれば、この時点での黒星はまだ余裕があります。今日の結果次第ではありますが、まだ首位を確保できる可能性もありますし、そう悲観的になることもないですね。もう次だ!次!こんな敗戦さっさと忘れてしまえ!悔しいぜチクショウ><!!

135281.jpg

今日はコルドバさんがスタメンということで、コルドバカピタン!フォメはいつもと変わらず4-2-3-1。DFラインはマイコン、ルシオ、コルドバ、キヴで固まりました。サントンは結局出番なかったですね~残念。中盤と前線はバーリ戦と同じ顔ぶれになりました。

何があったか謎ですが、今日のマイコンはあまり試合に集中していないように思えました。そこまでローマに押し込まれている展開でもなかったのですが、前線まで顔を出す元気がなかったマイコン。肉体的なものなのか、それとも精神的なものなのか分かりませんが、ブレーメン戦やユーヴェ戦ではいつものパフォーマンス見せてくれないと困ります!マイコンの代えはいないので、マイコン自身がなんとかしてくれないと…。うーん困ったものだ。

そして期待していたエトーさんやミリートも結局不発。エトーさんはいくつかチャンスをつくってましたが、ミリートは…orz やっぱここ一番の試合では1トップのエースが決定的な仕事してくれないと厳しいものありますね。今日の試合でまた完全復活が遠のいたか…。

あと、この試合は監督の采配にもちょっと疑問が。エトーさん自体のコンディションは悪くなく、カッセッティとの一対一でも個人技で振りぬいていくつかチャンスをつくっていました。穴があったとしたらそこ!監督には可能性の感じない中途半端なキヴのパスやシュートで終わるより、エトーさんに持たせて局面を打開するような指示をしてほしかったかな。キヴにはそのサポートに回ってもらうという感じで。ミリートに代えてムンタリ様を出したのは不可抗力なので仕方がない。そこは責めれませんww

ただね。デキは良かった!ボランチの位置で的確なボールさばきを披露。遠くの選手までよく見えていて、素晴らしい浮きパスもいくつかありました。前半なんかはデキミドルのラッシュ!前線にも積極的に顔を出していたし運動量も多かった。これでゴール決まってれば最高だったのですが…wただデキのパフォーマンスが試合をこなすごとに上がっているのは朗報です。この調子で頑張ってもらいたい!!

しかしムンタリ様は倒れこんでいるカッセッティに顔面シュートとは惨いことをするww最近笑いとりすぎじゃないですか?やばい!そろそろ本領を発揮してきそうだ(爆)

ローマ戦ハイライト


さて、次は中三日でブレーメン戦です!こんな短期間でチームをいじくるのは不可能なことなので基本的なチーム構成はこのままいくしかないです。その中で細かい戦術と個人のコンディションをどこまで高められるか…。とりあえずホームのブレーメン戦はなんとしても勝ち点3をゲットしなければいけないですね!絶対勝ちましょう!!アルナなんぞに負けんぞ!!
Inter Milan 10/11の関連記事

category: Inter Milan 10/11

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: ローマ戦  サリー・ムンタリ  ミルコ・ヴチニッチ 
tb: 0   cm: 4

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。