NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ムンタリ神降臨。  

asffdsdfdds.jpg

Genoa 0-1 Inter (HT: 0-1)

Scorer: Muntari 45+3

Genoa【3-4-3】: 1 Eduardo; 3 Dainelli 16 Ranocchia,13 Kaladze; 2 Chico (22 Destro 58), 77 Milanetto, 7 Rossi (25 Boakye 79), 4 Criscito; 18 Rafinha, 9 Toni, 20 Mesto (36 Zuculini 59).

Subs not used: 73 Scarpi, 5 Tomovic, 23 Modesto, 24 Moretti.
Coach: Gian Piero Gasperini.

Inter【4-2-3-1】: 1 Julio Cesar (12 Castellazzi 65); 13 Maicon, 6 Lucio, 25 Samuel, 39 Santon; 4 Zanetti, 19 Cambiasso (11 Muntari 19); 88 Biabiany (2 Cordoba 84), 10 Sneijder, 29 Coutinho; 9 Eto'o.

Subs not used: 22 Milito, 23 Materazzi, 27 Pandev, 40 Nwankwo.
Coach: Rafael Benitez.

Referee: Luca Banti (Livorno).

Booked: Santon 31, Milanetto 60, Muntari 82, Boakye 90+4.

2010y10m30d_115242703kiougu.jpg

まさかこんな試合になるとは…。この試合も秘密兵器のまま終わるのではないかと思いましたが、クチュがまさかの前半17分に負傷退場。ダラダラ用意するムンタリ様を急かすようにコルドバさんがユニを持ち登場してくると、最初は当たり障りのないプレーでおとなしくしているのですが、段々とムンタリ様の持ち味でもある空気の読めないミドルを連発。

しかしその果敢な攻撃的姿勢が功を奏し、エトーさんにキラーパスを送るなどの活躍も…そして、前半終了間際にはまた無謀なミドルシュートを放ち、それがまさかのゴール…。ゴール前のコンディションはあまりよくなさそうでしたので。その前にもムンタリ様のキラーパスをエトーさんがイレギュラーして外してるし。まさか狙ってるんではないんでしょうけど…ラッキーでした。

はっきり言って守備に関して言えばあまり誉められる内容とは思いませんが…こういう人が試合を決めるときもあるんですね。サッカーって本当に分からないものです(笑)でも結果的に考えれば、この人のおかげで勝ち点3を獲得できたと言わざるを得ないので、不本意ながらでも感謝しなくては…。

ただサムエルのスライディングに巻き込まれたり、アクロバティクなクリアをして失敗したり、遅延行為でイエローをもらったりと笑いに関しては仕事をしてくれたムンタリ様。ある意味楽しめた試合だったのかなぁと思いますw

136728.jpg

今日も4-2-3-1でキヴが抜けた左SBはサントンが、パンデフのスタメン説が囁かれていたんですが、今日も右のサイドはビアビアが先発。その他は前節と同じようなかたちに。

サントンは持ち味のドリブルを生かして、積極的に顔を出してました。ドリブルで中まで切り込んでもらえるとジェノア守備陣のバランスも崩れるので、それが攻撃のアクセントなるシーンもありました。あの積極的な姿勢は良かったと思います。キヴの場合はクロスというパターンが多いので…前線がちっこい選手ばかりならサントンを起用した方が効果的かもしれませんね。あとはもうちょっと試合感さえ戻ってくれば90分通して問題なく見ていられるかも。

ビアビアはもっと周りを使えるようになれるといいですね。そこ通れば大きなチャンスなのに…と思ったシーンが何度もありました。周りの動きを良く見て、素早く的確な判断ができるようになると、もう一段階成長できるんじゃないでしょうか。

ジェノア戦ハイライト


ちょっとジェノア視点からも…。

2010y10m30d_195423093.jpg

この試合のガスペリーニさんはやはりある程度の作戦を立ててきたと個人的には思ってます。フォメはいつもの3-4-3で前線は左からメスト、トニ、ロッシ。中盤は左からクリシート、ラフィーニャ、ミラネット、チーコ。DFラインは左からカラーゼ、ダイネッリ、ラノッキア。スカパーのスタメン表記がデタラメでビビリましたが(笑)こんな感じのメンバーとフォーメーションでした。

3トップの右に入ったロッシは元々中盤の選手、右サイドハーフに入ったチーコの本職はセンターバックです。なので右のサイドはかなり守備的にきたと言えるでしょう。前が守備的ということもあり、ラノッキアはよくオーバーラップしてましたね。前半はよく攻め立てていたジェノアですが守備的な選手がピッチ上には多かったので、守備を気にしつつ攻撃するといった感じでしょうか。インテルのカウンターにも素早い戻りでうまく対応してました。

恐らくガスペリーニさんのプランでは前半を何とか無失点でしのぎ、後半からFWを増やして本格的に攻めるみたいなかたちにしたかったんだと思います。後半頭から投入したデストロとズクリーニはきっとプランの一部。4-4-2へのシステムチェンジもあらかじめ決めていたことだと思います。ズクリーニで中盤の回転力をあげ、純粋なセンターフォワードのデストロとトニで点をとりにいくという感じ。ただ予想はしていたと思いますが…あまり使わないシステム、初めてのコンビということもあり、デストロとトニの息が合ってなかったのはちょっとした誤算だったのかなぁと。

デストロも相手を意識してるのか、体中に力が入っているように見えました。まぁそりゃ力みますよね…何たって相手は憧れの先輩方なんですから。もうちょっとリラックスしてプレーできればまた違った内容だったと思いますけど。まぁそれが一番難しいんですが…w

最後にはボアキエ(17歳)を投入してきたガスペリーニさん。フォーメーションを4-3-3にして攻め立ててきました。ボアキエは元々プリマの選手なんですが能力は確かです。昨シーズンはセリエAデビューも果たし、ゴールも決めてます。恐らくそのころは16歳だったかと…。サントンはボアキエのフィジカルに苦労してましたね~最終的に押さえ込んだのでまぁ良かったですが。隣にサムエル先輩がいたのが何より安心したと思いますwサムエルは本当に安定してますから。

ちなみにインテル公式のレーティングもサムエルが6.8でトップ。その後にムンタリ、カステラ、ジュリオと続くのですが…マイコンの採点がやたらと低いのがうけましたww最近のマイコンの適当っぷりにはインテリスタも怒り心頭のようですw

内容もあまり誉められるものではなかった今日のインテル。最後は賢く時間を稼いでホイッスルを待ちました。ジェノアは怒ってましたね…実際どうであれロスタイムで倒れたルシオは時間稼ぎと思われても仕方がないですよ…。

2010y10m30d_194148281.jpg

今日はずっとベンチにいたミリート。結局出番はありませんでしたが、ジェノアのクラブとサポーターは英雄の帰還に喜んでいるようです!→『PRINCE BACK IN HIS KIGDOM

今でも3度目のジェノア復帰を願っているようですね…ジェノアの愛情の深さに感動中…。
スポンサーサイト
Inter Milan 10/11の関連記事

category: Inter Milan 10/11

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: ディエゴ・ミリート  ジェノア戦  サリー・ムンタリ 
tb: 0   cm: 2

ジェノア戦の召集メンバー  

ジェノア遠征のメンバーです。パ、パンデフの髪が…(´;ω;`)

136686.jpg

GK:
1  ジュリオ
12 カステラッツィ
21 オルランドーニ

DF:
2  コルドバ
4  カピタン
6  ルシオ
13 マイコン
23 マテ兄貴
25 サムエル
39 サントン

MF:
10 スナイデル
11 ムンタリ様
19 クチュ
20 オビ
29 コウチーニョ
40 ヌワンコ

FW:
9  エトー
22 ミリート
29 パンデフ
88 ビアビア


ミリートがメンバーに復帰!!今週からチームに混じって練習に参加してたので、どうやら召集メンバーには入り込めたようです。でもまだ怪我明けということもあり、ベニテスさんは慎重な起用をするようですね~うん。それがいい。

そして今回はキヴがOUT。ちょっと怪我をしてしまったようですね。元々疲労が溜まっていたらしいですし…仕方ない。でもこれでサントンの出場は鉄板になりそう!今回はサントンの頑張りに期待。

スタメンですが、とりあえず左SBはサントンでしょう!ミリートも怪我明けということもあり、またエトーさんをトップでその下にコウチ、スナイデル、そして右のサイドにはパンデフが入るのでは?との話があるそうです。ビアビアはベンチスタートだとか。ただ前回も何だかんだでビアビアがスタメンでしたし…監督はどっちを起用してくるかな?この辺は注目ですね!

そして今回はジェノアの召集メンバーもちらっと。写真は先日ゴール決めたときのデストロ君。

2010y10m29d_031442750.jpg

GK:
1  エドゥアルド
73 スカルピ

DF:
2  チーコ
3  ダイネッリ
13 カラーゼ
24 モレッティ
35 ポレンタ
16 ラノッキア
35 トモビッチ

MF:
4  クリシート
19 ドニネッリ
20 メスト
77 ミラネット
23 モデスト
18 ラフィーニャ
7  ロッシ
36 ズクリーニ

FW:
25 ボアキエ
22 デストロ
9  トニ


見てくださいこれ(爆)FWが3人!ボアキエという選手は基本的にプリマヴェーラの選手です。緊急事態ということで下から引っ張り上げてきました。先週の試合で復帰したばかりのパッラディーノ(FW)がまた負傷をし一ヶ月の離脱、今週は練習中にルドルフ(FW)が負傷…。怪我は軽症とのことですがインテル戦は出れないそうです。

その他の離脱選手をあげると、ヴェローゾ(MF)、ハルジャ(MF)、スクッリ(FW)、ヤンコヴィッチ(MF)、パラシオ(FW)など総勢7人です。特に離脱者がFWに集中してるというのが深刻なんですよね…。しかし幸か不幸か。これでインテルからレンタル修行中のデストロがスタメン濃厚となりました。濃厚というかもう間違いないでしょうw

ジェノアの本来のフォーメーションは3-4-3です。しかし3トップで起用できるほどFWもいないので、今回は4-4-2で挑むのでは?と噂になってます。FW不足でもメストは前線のサイドもできる選手なので、本来のフォーメーションでも不可能ではないですが、トニとデストロは元々センターの選手。その二人を同時起用となると、やはり2トップの方が機能しそうです。こういうシステム変更がジェノアにどう影響するのかしますかね~。デストロとトニの同時起用も初めての試みですし。連携など不安な点ばかりです(汗)

この試合はインテルもそうですが、デストロやラノッキアのプレーなどにも注目です!デストロは近い将来、ラノッキアは来年インテルの仲間に加わる予定。インテリスタとして、これは注目しておかないといけません><!結果以上に内容も楽しんでおきたい試合ですね。

136692.jpg

そして、いつの間にか復帰してたんですね…リバス。いや、なんていうか…言いにくいんだけど…そこまで嬉しさが込み上げてこないというwwだってあまり戦力として考えられない…ゴホンゴホン。とりあえずお帰り。
Inter Milan 10/11の関連記事

category: Inter Milan 10/11

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: ジェノア戦  マッティア・デストロ 
tb: 0   cm: 2

FIFAバロンドール候補が発表。  

afasfdfas.jpg

この度、2010年のFIFAバロンドール(世界年間最優秀選手賞)の第一候補が発表されました。ご存知の通り、今年からFIFAワールドプレイヤーとバロンドールという二つのタイトルが合体した賞となります。なので受賞された方はFIFAバロンドール初代受賞者。

インテルからはエトーさん、ジュリオ、マイコン、スナイデルが選ばれました!!セリエAから選ばれたのはインテルの4人のみ。イタリア人は一人も入ってませんw

予定としては、ここから12月6日に最終候補3人が決まり、来年の1月10日にFIFAバロンドールの授賞式が行われます。

シャビ・アロンソ(レアル・マドリー/スペイン)
ダニエウ・アウベス(バルセロナ/ブラジル)
イケル・カシージャス(レアル・マドリー/スペイン)
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー/ポルトガル)
ディディエ・ドログバ(チェルシー/コートジボワール)
サミュエル・エトー(インテル/カメルーン)
セスク・ファブレガス(アーセナル/スペイン)
ディエゴ・フォルラン(アトレティコ・マドリー/ウルグアイ)
アサモア・ギャン(サンダーランド/ガーナ)
アンドレス・イニエスタ(バルセロナ/スペイン)
ジュリオ・セーザル(インテル/ブラジル)
ミロスラフ・クローゼ(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)
フィリップ・ラーム(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)
マイコン(インテル/ブラジル)
リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン)
トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)
メスト・エジル(レアル・マドリー/ドイツ)
カルレス・プジョル(バルセロナ/スペイン)
アリエン・ロッベン(バイエルン・ミュンヘン/オランダ)
バスティアン・シュバインシュタイガー(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)
ウィズレイ・スナイデル(インテル/オランダ)
ダビド・ビジャ(バルセロナ/スペイン)
シャビ・エルナンデス(バルセロナ/スペイン)

それと同時に年間最優秀監督賞の候補も発表されました。

アンチェロッティ(チェルシー/イタリア)
モウリーニョ(インテル→レアル・マドリー/ポルトガル)
デル・ボスケ(スペイン/スペイン)
ファーガソン(マンチェスター・ユナイテッド/スコットランド)
グアルディオラ(バルセロナ/スペイン)
レーブ(ドイツ/ドイツ)
タバレス(ウルグアイ/ウルグアイ)
ファン・ハール(バイエルン/オランダ)
ファン・マルヴァイク(オランダ/オランダ)
ヴェンゲル(アーセナル/フランス)


インテルの監督は入ってません。前の監督はもちろん入っております。

余談ですがこの記事(バロンドール候補者発表 スナイデルが有利?)によると、世間一般的にスナイデルの受賞が最有力と考えられているようです。まぁイニエスタやシャビなんかワールドカップでは結果を出してますけど、チャンピオンズリーグとなるとベスト4で敗退してますからね~。逆にスナイデルは代表では準優勝。クラブでは全てのタイトルを獲得してますし…どうなるかは微妙なところだと思います。

でもジュリオのオッズが100倍とか(爆)頑張って欲しいけど、ちょっとここにぶちこむ勇気はないかなw

あと最後にFIFAバロンドール候補にミリートの名前が挙がっていない件について。インテル…ではなくジェノア公式が声明を出されていますw

公式文:『MILITO NON CANDIDATO A PALLONE D'ORO
日本語記事:『D・ミリートがなぜバロンドール候補じゃない?

同じセリエAのクラブが、まるでミリートのファンブログのように赤裸々な意見を語っておりますね(爆)最後には原因の一つにワールドカップでの出場機会のなさにも触れ、遠まわしにマラドン批判まで!何か自分達が言いたかったことを全て言ってくれたような?w我々以上のファンがここいましたよww

まぁそもそもですね。何でここまでミリートのことにジェノアが頭を突っ込んでくるかというと、彼らにとってミリートという選手は本当にかけがえのない存在なのです。7年前。まだセリエBにいたころ、アルゼンチンから連れてきたエル・プリチンペは21ゴールという記録をあげ、クラブをセリエA昇格へ導きました。その後カルチョスキャンダルもあって、セリエCまで落ちてしまい、その年ミリートはサラゴサへ放出されたのですが、またセリエAの舞台に帰ってくると再びミリートはジェノアへ。

08-09シーズンはまだ記憶に新しいと思いますが、その年は24ゴールマーク。得点ランキング2位に入り込み、当時インテルでオレ様っぷり放っていたイブラと最後まで熾烈な得点王争いを繰り広げました。何といってもその年はサンプドリアとの伝統的なダービーマッチでハットトリックを達成したことがミリートの印象を強めたかと思います。あの試合でミリートはジェノアの英雄となりました。



前線で一人バテバテになるまで走り、最後はパッラディーノが「お疲れ様」という言葉をかけるようなアシスト。感極まるような最高のダービーでした(涙)この試合はもちろんモッタも出ていましたが、よーく見ると、この時サンプドリアのゴールマウスを守っていたのはカステラッツィさんだったんですねww

…っとまぁ昔話はさておき。

結果的にお互いの幸せを願ってインテル放出という形になってしまいましたが、ジェノアがミリートの一番のファンであることは変わりないようです。今回の件ではっきりしました!人生のターニングポイントにはいつもそこにあったクラブですから、ミリートにとってもジェノアはかけがえのない存在だと思います。インテルでの仕事を終えたら、またいつの日かロッソブルのユニフォームに袖を通す日が来るかもしれませんね。…とインテリスタとは対称的に個人的にはジェノア復帰を望んでいますw

そんなミリート思いのジェノアさんですが、金曜日にはそのインテルとの試合が。これでボコボコにしちゃったら心が痛むな…(´ω`。)そうなったらゴメン。
Inter Milan 10/11の関連記事

category: Inter Milan 10/11

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: FIFAバロンドール  ジェノア  ミリート 
tb: 0   cm: 4

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。