NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ジラルディーノのジェノア移籍がほぼ決定  

gilardino.jpg

つい先日、ジェノアのプレツィオージ会長が公の場で明言しました。「アマウリかジラルディーノのどちらかを獲得したい」と。年俸面や移籍金の調整もあるので、仮にどちらかの獲得が実現しても、決まるのは早くて一月の一週目くらいかな…と思っていたのですが、監督同様、決まるのは早かったですw

公式発表はまだですが、移籍金は800万ユーロで、ジラルディーノとは年俸160万ユーロ、4年契約で合意したようですね。(直前にアマウリにも年俸180万ユーロ、3年契約のオファーを送ったみたいですが、こちらは蹴られたようで…)

今シーズンのジラはあまり良いパフォーマンスを見せていなく、ゴールも2つと低迷しています。ヴィオラ側もマキシ・ロペスなど他のFWを獲得したい意図があり、このジェノアからのオファーを受け入れるのは難しくなかったでしょう。まぁ今回はそういった背景もあって、早い段階で移籍が成立したんだと思います。

現在ジラルディーノは29歳。老け込むのはまだまだ早いです。新天地でもう一花咲かせてくれ!ジェノアのために…期待してます!!!

ジェノアがジラルディーノと合意 残すはフィオレンティーナの了承

さてさて…まずは前線の補強が一つ決まりました。あとは中盤とDFですね。個人的にも前から必要だと感じていましたが、プレツィオージもその部分の補強の必要性については考えているようです。

DFについては上の記事の通り。グランクヴィスト、カラーゼ、ダイネッリ、モレッティとフィジカルの強さはあるけどスピード面で難がある選手が多いです。サイドバックの選手層も薄いので、やはりこのポジションに関しての補強は必須でしょう。今のところ具体的な名前は挙がっていませんが…そのうち誰かしらの名前が挙がってくると思います。

中盤に関してはカリアリでプレーするビオンディーニの名前が挙がっていますが、ベンフィカのルベン・アモリムという名前も挙がっています。地元のイル・セコロ紙によれば近いうちに半年間のレンタル移籍で合意するとか。この辺はまだはっきりしないのでしばらく見守っていく必要があるでしょう。

夏の移籍市場ではゼ・エドゥアルド、フレイ、グランクヴィスト、プラット、カラッチョロ、ホルケア、セイモール、コンスタン、メルケルなど補強に動きまくった夏でしたが、冬の移籍市場でもジェノアの動きは止まらなそうです。この冬もジェノアの動きから目が離せません!
スポンサーサイト
Genoa CFC 11/12の関連記事

category: Genoa CFC 11/12

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: アルベルト・ジラルディーノ 
tb: 0   cm: 2

ナポリ戦の大敗でマレザーニが解任  

108024855_20111223205855.jpg

今年最後のセリエAだった12月21日。4-1で快勝したインテルの裏で、最悪の締めくくりをしてしまったクラブがありました。えぇ、ジェノアです。スタディオ・サンパオロでまさかの6失点という大敗を喫しています。


szólj hozzá: Napoli Genoa 6 1

これは酷い…。インテル戦ではホームであるのに関わらず、5バックというかなり守備的なシステムと戦い方を採用したのに対し、今ではインテルより格上のナポリに対し、4-3-1-2というジェノアの基本システムで挑みました。相手がナポリで、アウェイ戦ということを考えれば、圧倒的な不利な立場になるのは考えられたはず…。

まさに真っ向からぶつかって見事に玉砕されたという感じです。マレザーニはこの結果を想像できなかったのでしょうか?どこにそんな自信があったのか…マレザーニの監督としての力量を疑ってしまう試合だったと思います。恐らく同じ印象をプラツィオージ会長も受けたでしょう。試合の翌日にすぐマレザーニは解任されました。

元々評価があまりよくない監督ではありましたが、個人的にユヴェントス戦での采配は良かったです。システムとメンバーを一新して挑み、アウェイで勝ち点1を奪ったあの試合だけは、私の中でのマレザーニのベストゲームでしたw

しかしその後は勝ったり負けたりの繰り返しで、決定的だったのはやはりあのインテル戦。あの試合でマレザーニの評価ががた落ちしたのは確かでしょう…。きっとプレツィオージもあの試合から、頭の中で「監督交代」という言葉が過ぎっていたと思います。

Udinese+Calcio+v+Catania+Calcio+Serie+vLnn5pVmDISl.jpg

ちなみに後任監督はパスクアーレ・マリーノさん。昨シーズンまでパルマで指揮しており、カターニャでは森本を指導していた監督です。今回のプレツィオージの呼びかけに対して、マリーノさんは二つ返事で返したようですwナポリ戦の後すぐに監督交代が実現したのもそのためでしょう。

しかしこの監督もマレザーニ同様、あまり評価の高い監督ではなくて…少し不安要素が多いですw会長の決断が早いのはいいですが、今回はあっさりしすぎて逆に怖い。来年のジェノア…心配ですw
Genoa CFC 11/12の関連記事

category: Genoa CFC 11/12

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: アルベルト・マレザーニ    パスクアーレ・マリーノ 
tb: 0   cm: 4

レッチェ戦は4-1で勝利!!  

2011y12m22d_074833078.jpg

セリエA、インテル対レッチェ:4ー1

ストライキの影響で延期されていたレッチェとの開幕戦はミリートとパッツォのゴール、長友とリッキーなどの活躍で勝利しました!!これによりCSKAモスクワの敗戦から、リーグ戦は4連勝。順位は前節から変わりませんが、ラッツィオが勝ち点を落としたため差は4に縮まっています。ユーヴェとウディネも勝ち点を落としているため、上位陣との差も近くなりましたね。

とりあえず最高の形でウィンターブレイクを迎えられたのは嬉しいです。選手にはゆっくり体を休めてもらって、また後半戦に向けて頑張ってもらいましょう!

さてさて…

これから忙しくなるのはフロント陣ですね。当初、一月のインテル移籍が濃厚だったクツカも今シーズンの不振で怪しくなっていますし、あとヴィヴィアーノをインテルに残すのかどうかもジェノアと話し合わなければなりません。そして、その他ポジションの補強についても進めていくでしょう。この冬も恐らく南米から誰かしら連れてくると思いますが…それがいったい誰になるのか。その辺は見守っていきたいですね。



-- 続きを読む --
Inter Milan 11/12の関連記事

category: Inter Milan 11/12

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: レッチェ戦  試合結果  長友佑都  ティアゴ・モッタ 
tb: 0   cm: 0

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。