NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

インテルvジェノア戦プレビュー  

Inter_Genoa20120331.png
■ スマトラ監督の初陣。当日の布陣は?
ストマラさんはやはりウィングを二人配置した4-3-3のフォーメーションで当日は挑むようです。両サイドアタッカーのポジションにはフォルランとサラテ。そしてマイコンが鵞足に炎症を抱えているため、当日の右SBには長友が入る予定。長友のポジションには恐らくカピタンが入り、中盤はアンカーにデキ、その前にクチュとポーリ。グアリンはまだ万全な状態ではないようなので、ベンチスタートが濃厚。ポーリの位置にはオビが入る可能性もあるようですね。

(※ラノッキアの位置にルシオ、左SBにキヴで長友はベンチという情報もアリ)

この布陣の注目ポイントといったら、やはりサラテとフォルランの両ウィング。この両サイドのアタッカーを中心にどういった攻撃を組み立てるのかは気になるところではあります。実戦からしばらく遠ざかっているサラテのコンディション、試合感も気になるところですね。

守備意識が高すぎたと言っても過言ではないラニエリのサッカー。対照的にあるストラマさんのこの攻撃的サッカーは果たして吉とでるか凶とでるか…。しかし「攻撃」が今シーズンの課題となっているインテルなので、その点の意識変化は嬉しいところです。まだ初戦ですし、かみ合わない部分もあるかと思いますが、うまくいくことを願いましょう。

ジェノアにもシステム変更の可能性が?
インテル同様これまでのジェノアもメインシステムは4-4-2。しかし最近の成績低迷からマリーノも布陣の変更を考えているようです。ガゼッタの予想はパラシオ、ジラ、ホルケアのトリデンテ。中盤にはロッシ、ヴェローゾ、ビオンで、最終ラインはメスト、カルバーリョ、カラーゼ、モレッティの4バック。GKにはフレイ。

注目ポイントはホルケアという選手のポジション。本来この選手はトップ下の選手です。一応サイドのポジションではプレーできますが、ゲームメイカーなのでウィングなどというポジションはほとんどプレーしたことはないはず。本来このメンバーなら、4-3-1-2という布陣が正しいのですが…いったいマリーノは何を考えているのやら(汗)

今の時点では4-3-3となっていますが、守備時のサイドのスペースを埋めるためにホルケアをこのポジションに置くだけであって、攻撃時には中に絞ってくる可能性もあります。降格圏内が近づいてきているジェノアにとって、インテル以上に負けられない一戦です。もしかしたら当日は4-5-1に近いシステムになるかもしれません。その辺は試合が始まってみないと分からないですね。

(※ホルケアの位置にはスクッリやヤンコビッチが入る可能性もあるようです)

-- 続きを読む --
スポンサーサイト
Inter Milan 11/12の関連記事

category: Inter Milan 11/12

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: プレビュー  ジェノア   
tb: 0   cm: 3

ストラマッチョーニの就任会見にお騒がせ男が乱入  


何やってんですかね…(苦笑)

就任会見でのコメント
→『ストラマッチョーニ:「不安なんてない。インテルは夢の実現」
→『ストラマッチョーニ:「素直に、ありのままの自分で臨む」
→『ストラマッチョーニ:「会長が言う通り、再び勝つように」


62ec0f67ff4f6e497411921aac863fed-getty-509941817.jpg


-- 続きを読む --
Inter Milan 11/12の関連記事

category: Inter Milan 11/12

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: ジョゼ・モウリーニョ  マリオ・バロテッリ  何やってんだ 
tb: 0   cm: 4

インテルプリマが欧州チャンピオンに!!!ストラマッチョーニはトップチームへ昇格  

NGS:アヤックス戦フルマッチ動画


e3a8bb57dc7bc88940e99b1cd3fa1822-getty-508202384.jpg
■ ラニエリの解任が正式発表
まずはこちらの話題から行きましょうか。→【FCインテルナツィオナーレ公式声明

リーグ戦は12勝4分10敗、コッパイタリアはベスト8、CLはベスト16。今季ラニエリが残した成績です。特にここ10試合で獲得した勝ち点はたった6でしたから…。この解任は誰しも納得といったところでしょうか。ファンの心情的には「やっときたか」という感じですねw

最終的には後味の悪い別れ方となってしまいましたけど、シーズン序盤で託されたオンボロチームを一時期は7連勝というところまで運んでいったので、その点は忘れてはいけないところです。モッタの移籍、リッキーの離脱、FWの得点力不足などなど色んな複合的要因が重なって、ここ数ヶ月は結果が出なかったというのもあると思うので、必ずしもラニエリに全責任があるというわけではないと思います。

まぁ兎にも角にも、この半年間はお世話になりました。精神的にかなり辛かったでしょうから、今はゆっくり休んでくださいw今後の活躍を祈っております。

tumblr_m1gdlrlQ8r1qjzdeio3_1280.jpg

後任はご存知、インテルプリマを欧州制覇に導いたアンドレア・ストラマッチョーニ。現在36歳なので、38歳のカピタンより年下ということになりますね。いきなりすとらまっちょーに!とか言われても、いったい誰?という話になるんですが、詳しいことはここの記事で書かれているので読んでみてください。→【あのサッキも評価 インテル新監督はどんな人?

記事には書かれていませんが、ここ10年でストラマッチョーニは9つのタイトルを獲得しています。AZのアッリエーヴィ(U-15)から、先週のNGS優勝まで。これまでトップチームでの監督経験はありませんが、下積みでの実績は十分だったので、遅かれ早かれそういった声はかかっていたかもしれませんね。

プリマでは主に4-3-3、4-2-3-1、4-3-2-1といったフォーメーションを採用。マッチョ(長すぎなので省略w)は攻撃に重点を置いたサッカーを目指しているようです。まぁインテルプリマにはベッサ、リヴァヤ、ロンゴといった強力なアタッカーがいるため攻撃が目立ったのかもしれませんし。実際にトップチームでの采配を見て見ないと何とも言えないですね。

リーグ戦の残り9試合。もう結果を出せとは言いません。自分のやりたいサッカーを、好きなように思う存分やってもらいたいです。もうインテルには失うものなどないんですから…(笑)一試合一試合を悔いのないように、全力で頑張ってもらいたいですね。Forza Inter!!!!!!!!!!!!!!!!!
Calciomercatoの関連記事

category: Calciomercato

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: アンドレア・ストラマッチョーニ  クラウディオ・ラニエリ 
tb: 0   cm: 2

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。