NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

あのぅ…ベイル見たいとは言いましたが…、魅せ過ぎです(汗)  

2010y10m21d_112dsfsdfdfd957203.jpg

Inter 4-3 Tottenham Hotspur (HT: 4-0)

Scorers: Zanetti 2, Eto'o (pen) 11, 35, Stankovic 14, Bale 52, 90, 90+1.

Inter【4-2-3-1】: 1 Julio Cesar; 13 Maicon, 6 Lucio, 25 Samuel, 26 Chivu (27 Pandev 61); 4 Zanetti, 5 Stankovic (39 Santon 52); 88 Biabiany (2 Cordoba 75), 10 Sneijder, 29 Coutinho; 9 Eto'o.
Subs not used: 12 Castellazzi, 11 Muntari, 19 Cambiasso, 23 Materazzi.

Coach: Rafael Benitez.

Tottenham Hotspur【4-4-1-1】: 1 Gomez; 2 Hutton, 13 Gallas, 19 Bassong, 32 Assu-Ekotto; 7 Lennon, 8 Jenas, 6 Huddlestone (12 Palacios 80), 14 Modric (23 Cudicini 10); 3 Bale; 15 Crouch (10 Keane 67).

Subs not used: 4 Jounes, 5 Bentley, 9 Pavlyuchenko, 21 Kranjcar.

Coach: Harry Redknapp.

Referee: Damir Skomina (Slovenia).

Booked: Chivu 17, Palacios 89.
Sent off: Gomez 8.

dfdkjasbkjbk.jpg

うーん、カピタンのゴールから最高の出だしを切ったかに思えたトッテナム戦。終わってみれば最高に後味の悪い結果となりました…。4点決めると、3失点するというのはパターン化してますねこれwしかも失点シーンだって同じ選手に同じパターンのゴールを3回許してるんですから…。

今日のフォーメーションですが、中盤にはカリアリ戦と同じくカピタンが入った模様。左SBはキヴで、前線は不動のエトーさんをトップに置き、その下にコウチ、スナ様、ビアビアという布陣。パンデフはベンチスタート、モッタは…ベンチ外でした。病み上がりのはずのクチュが代わりにベンチに入っています。相変わらずムンタリ様は秘密兵器扱いでした。

開始2分。恐らくカピタンはいつも通り上がるつもりはなかったと思います。ただ中に入り込んできたコウチーニィにパスしたら、元々コウチーニョがいた左サイドがぽっかり空いたんでスルスルっと上がっていったら、エトーさんから最高のスルーパスが来たので押し込んだっていう感じw誰も予想だにしない展開!最高の展開でした!ちなみにカピタンのゴールは37歳と71日のCL最年長ゴールとして記録されました!こういう朗報も予想外ですねwすごいっす我らのカピタン!

そして前半8分にはスナ様の狙い通りの完璧なスルーパスがビアビアに通り、慌てて出てきたゴメスがエリア内で倒してしまいPK。ゴメスには赤紙。ビアビアはスナイデルがボールを持ったら思いっきり前に走れと指示されたようです。まぁこの指示はこの試合に限ってではないと思いますが、この辺ベニテスさんはうまくビアビアの良さを引き出してよく使えているなぁと思いました。コウチーニョには足元へ、ビアビアにはスルーパスで。それを引き出すスナイデルが真ん中にいることで、最近は両サイドが生き生きしてますね!狙いが明確化していると見ているほうも分かりやすくていいですw

PKは問題なくエトーさんが決め2-0!開始10分も経っていないのに大分有利に立てました!しかし、インテルの攻撃はまだ続きます。前半13分に相手エリア内でのパス回しからデキがするするとペナルティスポット付近まで上がっていき、マイコンのパスをエトーさんに流しワンツーでシュート。あの場面も相手DFの守備が甘かったというのもありますが、冷静に相手の動きを見て流し込んだデキ!素晴らしい!

ただちょっとその辺からマイコンの適当っぷりが出てきます。その直後には自陣エリアで適当パスをカットされ、適当守備でベイルに突破され簡単に中へのクロスを許すという…。攻撃面でのマイコンは良かったですが、守備の仕事をしない攻撃はナンセンス。SBというポジションは守備あっての攻撃ですからね!言ってもDFなんですから…。というか、そもそも監督はそういうマイコンに対して何か言っているのでしょうか?やはり誰か喝を入れてあげないと…マイコンは自我強そうですから中々「守備しろ!」とは言える人がいないかも…。

とりあえずマイコン問題は置いといて、前半35分には4点目が!狭いスペースでコウチーニョのスルーパスがエトーさんに通りゴール!コウチはナイスアシストでした。その直前にスナイデルへ、ヒールで絶妙なパスをしたのを見るとやはり視野が広いと思います。段々コウチーニョの能力が垣間見えてきました!次はゴール!

でもその直後にはマイコンがまた適当守備と適当スライディングでベイルにゴールエリア内まで突破される始末…。もうこの時点で何回突破されてるんだか…。ここを修正しないベニテスさんにも当然目がいってしまいます。ここはもうマイコンに守備をしろ!と言うのではなく、ウィングの位置まで上げてやればいいんですよ。攻撃はいつもどおり頑張っているんですから…そういう采配はできなかったんですかねぇ…。

で前半終了した時点で早くも楽勝ムードのインテル。恐らくロッカールームでは油断するな!とかカピタンが言ってるんでしょうけど…でもやはり雑なプレーが目立った後半。マイコンだけではなくボール失っても、何とも思わないのは問題。監督の采配以前にピッチ上の選手達の精神面に問題があるんでしょうね。でもこれはモウリーニョ時代にもよくありましたし、今に始まったことではないですが…むしろこれを含めてインテルっていうのもありますねwいやいやいい加減修正してくれないともう笑えない…orz

safdafdfdsf.jpg

後半開始5分くらいしてデキが太腿を痛めたとかで負傷交代。これによりベニテスさんによって投入されたのがサントンでした。ここでまずは一つ目のフォーメーションチェンジ。監督も余裕な展開だったからでしょうか、色々と実践で試したいフォーメーションがあったんですね。このときのフォーメーションは恐らく4-4-2で、サントンとビアビアがサイドハーフに、ボランチの位置にはコウチーニョとカピタンが構えて、前線はエトーさんの下にスナイデルのみ。

まぁコウチーニョは視野は広いし、パスをさばいて流れをつくれる選手だとは思うのでアリな起用法かと思いますが、ボランチとなると守備もこなさないといけません。見たとおりフィジカルがちょっとね…wあまり活用できる案ではないのは確かです。

このフォーメーションにしてから、さらに5分後。さっそくベイルの一点目が決まります。マイコンのただ立ってる守備(もはや守備じゃない…)を突破され、カピタンも振り切られ、サムエルのスライディングも紙一重で届かず、ジュリオは棒立ち。完全にやられました…。見た感じあまりスピードは感じられなかったのですが、ベイルはあれで結構スピード出てるんでしょうかねぇ。うーん…。

その失点からベニテスさんはさらにシステムを変更。コウチーニョとスナイデルのポジションをチェンジしました。よってスナイデルがボランチの位置まで下がり、コウチーニョがよりエトーさんと近い位置でポジションを取ることに。ただそうなってもスナイデルはゴール前まで守備に下がることはなかったので、実質カピタンのワンボランチみたいな形に。いくらカピタンといえど、両サイドはカバーできないので、逆サイドで数的不利な状況に陥ることが何度かありました。

後半61分にはキヴに代えて、パンデフが投入。これによりサントンが左SBに下がり、元々サントンがいた位置にパンデフが入ることに。やはりパンデフは右サイドの方が良さそうですね~中に切り込んでがパンデフのプレースタイルなのでやりにくそうでした。クロスあげようにも中はエトーさん一枚なので…。

74分にはビアビアに代えて、コルドバさんを投入。これにより3回目のシステムチェンジ。CBをコルドバ、ルシオ、サムエルの3枚にし、マイコンとサントンをウィングバック的なポジションに。二人の守備の負担を減らし、攻撃力を生かそうというフォメですね。まぁこの変更は妥当だと思います。残り時間も少なくなって3点差、DFを増やして守備を安定させようとした監督の判断は間違ってはいなかったと思います。

しかし、問題は出ている選手自身…。ルシオが有り得ないパスミスを犯してしまい、ベイルが抜け出す。ここでもカピタンがカバーに入っていたのですが、また振り切られ同じかたちで失点…。ここではジュリオのポジションニングもおかしかったのでは?という疑惑もありますが、ここはベイルを誉めざるを得ない…。

この失点で完全にボールをポゼッションして逃げ切ろうと思ったインテルでしたが、直後サントンがボールを失い、スパーズは真ん中を経由して、また逆サイドのベイルへパス。そして同じ右隅のゴールへ…orz

前半のウキウキ気分はどこにいってしまったんでしょうか?w気づいてみれば敗北感に包まれてます…勝ったんですけどね。自分達のミスでベイル一人にやられた試合でした。ただきっとこれを見たモラさんは決心したはずです!「よし。ベイルをゲットしよう。」と(爆)

スパーズ戦ハイライト


次は11月2日にホワイト・ハートレーンで試合があります。本当にこれが決勝トーナメントじゃなくて良かったwあの3失点は忘れて、また新たに気持ちを切り返して欲しいです。ちなみに裏で行われていたもう一つの試合は引き分け。ブレーメンは途中交代のアルナがゴールをゲットした模様。これによりインテルが頭一つ抜け出しました!この調子で早めにグループリーグ突破を決めてしまいましょう!!

2010y10m21d_111749765.jpg

今日もやってました!もはや二人の世界(笑)

dfsdfdsfdsf.jpg

ちょww監督がん見しすぎw指示は終わるまで待って!最中なんだから!w


…ふぅ。最後に怪我人情報をちょっと。

この日は途中で下がったキヴですが、実は疲労が溜まっているとかで、自分から監督に交代を申し出たようなんです。怪我をしたとかではないので治療の必要はないですが、少しお休みが必要かもしれないとのこと。まぁ不本意なポジションをずっとやらされて、それは色々と疲れますねw何だかんだ言いつつも、この人も出ずっぱりですから…。疲労の蓄積は怪我の元。ゆっくり休んで欲しいです。本当にゆっくりで…( ̄ー ̄)

一方でデキですが今日にも足の検査を行う見通し。結果はどうなりますかね…。これが一番気になる。
UEFA Champions Leagueの関連記事

category: UEFA Champions League

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: トッテナム  チャンピオンズリーグ  ベイル 
tb: 0   cm: 4

コメント

タイトル

どうもブラジルトリオは余裕がでるとダメですよね。
マイコンは言わずもがななんですがルシオも1失点目はいらない攻め上がりからですし、ジュリオも自己批判的なコメントしてますね、気を抜いた的な…(まあ、個人的にはベイルのシュートはあのスピードでサイドネットついてますから止められるとしたら2点目のやつぐらいかなとは思いますけど)

まあ、でも気を抜いたのはチーム全体かもしれませんね。
3失点目のサントンのボールロストも最悪でした。ああいうプレーしてたら信頼は得られません。
インテルは4得点から3失点することが多いですし、2得点から2失点も多いですよね…チームの体質なんでしょうかねぇ…。

しかしデキの負傷は痛いです。全治2、3週間らしいですがカンビアッソも治りたてでモッタもまだまだ全快とは言い難いフィジカルコンディションですしサンプ戦どうするんでしょうか。
正直今2番目か3番目にケガされたら困る選手に離脱されてしまった…。

えーと、勝ったのにネガティブなことばかり書いてしまいましたねw
エトーさん凄いです。昨日も2得点2アシスト!
CLでのインテルの10得点中エトーさんは6得点3アシストしてます!
もっというとインテルの公式戦12試合22得点中エトーさんは14ゴール4アシスト!
凄すぎます!バケモノです!


…このチーム、エトーさんがケガしたら終わりだな…w

6702 #JyN/eAqk | URL
2010/10/21 23:11 | edit

Re: タイトル

ジュリオの2失点目はちょっとポジショニングが前へ出すぎてました。角度もなかったし、きちんとシュートコースをおさえてれば防げる失点だったのかなぁと…。3点目はあれは仕方ないです^^;だれに責任があるといえばサントン!本当にもう…やはり経験の差が出ましたか。いや、先輩方も同じようなミスをしてるので、やはりチーム全体の体質なんでしょうねw改善してほしいけど…このような事態はきっとまた起こると思いますw

連続失点ほんとよくあって困りますが、逆に奇跡の逆転劇みたいなのもこのチームには多い気がしますしwこういう不安定さがインテルの魅力の一つというのもありますねw

デキは2,3週間ですか…怪我人が多かった上に、絶好調だったので不動のボランチ要員だったのですが…。攻撃面での貢献度を考えれば、やはりモッタを起用したいところなんです。でもコンディションどうなんでしょうね。クチュは怪我が治ったばかりなので、怪我の再発が不安…。とうとう秘密兵器を使うときがきましたか(汗)

ぱねぇっす、エトーさん(爆)これはもう無双の域に達しているといってもいいでしょう。この称号をもっているのはメッシとエトーさんだけですwメッシクラスの…いや今を比較すればメッシより上!とりあえずボール持たせれば何かやってくれるんですから!ここまでの選手とはイタリアに来た当初は思ってもなかったですwあぁ~バルサとは最高のトレードしたなww

もちろん今この方に抜けられたら終了ですwエトーさん意外にスナイデルも今年はWCを跨いで、ずーーっと出ずっぱりですよね。何かやはり他に強いモチベーションがあるのが大きいのでしょうか。怪我人が帰ってくるまでは休みなどないと思いますがw何とか頑張って欲しいです。ミリート!早く帰って来い!

ジニア #- | URL
2010/10/22 18:35 | edit



なんか余裕みせすぎで足元をすくわれるってこういうことすかね(笑)
ビアビアとコウチーニョは何がしたいかが分かりやすいんでスナさんも2人の長所を活用するのが上手いですね(≧ε≦)
つか、ぱないっすよエトー様o(`▽´)o
メルカートでいいお使いしましたね(*^o^*)
つくづく思います(>_<)

……でもデキが…やっぱ調子よすぎてケガしちゃうパターン来ちゃいましたね(ToT)
残念です。

モッタもクチュもケガ明けですからね。
ムンタリ様!出番来ましたよ多分!!

頑張ってねぇ~~

失礼します。

インテリスタ #- | URL
2010/10/22 19:49 | edit

Re: タイトルなし

一旦リードしちゃうと最後まで集中力が続かないのでインテルの悪いクセなのです…。困りますよね、こういうのw

本当にエトーさんが来てくれて助かりました。今頼れるのはこの人しかいないので…。

怪我人多いですね、特にボランチ。幸か不幸かこれでムンタリ様の出番が回ってきそうですwでもクチュが今のところプレーできる状態なので、ムンタリ様は相変わらずベンチに座ってると思いますw

ジニア #- | URL
2010/10/24 13:33 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/135-850fd53e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。