NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

怪我人がぁあああ!!(゚Д゚;)  

afafffdsfdsff.jpg

INTER 1-1 BRESCIA(0-1)

Scorers: 14' Caracciolo, 27' st Eto'o (PK)

Inter【4-4-2】: 12 Castellazzi; 13 Maicon (27' Cordoba), 6 Lucio, 25 Samuel (6' st Santon), 26 Chivu; 27 Pandev, 4 Zanetti, 10 Sneijder (1' st Obi), 29 Coutinho; 22 Milito, 9 Eto'o
Subs not used: 21 Orlandoni, 23 Materazzi, 40 Nwankwo, 88 Biabiany
Coach: Rafael Benitez

Brescia【4-3-2-1】: 1 Arcari; 5 Zebina, 9 Caracciolo, 11 Cordova (21' st Budel), 17 Baiocco, 23 Dallamano, 26 Martinez, 28 Berardi, 32 Diamanti (38' st Bega), 33 Kone (31' st Eder), 56 Hetemaj
Subs not used: 12 Leali, 8 Vass, 15 Zambelli, 18 Possanzini
Coach: Giuseppe Iachini

Referee: Gabriele Gava di Conegliano Veneto (TV)

Bokked: 27' st Zebina, 39' st Hetemaj, 39' st Coutinho, 43' st Arcari.

137063.jpg

今日はめずらしくフォーメーションを変えてきましたベニテスさん。フォメはエトーさん、ミリートの2トップに左サイドパンデフ、右にコウチーニョで、センターの位置にスナイデルとカピタンを置くという布陣に。今シーズン初めて?かな。頭から4-4-2を使ってくるのは。

しかし今日のインテルは苦戦しました。CL後の運動量の低下はもう定番となってしまってますね。ボールをもらっても周りでアクションを起こす選手が少なく、前線も足が止まっていて、強固なブレシア守備陣にスペースを空けさせることができなかった。それに早い時間帯での失点も痛かったです…。

ロングボール一本でカラッチョロに渡り、サムエルが対応するもうまくかわされゴール。元々引き分けで十分なブレシアですから、その後は何より守備を安定させることに専念した試合運びに。一方でインテルは何とかゴールを奪おうとするのですがゴール前で停滞。そこから先で崩すアイディアがなく、ミドルシュートで終わるという場面が多かったです。

スナイデルが一つ下がり目の位置に下がったことにより、右へ左へとピッチ全体をよく使ってボールはよく回るのですが、どうも最後のかたちが前線の選手だけでつくれない。

ミリートがもう少し決定的な動きをしてくれると良かったんですが…一つ一つの動きが周りとズレてましたね。コウチーニョとの連携も合ってなかったし、パスやシュートも精度を欠いてました…うーん。ミリートの問題は悩みどころです。

この試合のスタートはパンデフが左、コウチーニョが右サイドにいましたが、本来二人の良さを生かすなら絶対逆の方がいいと思うんです。何で逆にしてるのかとずっと疑問に思ってたんですが、それはマイコンを生かすためだったんですね~。実際マイコンが下がった後にコウチーニョとパンデフはサイドを交換してました。

パンデフとマイコン、ビアビアとマイコン。どちらもあまりマイコンを生かしているとはいえなかったですが、コウチーニョは割とうまくマイコン使っているように見えました。本人も思うようにボールがきて気持ちよかったのではないでしょうかw最近の試合は上がっても上がっても空気で終わってましたから…。

しかしここでマイコンの負傷は痛い。元々膝に問題を抱えていたらしいんですが、この日は左足の腿裏あたりを押さえてました。具体的な離脱期間は分かりませんが、数試合のお休みは覚悟しておいた方がいいですね。ですが、それよりも痛い負傷がサムエル…orz

sfdhdhghgfhgghk.jpg

まっすぐ伸びた右足が地面に引っかかり、膝から上が異常なほど前に出てしまったのです。あれを見た瞬間さすがにやばいと感じました…。具体的な検査はこれからのようですが、今のところ右ひざの後十字靭帯損傷の可能性が高いらしく、シーズン絶望説まで出ているようです(´Д`。)

あぁなってしまっては普通に歩くまで時間がかかりそうですからね。2007年のミラノデルビーでも似たような怪我をしてしまったようですが、その時は復帰まで9ヶ月かかってしまったサムエル。これから鬼のようなスケジュールがやってくるというのに…、インテルではエトーさんに次にバツグンの安定感をみせていた選手が長期離脱となるとインテルにとって、守備陣にとってかなりの緊急事態です。

こうなってしまうと…一月にラノッキアを呼びたくなってしまいますよwでも本人には中途半端な気持ちでジェノアを後にしてほしくないし…。悩むなぁこの怪我人の多さは。どうしましょw

この日はハーフタイムで下がったスナイデルですが、どうやら目眩?みたいのがあったらしく歩くことも間々ならないほどフラフラ状態だったようです。こちらは負傷したわけではないですが、疲れが溜まっているのかな。もうすぐ数日後にレッチェ戦が待ち構えているので、ここは大事をとってお休みしてもらいたいところですね。

ブレシア戦ハイライト


サムエル、マイコン、スナイデルの交代で入った選手はサントン、オビ、コルドバさん。最終的にサントンが右SB、コルドバさんがサムエルの位置、オビがスナイデルの位置に入るような形となり、前線はミリートをトップに置いた、左エトーさん、真ん中パンデフ、右コウチーニョのような形となっていました。

もう最後の方はサイドの選手は前線に残りっぱなしだったので、4-2-3-1というより、4-3-3に近い形かもしれません。やはり下がった相手に対してはエトーさんをサイドに置いたほうが効果的なのかな。

2トップにするとお互いの距離感がつかめず、結果スペースの潰しあいで自分を生かすスペースが埋まってしまう傾向に。だけどエトーさんをサイドに置けば、一人もしくは二人引きつけた上で突破してくれるので、崩れた相手ディフェンスの中でどこかでスペースが空く。本人的には不本意であっても、現状インテルは『戦術エトー』が最大の武器ですから、どうにか本人にはチームを助けるためにサイドで張り付いてもらいたい…。この日もサイドからのワンツーでPKをゲットしましたし、監督にとってもやはりというか…でもエトーさんの有効な使い方を再確認した試合だったとは思います。

あと最後にオビは途中からにしてはいいアクションを見せていましたね。リーグ戦にもちょくちょく出してもらって段々固さがなくなってきた印象。これだけ見るとヌワンコ<オビとなってしまいますが、ヌワンコもスパーズ戦だけの内容で判断されちゃ酷な話。この日はベンチにヌワンコがいるにもかかわらず、あえてオビを起用してきたベニテスさん。次はどっちを起用してきますでしょうか。

マイコン負傷によりこれからサントンの出番がこれから多くなってくると思います。レッチェ戦は間違いないと思いますが、もしかしたらデルビーも出るかもしれません。しっかり準備して気を引き締めて試合に臨んでもらいたいですね。

なんか最近は暗い話ばかりでテンションがた下がりですよ…。

dsfadsgfsgfghfdhghdf.jpg

や、やさすぃ…(´・ω・`)
Inter Milan 10/11の関連記事

category: Inter Milan 10/11

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: サミュエル・エトー  ブレシア戦  ワルテル・サムエル  怪我  マイコン 
tb: 0   cm: 4

コメント

タイトル

はぁ…ってため息でるような試合でしたね。
先制点の時にサムエルは足に当てながらもガチャガチャした感じで突破されちゃったのでなんかカラッチョロと相性よくないかもなんて思ってたらまさかあんなことになるとは…。
これはヤバイですよ、マジで。サムエルがいなくなったインテル守備陣って…。

しかしいよいよこういうケガまで出るなんてフィジカルコーチとかよりももうこうなると呪われてるみたいですよね…w
スナイデルも普通こんなことないですからね。
失神したなんて情報まで出てたなんかちょっと心配ですよ。体調悪かったんですかね?

試合に関してはほとんどワンチャンスをブレシアに沈められてしまってあそこからおかしくなった気がしますね。落ち着いて試合を進めることができなくなってしまった。
しかしみんな疲れてますね。ケガ人続出→ターンオーバーできない→疲労がたまってケガする…こんな悪循環になってる気がします。
あとは焦って急いで治してまた再発するもありますが…なかなか頭が痛いですね。

デキとジュリオがそろそろ戻ってくるようですが今デキが戻ってきてくれるのはデカイです。思えば今インテルがピンチに陥ってるのはホームでスパーズとやってデキがスパイク投げながら交代した時からですからw
デキもうケガしないでがんばって!

6702 #kEmlt3j2 | URL
2010/11/07 22:33 | edit

Re: タイトル

何だかカラチョッロって図体でかい割りに足元はしっかりしてますよね。
サムエル…ほんとやばいですよね、これは。とりあえず今のところコルドバさんがいるとはいえ、またいつ怪我人がでてもおかしくない状況だしw毎試合毎試合ビクビクしながら見ることになりそうですw

スナイデルは試合中そんなに体調悪そうに見えなかったんですが…とりあえず少し休めば治りそうなんで安静にして試合に備えてもらいたいものです。

怪我が治ってもまた離脱するパターンが多いですよね。出てる選手も疲労が溜まってるし。ここで若手を使ったターンオーバーでもできるといいんですけどね…。オビやヌワンコをうまく使っていくしかないでしょうか。

しかし怪我人祭りの中で未だに一人好調を維持しているエトーさんは化け物ですね(爆)まるで周りの運気を全て吸収しているかのようw

おぉそろそろデキが帰ってきますか。でも帰ってきてもまた離脱なんてことありそうですから…本当に今度は絶対怪我しないように><!でもスパーズ戦の悪夢がよみがえる…復帰してもビクビクしながら見ていると思いますw

ジニア #- | URL
2010/11/08 01:20 | edit

タイトル

ドラゴン○ール並にまずい状況ですね。

「なんだかおらワクワクしてきたぞ!」


とでも言いたくなるほどけが人続出。
今回のミラノダービーは、流石に厳しいことを各地で皆さま実感されていらっしゃるようで(哀)

インテルが緊急事態なことに加えて、ジェノアがガスペリーニ解任に踏み切ったとの報道が・・・
なんかもうブルーなことばっかり続きます。カルチョから自分好みの指揮官がどんどんいなくなっていく。。。(泣)


サプライズで大勝利して、テンション大幅アップさせてくれないかなぁ。
エトーさん以外にも、誰か救世主カモン!w

白面 #kMr7ovrQ | URL
2010/11/08 22:54 | edit

Re: タイトル

ガスペリーニの解任は本当に残念ですね。でも実績もある監督ですから、またどこかで見られるかと思います。もし…もしインテルでのイスが空いてしまったら…とか密かに考えてたりw

こういう緊急事態だからこそチームの真価が問われます。レッチェ戦もそうですが、特にダービーはチーム一丸となって挑んで欲しいですね。気持ちの面で大きく上回れば、自分は絶対勝てる!…と思います!

ジニア #- | URL
2010/11/09 18:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/144-6dcaf34b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。