NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ジェノアのガスペリーニ監督が解任  

asfbajsbkjbk.jpg

突然のことで本当にびっくりしたのですが、この度ジェノアのジャンピエロ・ガスペリーニ監督が解任されました。後任にはダヴィデ・バッラルディーニさんが招聘されてます。(写真はジェノア新監督さん。)

日本語記事→『ジェノアがガスペリーニを解任 後任はバッラルディーニ

何より急な話で戸惑い半分でもあるのですが、ここまで至ってしまった経緯として、会見でプレツィオージ会長は「パレルモ戦を終えて(1-0で敗戦した試合)、変えるべき時が来たと理解した。去年の終わりからうまくいっていなかったし、5年目をスタートさせたこと自体が間違っていた。」と語っています。

ガスペリーニさんは2006年、カルチョスキャンダルの影響でジェノアがセリエBで戦っていたころ初めて招聘され、就任一年目でクラブをセリエA昇格へ導きました。07-08シーズンは3-4-3という攻撃的スタイルを見出し、昇格組みとしては大健闘の10位という結果でシーズンが終了。その翌年はミリートやモッタやパッラディーノなどの主力選手をシステムに組み込み、素晴らしいサッカーを展開。チームは5位でヨーロッパリーグ出場権までも獲得しました。

そもそも私がジェノア、ジェノアと叫んでいるのはセリエAに昇格してからのジェノアであって、ガスペリーニさんが指揮しているジェノアです。ガスペリーニさんのジェノア以外知らない私にとって、この突発的な解任は本当にショックでした…。確かに今シーズンは大型補強をしただけあって、会長の期待通りの結果は残せてないかもしれません。内容もよくないかもしれません。しかし怪我人が多かったことや、これまでのガスペリーニさんの貢献度をもっと深く考慮して上で決断して欲しかった。

会長が毎シーズン新しい選手を買ってきては売りさばき、買ってきては売りさばきでチームの顔ぶれはいつもバラバラ。ほぼ新しいチームの中で毎年やりくりし、少なくとも結果も出してきたと思います。今シーズンだってベストメンバーで戦ったことなど全然ないんですから…。会長にはもっと選手や監督を慎重に扱って欲しかったです。お気に入りのおもちゃじゃないんですから。もう少し応援しているファンの気持ちもわかってやってよ…。

それに新しい監督のバッラルディーニさんは4-3-1-2のフォメーションを主に使っていたと話していました。これまでずっと3-4-3メインで戦ってきたチームは大幅なシステムの変更を求められるでしょう。選手達にも戸惑いはあるはず。

今やジェノアのバンディエラ的存在でもあるクリシートにとってガスペリーニさんはユヴェントスプリマヴェーラ時代の恩師でもあった人。パッラディーノも同様。他にもこういったガスペリーニジェノアに魅了されて加入した選手達少なからずいるはず。ここでの監督交代が選手にとって、チームにとってマイナスにならなければそれでいいんですが…。今はそう願うばかりです。

公式にはガスペリーニさんのコメントもアップされてました。
→『GASP: "GRAZIE GENOA, GRAZIE DI TUTTO"

gasperini.jpg

「ありがとう、ジェノア。感謝の気持ちを伝えるのに、サポーターたちが何度もチームや私に送ってくれたシンプルな言葉を使いたい。この上なく素晴らしかった。ありがとう、ジェノア。すべてのことに、ありがとう…。」

言葉は少なくとも気持ちは十分伝わっていると思います。ただありがとう…。

そして選手達もガスペリーニさんに感謝の意を表しています。
→『I GIOCATORI RINGRAZIANO GASPERINI

dsfgsdgsfdgfsg.jpg

「僕達はこれまで多くの喜びや、難しい瞬間も共に過ごしてきました。僕達もシンプルな言葉を使います。セリエAの昇格、チームを高いレベルまで引き上げてくれたこと、17年ぶりのヨーロッパ帰還、それらの功績はあなたと僕達の歴史の一部です。本当にありがとう…。」



…とまぁここまでインテリスタにとっては全く関係のない話でございまして(笑)少しは関係のある情報を加えておきます。

サムエルは結局全治6~8ヶ月の怪我と判断されたようですね。まぁまずシーズン中の復帰は絶望と見ていいでしょう(悲)ここで気になるラノッキアの1月の復帰説ですが…こちらの可能性はほぼゼロだと思います。

元々ラノッキア自身も「シーズン終了までクラブに残る。」と宣言してましたし、クラブの方も「一月の放出はナイ!」と断言されてます。監督交代による影響も少し期待したのですが…後任のバッラルディーニ監督も「ラノッキアがインテルに?それについて話すのはシーズンが終わってからだ。」と仰っておりました。ラノッキアはもはやジェノアにとっても欠かすことの出来ない重要な選手ですし、こちらが一方的に要求したところで結局はジェノアと共同保有の選手ですから、こちらの言い分を一方的に聞け!というわけにはいきません。

なのでサムエルもラノッキアも今シーズンはいないものとして考えた方が利口ですね…。今のところサムエルの後任にはコルドバさんがいるので一先ず安心ですが、またいつどの選手が怪我をするか分からない状況。不安は続きます…。

兎にも角にも今シーズンは本当にコルドバさんがインテルに留まってくれたおかげで助かった!夏に移籍できるクラブはいくつかあっただろうに…、ベンチ生活覚悟の上での残留ですからね。もう本当に感謝しております><!!
Genoa CFC 10/11の関連記事

category: Genoa CFC 10/11

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: ジャン・ピエロ・ガスペリーニ  アンドレア・ラノッキア 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/145-17b51850
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。