NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

世界の頂点に!!  

dsfsdfsdfsdfdsfsd.jpg

TP MAZEMBE 0-3 INTER(HT:0-2)
Scorers: 13 Pandev, 17 Eto'o, 86 Biabiany.

Mazembe【4-3-3】: 1 Kidiaba; 2 Kimwaki, 3 Kasusula, 4 Nkulukuta, 10 Singuluma, 11 Kabangu, 13 Bedi, 15 Kaluyituka (90 8 Ndonga), 20 Mihayo, 24 Ekanga, 27 Kasongo (45 6 Kanda).
Substitutes: 5 Tshani, 7 Mwepu, , 12 Mabele, 16 Sunzu, 18 Mvete, 21 Bakula, 28 Kanyimbu, 30 Kayembe
Coach: Lamine N'Diaye.

Inter【4-4-2】: 1 Julio Cesar; 13 Maicon, 6 Lucio, 2 Cordoba, 26 Chivu (54 5 Stankovic); 4 Zanetti, 19 Cambiasso, 8 Thiago Motta (87 17 Mariga), 9 Eto'o; 27 Pandev, 22 Milito (70 88 Biabiany).
Substitutes: 12 Castellazzi, 21 Orlandoni, 10 Sneijder, 11 Muntari, 23 Materazzi, 31 Alibec, 36 Benedetti, 39 Santon, 40 Nwankwo.
Coach: Rafael Benitez

Referee: Yuichi Nishimura (Japan)

Booked: 12 Kaluyituka, 34 Ekanga, 43 Bedi, 79 Thiago Motta, 84 Kasusula.

2010y12m19d_122235375.jpg

やりました!ついにインテルがクラブ世界一に!ここまでの道のりは本当に長かったですね…今思い返せば本当に苦しい道でしたw

このタイトルの立役者でもあるモウリーニョ監督はスペインでこの瞬間を観てくれていたらしいですね。イタリアに別れを告げたあの瞬間からみても、チームはほとんど変わってないし、スタメンも当時と全く同じメンバー。どことなく懐かしさと共に、この歓喜の瞬間を一緒に楽しんでもらえたのではないでしょうか。

一方で今の監督は勝利の美酒に酔いする間もなく、試合後のコメントでフロントへの補強の指示を仄めかしています。この若干冷めたコメントなんかを見ると、やっぱり心の底から喜んでいるわけじゃないのかなぁ…って思っちゃいますね。自分はただ自分の仕事をしただけ。まぁ実際ベニテスさんがやったのは城南とマゼンベの2試合だけだったわけですし…自分の仕事の成果を出すのはこれから先だって考えているのでしょうか。

これで昨シーズンから受け継がれてきたモウリーニョのサイクルは一先ず終了。来年からまた新しいサイクルが始まります!とりあえず今年のノルマは達成できたわけだし、監督のクビもお預けでしょう。来年からまた新しいベニテスインテルのスタートですね~。…とその前に補強、補強w

ベニテスさんが言うまでもなく、ファンも補強を望んでます。今のままのメンバーだけじゃ足りないのはフロントも分かってるでしょう。せめてセンターバックだけでも新たな戦力を獲得してやってください。お願いします!

2010y12m19d_121443937.jpg

さて。決勝の試合に戻りますが、城南戦とは若干システムを変えて挑んだベニテスさんでした。フォメは4-4-2で、ディフェンスラインは右から復帰したマイコン、ルシオ、コルドバ、キヴ。ボランチの位置にはモッタとクチュで、サイドにエトーさんとカピタン。2トップにパンデフとミリート。

サイドといってもカピタンは少し下がりめ、エトーさんは少し高めに位置してましたね。本当はパンデフエトーさんの位置を逆にするのがいいんでしょうけど…パンデフを左に置いてもそこから打開できないですし。不本意なポジションでしょうけど、それでも守備には一切手を抜かず対応してくれているエトーさんはまさにプロの鏡!尊敬します!

でも今日は全員がいい守備してたと思います。ミリートに負けず劣らず、パンデフも積極的にプレッシャーをかけてたし、モッタもルシオやマイコンが上がった後のカバーリングをしっかりやってたし、何か全員がチームでしっかり守ってた印象がありますね。

2010y12m19d_121820578.jpg

マゼンベは基本的にボールを転がすサッカーが主体となっているようので、この日は城南戦のようなセットプレーの脅威はありませんでした。それに個々の能力は高いものの、組織的に成熟してるとは言えないチーム。個々の足りない能力を組織でカバーしていた城南とは正反対のチームでしたね~。まぁこういう色んなタイプのチームと試合できるってのもクラブワールドカップならではです。

マゼンベは城南と違い、選手間の距離がバラバラ。ディフェンスラインも整っているとは思えない。それにプレッシャーをかけるのにも一人二人が詰めていっても、三人目がついて来ない。数人の選手だけではなくチーム全体で連動してこないとインテルのボール回しを止めることは不可能です。だんだんそのボール回しにマゼンベの選手達もイライラしだしてきて、それが結果的にラフプレーに繋がってしまったのは見てのとおり。その代償をこっちが償わなくて良かった…結構みんな酷いマーク受けてたので心配でしたよ(汗)

まぁ有利な試合を進められたのもあの前半のパンデフエトーさんのゴールが全てですね。パンデフは良く決めた!あれをキディアバに止められたりなんかしたら、また悪い流れになってきそうな気がしたので…。その後のエトーさんのゴールは、もうあのお方の得点感覚を誉めるしかない!一点目もエトーさんの素晴らしいダイレクトパスが届いたからなのでね。この日のMVPは誰もが納得です!!

あの2点が決まったおかげで、落ち着いてボールをポゼッションし、自分達のペースで試合を進めることができました。何よりボールを奪われないことが大前提で、無理なパスを控え、危ないと思ったら、ディフェンス陣やGKに戻す。自分達のペースで試合をコントロールできるってのがこのボールポゼッションのいいところですね~。この試合は今までの試合で一番ベニテスさんのやりたいサッカーが垣間見えた試合だったのではないでしょうか。

それに個人的にはモッタの貢献度が大きかったと思います!的確なポジショニングから短いパスを多く繋げることによって、低い位置から攻撃のリズムが生まれる。モッタが入るだけでボールの回転率は上がるといっても過言ではない!ベニテスさんがやりたいポゼッションサッカーにモッタという選手は欠かせない存在なんだと思います!ちょっとモッタに対しては過保護な部分が目立ちますが、お気になさらずにww

マゼンベ戦ハイライト


監督の采配も的中してましたね。途中から投入したデキとビアビアが3点目を演出したわけですし、この日はすでに2点入っていたのでおまけみたいなゴールでしたが、また違う状況になっていてもこの二人は仕事していたと思います。

まぁデキは最初から起用しても仕事をしていたと思いますが(笑)ビアビアは現状は途中から起用するのが一番いいのかなぁと思いますね。周りが疲れてる状況であのスピードが入ってくれば本当に相手からしたら脅威ですよ。まだ経験が足りない部分もあるので、頭から起用するのではなく、オプションの一つとして入れておけば最高の人材です!

個人賞の授賞式風景


カップを掲げるシーンが見つからないんですよね…。まぁその内上がってくるとは思いますが(苦笑)

こちらでドレッシングルームでの風景をご覧になれます。→【公式写真①

こちらでは飛行機の中での風景→【公式写真②

そしてミラノのマルペンサ空港に帰ってきたときのお姿。




現地のファンは100%ベニテスさんを支持しているようですw

次の日の朝にはもうミラノへ帰ってきたらしいですね。コウチーニョ、ルシオ、ジュリオ、マイコン、モッタ、デキ、ムンタリ、マリガ、ヌワンコは現地から直接クリスマス休暇に出かけました。

今年の試合はこれにて終了です。共にインテルを応援してくださった皆様!一先ずお疲れ様でした!また来年!
2010 FIFA Club World Cupの関連記事

category: 2010 FIFA Club World Cup

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: エトー  パンデフ  クラブワールドカップ  マゼンベ 
tb: 0   cm: 5

コメント

兎にも角にも

嬉しかったし、ほっとしましたね。
自分もモッタについてはちょっと贔屓目入りがちです(笑)

ただ、現在はまったく別のサプライズが話題を独占中・・・

ラファ・・・なんだかなぁ。
逆にこれがインテルと考えるべきなんでしょうか(苦笑)

白面 #kMr7ovrQ | URL
2010/12/21 00:25 | edit

おめでとうございます!

いやぁ、見事優勝しましたねぇ。
ほんとうに杞憂になってくれて良かったですわ。

話題の(?)びあびあも得点してましたね!
抜群のスピードを見たような記憶はないですが、
あの抜け出しと、トラップしてすぐの切り替えし…上手!(←失礼w

でも、ベニテス監督のコメントで会長がちょっとムッとしたっていうの読んで…「大丈夫か?」と今度は違う心配が…w

an #WVdUYIFk | URL
2010/12/21 01:30 | edit

Re: 兎にも角にも

>白面さん

おぉ!モッタはなんでしょうか…どうしても甘くなっちゃうんですよねw自分の好きなクラブでもあるアトレティコ、ジェノア、インテルと渡り歩いてきた唯一の選手なので、この選手には特別な思いがありますw

試合後の監督やマテ兄貴のコメントにはびっくりしました。祝賀ムードが一転、なんでこうなってしまったのやら…。

本当にネタだけは尽きないクラブだと思いますww

>anさん

ありがとうございます!とりあえずヨーロッパ王者の面目だけは保てましたw

ビアビアはあまり自慢のスピードは披露できなかったですね。でも本当に速いですって!また違う機会にお見せしますw

あのコメントにはファンもビックリ(笑)祝賀ムードに水を差すようなコメントでしたからね。それは会長もムッとしますよ…。まぁこういうハプニングが絶えないのもインテルというクラブならではなのですw

ジニア #- | URL
2010/12/21 02:03 | edit

タイトル

インテリスタに平穏なし!

もうなんなんでしょうね…w
主力戻ってきた、クラブワールドカップ勝った、よしこの勢いで後半戦いくぜ!
…ってことにならないですからねw

ただでさえお金ないのにこんなところで違約金で金つかっちゃうなんて…。
勘弁してほしいですよ、ほんとw

もうちょっと後半戦どうなってしまうか想像しづらいですね…。
うまくやってくれるといいですけど。

6702 #FOTi0RoY | URL
2010/12/22 00:51 | edit

Re: タイトル

世界一になって一件落着!…かと思いきや、この泥沼な展開w

本当にネタに尽きないクラブです…(汗)

監督の去就問題はどうなりますかね~。どうなるか全然検討がつきませんw

ジニア #- | URL
2010/12/22 22:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/173-4a89953b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。