NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

な、長友がセリエA初ゴール!!!  

2011y03m07d_111318718-1.jpg
INTER 5-2 GENOA

Scorers: 40 Palacio, 50 Pazzini, 51 and 57 Eto'o, 71 Pandev, 84 Nagatomo, 90 Boselli.

Inter【4-3-1-2】: 1 Julio Cesar; 13 Maicon, 6 Lucio, 15 Ranocchia (78 55 Nagatomo), 26 Chivu; 4 Zanetti, 8 Thiago Motta, 5 Stankovic (46 27 Pandev); 10 Sneijder; 7 Pazzini (75 14 Kharja), 9 Eto'o.
Subs not used: 12 Castellazzi, 17 Mariga, 23 Materazzi, 29 Coutinho.
Coach: Leonardo.

Genoa【4-4-2】: 1 Eduardo; 20 Mesto, 3 Dainelli, 13 Kaladze (73 2 Chico), 24 Moretti; 7 Rossi, 5 Konko (74 23 Antonelli), 33 Kucka, 18 Rafinha; 8 Palacio, 43 Paloschi (74 9 Boselli).
Subs not used: 73 Scarpi, 35 Polenta, 71 Jankovic, 77 Milanetto.
Coach: Davide Ballardini.

Referee: Carmine Russo (Nola).
Bookings: 47 Kaladze.
Added time: 0-0

2011y03m07d_111648453-1.jpg

スタメン

今日のスタメンはGKはジュリオ、DFラインは右からマイコン、ルシオ、ラノッキア、キヴ。中盤はカピタン、モッタ、デキのスリーセンターにトップ下スナイデル。2トップにはパッツォとエトーさんでした。

何だかまたラノッキアがスタメンに入ってますねw

傍から見てるとラノッキア結構無理しながら出しているようにも見えるんですが…。まぁ監督は普通に起用してるし、ラノッキアも問題なくプレーしてるので大丈夫なんでしょうけど。ちょっと心配になります(汗)

今日の長友

今日の長友ですが、まずは公式レーティングから。

インテル公式レーティング

ファンの評価は高いです!!やはり監督やファンにより強いインパクトを残すのはゴール意外ありえませんからね。しかも今日は試合終了10分前からの出場。長友自身もこここで結果を出すにはゴールしかないと思っていたのかもしれません。

その意識のせいか投入後は積極的にボールを呼び込んでましたし、思い切ってシュートも打ってました。スナイデルやエトーさんも左から上がってくる長友を使おうと意識してくれましたね~。最初のデビューしたころに比べると、格段とチームに溶け込んでいる印象です。個人的にはこの長友の「いじられキャラ」という立場が大きいのかなぁと(笑)今までのインテルはこういうキャラクターを持ってる選手はあまりいませんでしたからw

ムードメーカーはいたと思いますけど、それといじられキャラは別です!!ムードメーカーには気楽にペットボトルで頭を叩くことなんて出来ませんからw(パッツォのことですw)

チーム内のマスコット的な、チームの愛されキャラという立ち位置は結構重要な要素になってくるかもしれません。長友がインテルの輪の中心にいつもいてくれたら日本人としても嬉しいばかりです!!!

今日のインテル

前半のインテルは本当に酷かったですね…。一週間も休んだので疲労が溜まっているということはないはず。でも全体の動きが鈍い。選手間の距離が遠く、中に侵入されても選手が詰めることをしない。ジェノアはかなり楽に攻撃を展開できたと思います。

精神面の、やる気の問題ですね…。

特に今日は全体を通してモッタのミスが目立ちました。中途半端なプレーからボールを奪われるのは、アンカーのポジションでプレーしてる選手にとっては致命的。これを繰り返されると監督もポジションの変更を考えないといけません…。最近はデキも前の位置でうまく攻撃に絡めてないというのもありますから、いっそのことデキとモッタのポジションをチェンジしてもいいと思うんですが(笑)

後半になるといつものアグレッシブなインテルが戻ってまいりました。まず監督はデキの代わりにパンデフを投入。フォメも4-2-3-1にシフトチェンジ。ただ左サイドのエトーさんも、右サイドのパンデフも守備への参加はあまりしてなかったので、ほぼ4-3-3みたいな形ですね。

このメンバーチェンジが功を奏したのか、後半開始から5分後に早くも同点ゴールが生まれます。カラーゼの中途半端なクリアをエトーさんがカット。そのまま敵が密集している中央をドリブルで駆け抜け、パンデフがパスをもらおうと中へ絞る。そうしたら右サイドに大きなスペースが空き、そこにマイコンが飛び込んで、エトーさんのスルーパスを受けたマイコンがそのままグラウンダーのクロスをダイレクトで中央に送り、スルスルとDFの前に出てきたパッツォがシュートしゴール!!

前半からずっと消えてたパッツォですが、パッツォはオフ・ザ・ボールでの動きで試合を決める選手。あまり攻撃のかたちをつくる上でボールを触らないので、ゴールという要素がなくなるとその試合の評価がガタ下がりになるんですよね。やっぱりパッツォの評価は試合が終わった後にゴールを決めているか、決めていないか。それが一番重要な要素になると思います。

同点ゴールの後にすぐ2点、3点と入りました。ここで決めたのはやはりエトーさん!!2点目はパンデフのシュートのこぼれだまを押し込み。3点目はメストからボールを奪って、そのまま自分でゴールまで持って行きました。これで今シーズン18得点目。トップを走る22ゴールのディナターレとは4つ差。まだ得点王の可能性も十分あるので、この調子で確実に得点を重ねていって欲しいです!!

そして71分にゴールを決めたパンデフですが、2点目の得点シーンもパンデフのシュートから生まれましたし、その後も積極的な仕掛けからいくつもチャンスを演出しました。今日の評価の高さも納得ですね。ただ…やっぱりフィニッシュの精度が課題かな(笑)このゴールもスナイデルのお膳立てがあって成立したゴールですし、それにパンデフは今シーズンまだ2ゴール目。FWとしては圧倒的に少ない数字ですねw前半戦は結構出番もあったんですけどね…。なんでこんなに少ないのやら(笑)

5点目はご存知長友のゴールですが、アシストしたハルジャの貢献度も大きいです。ハルジャは本当に出るたびに結果を出しますねw加入して試合に出た回数も少ないですが、ゴール意外にもアシストで結構貢献しています。ハルジャは本当に人を使うのがうまい選手ですよ。パッツォとラノッキアと同じくらいこの選手の補強は成功したかもしれません。

ジェノア時代はもっと無愛想なキャラとイメージしてたんですが、今日の試合では長友のお辞儀パフォーマンスに参加するという、お茶目な一面を見せてくれました(爆)インテルに移籍してから一番愛着が沸いた選手ですww

ただ流れがよかっただけに最後の失点は余計でしたね…。完全に長友がオーバーラップした後のスペースを突かれました。キヴの対応も甘かったし、奥にいたボセッリのマークを外したマイコンも疎かでした。この辺やはり「守備の意識」というのが薄れてる証拠なんでしょうね。

ジェノア戦ハイライト


今日のジェノア

前半のジェノアは素晴らしかったです。

インテルの緩々ディフェンスの隙間からいくつもチャンスを演出してましたし、結果的にいい形でゴールも奪えて、リードしながら前半を折り返せました。ここまでは理想的な形。レグノ助監督もドヤ顔だったでしょうw

意外に中盤の関係性は良かったですね。コンコは久しぶりの試合でもチームメイトとの息はピッタリだったし、前半はインテルのスカスカのスペースに頻繁に顔を出してDFラインを揺さぶってました。ドリブルで中に切り込んむプレーはかなり効果的でしたね。一点目のパラシオへのアシストも見事でした。

クツカとロッシは本当にプレーが揺るがない。自分の仕事を淡々とこなしているような感じです。ラフィーニャに関しても今日は中央でのポジションのプレーですが、ミラネットとヴェローゾの仕事をうまく引き継いでやっていました。

前半のジェノアの中盤は運動量も多くて、シンプルに攻撃を組み立てることができていたので、思ったよりいいサッカーをしてたと思います。選手達も手ごたえというものを感じたのではないでしょうか?

ただあの先制ゴールがインテルの「やる気スイッチ」をオンにしてしまいましたね(笑)後半になると別人のように攻めてきたインテルの猛攻を防ぐことができなかったジェノア。まぁ単純に能力の差もあるのかもしれません。カラーゼやメストはよく翻弄されてましたから…。

元々メストは本職のサイドバックではありませんし、エトーさん相手の守備は荷が重かったかも。まぁ元々この試合の結果はあってないようなものでしたから、この敗戦は忘れて次に向けて走り出して欲しいです。

次節のブレシア戦

ブレシア戦は金曜日の夜キックオフです。日本時間だと土曜日の朝4時45分キックオフですね。

来週の火曜日には決勝トーナメント突破をかけた運命のバイエルン戦が待ち構えているので、今週はリーグ戦の開催が少し早めになります。お間違えのないように。

また試合まで少し時間が空きますから、選手達はゆっくり休めますね。それに今週の相手は降格圏内に低迷しているブレシア。今年に入ってからまだ2勝しか結果をあげていないクラブですが、もちろん油断は禁物です。前回はホームでこのブレシア相手に引き分けてますからねw

ただあのころに比べるとこっちのチーム状況はよくなっているし、普段のようなプレーができれば確実に勝てる相手です。バイエルン戦には出れないパッツォには特に頑張ってもらいましょうwここでしっかり勝ち点を積み重ね、ミラノダービーまで着実に距離を近づけておきたいところですね。そして万全な状態でミュンヘンへ!!!!


(おまけ)
2011y03m07d_015109859-1.jpg

長友:「ありがとうございます。」

カピタン、エトーさん、ハルジャ:「いえいえ。」

2011y03m07d_014352546-1.jpg

この試合はクリシートも観に来てました。どうやらミリートと一緒に観ていたようです。まだお互い親交があるんですね~。ジェノアファンとしては胸熱です

2011y03m07d_014407265-1.jpg

こっちはデストロ。怪我さえしなければ、この試合も出ていたでしょうに…

2011y03m07d_014845609-1.jpg

そしてコイツ(笑)もはやただのヤンキーですね。

2011y03m07d_015217906.jpg

だから野次られるんですよ。
Inter Milan 10/11の関連記事

category: Inter Milan 10/11

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: サミュエル・エトー  長友佑都  ジェノア戦  試合結果  ロドリゴ・パラシオ  ゴラン・パンデフ 
tb: 0   cm: 2

コメント


長友最強!!

つか、前から気になってたことなんですけど、
サネッティ→カピタン
カンビアッソ→クチュ
スタンコビッチ→デキ

てどういう意味だったんですか??
自分もカピタン、クチュ、デキで馴染んでしまったんです(笑)
良かったら教えて下さい!!!!

インテリスタ #- | URL
2011/03/08 00:44 | edit

Re: タイトルなし

クチュとデキは選手の愛称ですよw
wikiを覗いてみれば、そう書いてあるはずです。

カピタンはキャプテンという意味からきてます。
ただイタリア語でキャプテンはカピターノというので…、カピタンはスペイン語かな?
まぁアルゼンチンではスペイン語が公用語なので、サネッティのことをカピタンというのも強ち間違いじゃないのかもしれません。
実のところカピタンと呼び出したきっかけが思い出せないんですよね…。
何でカピタンと呼び出したんでしょう?まぁカピタンが一番言いやすいからでしょうけどw
いつも選手の名前を呼ぶときは言いやすさを重視してますw

 ジニア #- | URL
2011/03/08 01:30 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/244-b42ddc20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。