NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

3冠で今季は終了!!!お疲れ!!!  

55c3bed41695f645ab7601f4a6da2db5-getty-fbl-ita-intermilan-palermo-tim_cup.jpga1489552458263f64302152dff40eba2-getty-fbl-ita-cup-palermo-inter.jpga4f62d4bbc1a555aaf456975e68d6b73-getty-fbl-ita-intermilan-palermo-tim_cup.jpg2011y05m30d_125000484.jpg2011y05m30d_124256453.jpg7b2ce6c8857aa56f06f6ab6e8761d995-getty-fbl-ita-intermilan-palermo-tim_cup.jpg
ちょwww蹴られとるwwww
他にも写真はtumblr(http://tiamointer.tumblr.com/)の方に入ってるのでよかったらどうぞw

▼コッパ・パレルモ戦のゴールシーン▼


インテル 3-1 パレルモ (HT:2-0)
得点者:後半26分、31分 エトオ、43分 ムニョス、47分 ミリート

インテル【4-2-3-1】:1 ジュリオ・セザル、55 長友、6 ルシオ、15 ラノッキア、26 キヴ、4 サネッティ、8 チアーゴ・モッタ(後半37分、17 マリガ)、5 スタンコヴィッチ、10 スナイデル(後半42分、22 ミリート)、7 パッツィーニ(後半16分、27 パンデフ)、9 エトオ
控え選手:12 カステッラッツィ、14 カルジャ、23 マテラッツィ、25 サムエル
監督レオナルド

パレルモ【4-3-2-1】:46 シリグ、16 カッサーニ、6 ムニョス、3 ゴヤン(後半24分、80 カロッツィエーリ)、42 バルザレッティ、8 ミリアッチョ、94 アクアー(後半10分、10 ミッコリ)、23 ノチェリーノ、72 イリチッチ、27 パストーレ、9 エルナンデス(後半32分、51 ピニージャ)
控え選手:99 ベヌッシ、4 カサミ、11 リヴェラーニ、36 ダルミアン
監督:デリオ・ロッシ

主審:エミーディオ・モルガンティ(アスコリ・ピチェーノ)
警告:前半27分 アクアー、後半8分 ムニョス、後半23分 カロッツィエーリ
退場:後半45分 ムニョス
ロスタイム:前半1分、後半5分

2011y05m30d_124413437.jpg

スタメン

まさかのスナイデルがスタメン!試合中、足を気にしてる場面がありましたが、本当に大丈夫だったんでしょうか?ラノッキアは問題なかったようですね。スナイデルとラノッキア以外は大体予想通りにメンバーが顔を揃えました。

フォメはデキとモッタの2ボランチ、パッツォの下にエトーさんとスナイデルとカピタンを横並びにした4-2-3-1のシステムだと思います。前回これを使ったのが5月11日のコッパ・ローマ戦なのですが、やはりこのシステムの有意性が見出せない…。まぁダメ出しは後でゆっくりしますw

今日の長友

先週のカターニャ戦同様、今回も右サイドバックでプレーした長友ですが、前回ほどいいプレーをしたとは言えないですね。

守備での一対一での対応は、そこはもう長友ですから特に問題ないのですが、この右サイドバックのポジションで特に求められるのは攻撃での貢献。ここで結果を出せないとなると、全体の評価は平凡なものになってしまいます。

前回のコッパ・ローマ戦でも散々ダメだしをしたのですが、約2週間ぶりにこの変則的な4-2-3-1を使ってきたレオナルド監督。右サイドのカピタンがほとんどボランチの「2」の位置の横に立っているので、実質的にはエトーさんとスナイデルをやや左側の位置に置いた4-3-2-1と言った方が近いかもしれません。

全体の攻撃が左側に片寄っているので、必然的に右側には大きなスペースが確保できます。本来はそのスペースをうまく使いながら、長友には積極的にオーバーラップして欲しかったのですが、立ち上がりから常に下がり目の位置にポジショニング。ビルドアップの時にも、上がってきて欲しいタイミングで上がってこなく、常に動きが後手後手になってました。

ミスが出来ない重要な試合なので、守備のバランスを常に考えていたのでしょうか。それとも今セリエA屈指の左サイドバックでもあるバルザレッティが前にいたので、上がっていくのを躊躇ったのか分かりませんが、どちらにしてもカピタンが下がり目の位置で常にカバーしてますし、誰かが右から上がっていかないと攻撃のバランスは崩れて、パッツォが孤立してしまうので、結果的に攻撃は停滞してしまいます。前半はパッツォの孤立する場面が多く見られましたね…。(それでそのまま下げられちゃうんだから、今日のパッツォは少し可哀想でした。)

このシステムで戦うなら右サイドバックの攻撃性というのは必然的に求められると思うので、レオナルドが「あまり上がるな」と指示したとは思いません。なので今日は長友自身の問題の方が大きかったかも。この試合に関して言えば、守備は良くても攻撃での合格点はあげられませんね…。

最後の最後でチョット厳しいですけどw

コッパ・パレルモ戦の公式レーティング


今日のインテル

長友のパフォーマンスもさることながら、今日のインテル全体のパフォーマンスもあまり誉められるものではありませんでした。むしろパレルモの方がいいサッカーをしてたというw内容は酷いのに最終的に3-1で勝利してるというこの現実。まさにインテルクオリティですw

この試合の勝敗を分けたのは一瞬の隙を見逃さなかったスナイデルのパス2本とエトーさんの決定力。これに尽きると思います。パレルモはいい攻撃の形をつくれているのにあと一歩のところでゴールに迫れない。パストーレには翻弄されまくっていたので、フィニッシュをきっちり決めれるFWがいたら…、危なかったかもしれないですね。

まぁこの日のインテルの守備には戦術的な意味ではダメダメでしたが(笑)、危ない場面では体を張って止めにいってくれたので、その気持ちの部分で負けてなかったのが、流れの中で失点しなかった要因なのかもしれません。あのキヴでさえ体張って止めてましたからねw(かな~りスレスレのプレーもありましたがw)

ただ最終的にチームを救ったのは、やはりジュリオ!今季の前半戦は怪我だったり、コンディションが整わなくて苦しい時期を過ごしてきましたが、後半になると次第にいつもの落ち着きを取り戻し、インテルの守護神としての仕事を全うしてくれました!最後に皆で笑顔で終えれたのも、この人のおかげと言っても過言ではありませんね。本当に感謝してます!

あと今シーズン最後を締めくくったミリートのゴール!長く怪我に苦しんだ、本当にキャリアの中でも一番苦しかったシーズンだと思いますが、こうやって最後にゴールを決めれて…チームメイトも一緒に喜びを爆発させてましたね。インテルのエースの苦しんでる姿を間近で見てきたので、それはもうみんな嬉しいでしょう(泣)

もちろんそのゴールをお膳立てしたパンデフも誉めないといけません。こっちも苦しいシーズンでしたから…(ゴール欠乏症というw)。この2人で終えたシーズン最後のゴールは何か感慨深いものがありました。本当にお疲れ様です。

これでいいのかレオナルド

とにかく「勝てばいい」という試合だったので、あまり試合が終わった後にとやかく言いたくはないのですが…、本来は攻撃に重点を置いたサッカーがレオナルドのスタイルだったはずなのに、このカピタンを右に置いた4-2-3-1はやけに守備的なんですよね。

まぁだからといって守備が機能してるわけでもなく(笑)、何でわざわざ攻撃のバランスを崩すようなフォーメーションを採用しているのか、ちょっとよく分かりません。せめてエトーさんを左サイドの低い位置じゃなくて、パッツォの近くでプレーさせてやれば…それだけで攻撃はよくなると思うんですけどね。

果たして来シーズンもこの監督で大丈夫なのか。いや…たぶん大丈夫じゃないでしょう(苦笑)少なくともヨーロッパの舞台で勝ち上がっていくには今のままじゃ絶対無理です。バルサはもちろんのこと、CL決勝でバルサに完敗したマンUでさえ、今のインテルなら大敗する自信がありますw

このオフの期間に深く研究して、新しいシーズンが始まるころには一皮も二皮も剥けたレオナルドを期待したいです。

メルカート

これでシーズンも終わったということで、移籍市場が開く時期になりました。まず一番気になるのは長友の去就!とりあえずさっさと完全移籍の手続きを済ませてもらいましょうw

次にハルジャについての話し合い。こっちの将来は不透明ですね…。まぁハルジャはいい奴なので(そういう理由w)、個人的には買取希望!元ジェノアの選手が増えるという意味でも、そのままインテルでプレーしてくれれば最高です。

その次にサンチェスやテベスなどの獲得話でしょうか。ここ数週間、噂が引っ切り無しに続いていますが、シーズンも終了したことで本格的な話し合いに入ってくると思います。

この不安定な監督の元でも、せめてサンチェスがきてくれれば来季のインテルは救われるかもしれない…。それほど大きな期待を持っている選手なので、本当にうまく交渉をまとめて欲しいです。でもインテル同様、来季はCLに挑戦するウディネーゼなので、主力の放出は避けたいところ。獲得には大きな代償が必要でしょうね…。この辺の動きは夏の間注目です。

あと監督の交代説もありますが、たぶん来季もレオナルドで戦うんじゃないかとwこれで監督が変わったら、軽いサプライズのような気持ちでいようと思います。


(おまけ)
c869d4452619f02fbe083b7aa8ee5c24-getty-fbl-ita-intermilan-palermo-tim_cup.jpg

最後にもう一枚。おもしろすぎるwww
Coppa Italiaの関連記事

category: Coppa Italia

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: 長友佑都  パレルモ戦  優勝  レオナルド  何やってんだ  マルコ・マテラッツィ 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/305-9a62409c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。