NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

コスタリカ戦は快勝のアルゼンチン!!!  

74a7ca9ae52ebc7e61a81c7ba498791c-getty-_.jpg

更新が少し遅れてしまいましたが、グループリーグ最終戦のコスタリカ戦は快勝(3-0)で勝ち点3をゲットしました、アルゼンチン!コロンビアはボリビア相手に(2-0で)勝利したので、首位通過の座はコロンビアに渡してしまいましたが、最終的には2位でグループリーグを終えることができました。ふぅ…とりあえず一安心ですw

カピタンは左サイドバックでフル出場。ミリートとクチュの出番はありませんでした。

アルゼンチンvコスタリカ戦のハイライト


アルゼンチンの決勝トーナメント一回戦は7月16日(日本時間17日)に行われます。今日の結果で対戦相手はウルグアイに決まったようですね。フォルラン、スアレス、カバーニ…ここまで決定力のあるFWがいるとなると、コロンビア戦のようなイージーミスはありませんw今のアルゼンチンは少々後ろに不安があるので…、少ないチャンスをものにして、確実に得点を積み重ねていって欲しいですね。

(そろそろミリートのプレーを見てみたいぞ!)

ここが変わったアルゼンチン


アルゼンチンのスタメンはGKロメロ、DFラインは右からサバレタ、ブルディッソ、ミリート、カピタン、中盤のボランチにはガゴとマスケ、前線は1トップのイグアインの下にアグエロとディマリアとメッシが横並びになるかたちに。フォメは4-2-3-1ですね。システムだけではなく、メンバーの顔ぶれも変えてきました、バティスタ監督。

ボリビア、コロンビア戦は3センターに3トップという4-3-3で挑んだアルゼンチンですが、その2試合に比べて大幅に変わったとこはまず前線にイグアインというターゲットマンを置いたところと、トップ下にディマリアを置いたところ。メッシを右サイドのポジションに置いたところですね。

トップにイグアインを置いておけば、自然とDFラインは下がりますし、それにより中盤にスペースができる。この日の試合は、そのスペースをうまくつかって、ディマリアとメッシがドリブルで突破していき、DFが引き付けられて空いたスペースにアグエロやイグアインが飛び出すという形が多かったです。

コスタリカ戦は、これまでメッシがやっていた中央でのゲームメイクをディマリアに任せて、メッシは比較的スペースがあるサイドに流れて自由に攻撃を組み立てていた印象。サイドアタッカーとしての仕事をこなしている場面もありましたが、基本的にはサイドに流れてもゲームメーカー的な役割を担ってました。

これらのことを踏まえると、メッシの負担を全員で分散して、メッシがプレーしやすい環境を作り出そうという意識の変化が今のアルゼンチンには見られますね。とりあえず、無茶苦茶に当てはめたバルサスタイルを捨て去ったのは確かですw

これでようやくスタートラインに立てたアルゼンチン。しかし次の相手はウルグアイ…、どちらにしろ未完成なチームであることには変わりないので、厳しい戦いを強いられそうです。

おまけ


63f043e6f6c5bea96c71cbaedbb7a794-getty-_.jpg

この顔はヒドイ…(奥の人じゃないですよ)
2011 Copa Americaの関連記事

category: 2011 Copa America

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: ハビエル・サネッティ  セルヒオ・アグエロ  リオネル・メッシ  アルゼンチン代表 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/331-28d9e0c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。