NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

トレンティーノ選抜との練習試合は6-1でインテルの圧勝  

148388.jpg
トレンティーノ 6-1 インテル (HT:2-1)

得点者:前半13分 パッツィーニ、27分 エトオ、44分 マリオッティ、後半1分 アルバレス、14分 パンデフ、37分 カスタイニョス、44分 ロンゴ

トレンティーノ:スカーリ;モレスコ、アダーミ、フリッツィ、トライノッティ;ビネッリ、M.ドナーティ、ヒラ、ベルテオッティ、マリオッティ;N.ドナーティ。途中出場:ザドラ、ザノッティ
監督:フローリオ・マラン

インテル(前半):カステッラッツィ;ラノッキア(24分、ビアンケッティ)、サムエル、キヴ;サントン(19分、ファラオーニ)、スタンコヴィッチ、オビ(7分、ムンタリ)、長友;スナイデル(43分、アルバレス)、パッツィーニ、エトオ
インテル(後半):ヴィヴィアーノ;ナタリーノ、ビアンケッティ、カルディローラ、ファラオーニ;マリガ、クリセティグ、ベッサ(25分、アリベツ);アルバレス、カスタイニョス、パンデフ
控え選手:オルランドーニ
監督:ジャン・ピエロ・ガスペリーニ

主審:マヌエル・バロッツィ
観衆:5千人超え(満席)

トレンティーノ戦ハイライト


トレンティーノ選抜との試合を終えて…


動画が止まったり、カクカクで試合を全て観てはいないのですが、伝えられる所だけ書いておきます(汗)

前半は主力組みが中心でシステムは3-4-3でした。GKはカステラさん、DFラインは右からラノッキア、サムエル、キヴ、中盤はサントン、デキ、オビ、長友で前線はエトーさんとパッツォの後ろにスナイデルという形。3-4-1-2ですね。

主力組みは基本的に立場も保証されていることから慣らし程度でプレーしてたと思います。それに休み明けで体ができていなく、連日のトレーニングで疲労も溜まっていることから、皆さん動きが重かったですね。失点シーンなんか、サムエルの守備軽すぎるしwwああいうシーンなんかそうですが、少し気持ち的に抜けてる部分がありました。本当に前半は感覚をつかむ程度でプレーしていたと思います。まぁこの時期はだいたいそんなものでしょうね。

(まぁ中にはムンタリ様のようにやる気が空回りしてる選手もいましたけどw)

しかし後半になると新加入のリッキーやカスタイニョス、その他若手選手などポジションが確保されてない選手が続々登場。アピールができる貴重な場でもあるので、皆エネルギッシュにプレーしてました。後半は前半以上に圧倒的な試合展開でしたね~。ヴィヴィアーノは暇だったと思いますw

中でも新加入のカスタイニョスとリッキーは期待ができる活躍。ゴールもそうですが、エリア内での動き、リッキーはシュートレンジの長い左足を持っているので、こういうタイプの選手は前線に一人置いておきたいですね。アリベックとロンゴのプリマコンビもゴール決めれましたし、試合の展開としては後半の方がおもしろかったですw

ただガスペリーニのやりたいサッカーが形になってるかと言えば、まだまだ。これから多くの親善試合を通して、修正点を改善していくでしょう。でも一つ分かったのは、やはり3-4-3をベースにしたシステムでガスペリーニは戦っていくつもりのようです。最終的にどのようなガスペリーニ・インテルが出来上がるのか…、その経過に注目したいです。

ジョナタンのインテル移籍が正式発表


2011y07m16d_101503968.jpg
この日は故障のため、ピッチサイドで試合を見守っていたジョナタンですが、どうやらインテル移籍が公式に発表されたようですね。

メルカート:ジョナタンはインテルと2015年まで契約

早く怪我を治して、プレーを見てみたいぞ~
Friendly Matchの関連記事

category: Friendly Match

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: ジョナタン  トレンティーノ戦  リカルド・アルバレス  ルク・カスタイニョス 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/336-94648554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。