NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

11-12シーズン:ジェノアの夏のメルカート  

ジェノアはこうなりました。
386929394.jpg

IN
アンドレア・カラッチョロ(ブレシア)/ 共同保有+3年契約
チェザーレ・ボボ(パレルモ)/ レンタル移籍+買取オプション
セバスチャン・フレイ(フィオレンティーナ)/ 5年契約
クリスティアーノ・ルパテッリ(ボローニャ)/ フリー移籍
フェリペ・セイモール(ウニベルシダ・デ・チリ)/ 4年契約
ルーカス・プラット(ウニベルシダ・カトリカ)/ 4年契約
セバスチャン・リバス(ディジョン)/ 4年契約
フレンチェスコ・ベガ(ブレシア)/ フリー移籍
ケビン・コンスタン(キエーボ)/ 4年契約
アレキサンダー・メルケル(ミラン)/ 共同保有
アンドレアス・グランクヴィスト(FCフローニンヘン)/ 4年契約


OUT
ペレ(ミラン)/ ミランとの共同保有
ユライ・クツカ(インテル)/ インテルとの共同保有+5年契約(移籍は来年)
ディエゴ・ポレンタ(バーリ)/ レンタル移籍
ゲルゲイ・ルドルフ(パナシナイコス)/ レンタル移籍
フシン・ハルジャ(フィオレンティーナ)/ 2年契約+1年延長オプション
オマール・ミラネット(パドヴァ)/ 2年契約
ソクラテス・パパスタソプーロス(ブレーメン)/ レンタル移籍
エドゥアルド(ベンフィカ)/ レンタル移籍
ドメニコ・クリシート(ゼニト)/ 5年契約
ロベルト・アクアフレスカ(ボローニャ)/ レンタル移籍+買取オプション
アブデュライ・コンコ(ラッツィオ)/ 4年契約
マッティア・デストロ(シエナ)/ レンタル移籍
ステファン・エルシャラウィ(ミラン)/ 共同保有+5年契約
イヴァン・ファティッチ(キエーボ)/ 3年契約(その後エンポリにレンタル)
アルベルト・パロスキ(ミラン)/ ジェノアとの共同保有(その後キエーボにレンタル)
ジャンマルコ・ジゴーニ(ミラン)/ ジェノアとの共同保有(その後ASアヴェッリーノへレンタル)
ジャコモ・ベレッタ(ジェノア)/ ミランとの共同保有(その後アスコリにレンタル)
マッティア・ペリン(パドヴァ)/ レンタル移籍
フランチェスコ・アチェルビ(キエーボ)/ 共同保有
イッサク・コフィエ(USサッスオーロ・カルチョ)/ レンタル移籍
リッチモンド・ボアキエ(USサッスオーロ・カルチョ)/ レンタル移籍
アンドレア・エスポージト(レッチェ)/ レンタル移籍
エウジェニオ・ラマンナ(バーリ)/ レンタル移籍
フェデリコ・ロドリゲス(ボローニャ)/ 共同保有+4年契約
フェルナンド・フォレスティエーリ(ウディネーゼ)/ 完全移籍
パナギオティス・タチュシディス(エラス・ベローナ)/ レンタル移籍
リヌス・アレニウス(パドヴァ)/ レンタル移籍
マグナス・トロエスト(ASヴァレーゼ)/ レンタル移籍
ケヴィン・ベネトット(クロトーネ)/ レンタル移籍
ヴィンツェンツォ・レンネッラ(チェゼーナ)/ レンタル移籍



例年のジェノアに比べれば大人しい夏でしたね。まぁ余剰戦力の放出に手間取った感は否めませんが…(多すぎw)

移籍期限最終日にはパラシオの去就をどうするのか、そしてアタッカーの補強をどうするのかがジェノアの課題でしたが、最終的にパラシオは残留。カラッチョロという選手の補強でジェノアのメルカートは幕を閉じました。その辺のことについては会長がコメントを残しています。

プレツィオージ「私は1250万ユーロのオファーをフィオレンティーナに送ったのだが、最終的にコルヴィーノ(ヴィオラSD)はジラルディーノをチームに残すことにしたんだ。ボリエッロはローマがメルカート上から彼を降ろした。考えを変えたんだね。私はアンドレア(カラッチョロ)がジェノアに欲しかった。彼のことは10年前に一度獲得したから、よく知っている。私は彼がボリエッロやフローロ・フローレスのように活躍してくれると信じているよ」

ジェノアにとってカラチョロの補強より、パラシオを残留させたのが一番の補強でしょう。個人的にはストライカータイプのジラルディーノが欲しかったのですが…まぁカラッチョロもセリエAとBで100ゴールを決めているわけですしね。今シーズンは最低でも二桁は得点して欲しい!期待してるぞ!!

続きからはパラシオの契約延長の話と、カラッチョロのコメント

2011y07m29d_204749328.jpg

パラシオがジェノアと契約延長


インテル行きが直前まで噂されていたパラシオですが、ジェノアに残留したことで契約を2014年まで更新したみたいです。公式でも発表されていますね。年俸は100万ユーロのアップだそうです。
→『RINNOVO DEL CONTRATTO PER PALACIO

プレツィオージ「我々はパラシオと年俸の見直しをし、一年の契約延長をした。我々にとってこれは嬉しいことだよ。彼はとても重要な選手なんだ」

パラシオ「僕を信頼してくれたジェノアに感謝したい。これは僕が望んでいたことだ。このクラブに残りたかったんだよ。クラブは僕のためにとても大きな経済的犠牲を払ってくれたけど、決してお金のためにここに残ったんじゃない。この赤と青のユニフォームのために、ファンのために、クラブのために、僕は全力でプレーし続けるよ」

実はメルカート最終日。パラシオがインテル移籍、サラテがジェノアに移籍という筋書きも有り得ました。当初はパラシオのインテル移籍がほぼ決まりかけおり、その後釜としてジェノアがサラテにコンタクトを試みたのですが、サラテ本人はインテル移籍を希望。インテルも彼の獲得を望んでいたことから、交渉の場が設けられ、間もなく合意という形になったようです。

年齢的に考えてもインテルがパラシオを獲得するのはリスクが高いと思いますし、パラシオを失うジェノアももちろん大きなリスクを背負います。最終的にはお互い納得のいくかたちで終われたのではないでしょうか。パラシオ本人もジェノアに残留して納得してるみたいだし。あとは両チームにその結果が出てくれば大満足!

入団会見でのカラッチョロのコメント


アンドレア・カラッチョロ
「たとえ2番手、3番手のチョイスだったとしても、僕にとってこのクラブにいれるのはすごいことなんだ。ジェノアのユニフォームを着れることはとても光栄だし、ジェノアのような大きなチームに自分がいれることを誇りに思う。」

「背番号?99番を選ぶのは初めてだね。9番が好きなんだよ。」

「僕はここでうまくやっていきたいし、何か記録もつくりたい。ジェノバに住むのはこれが初めてじゃない?過去にサンプドリアで半年間プレーしたけど、いい経験になったか分からない。あのころの僕は幽霊みたいなものだったからね」

「マレザーニ?彼にはもう会ったよ。彼のゲームアイディアについて話してくれた。いい印象を受けたね。パラシオ?まだ少ししか練習をしていないけど、彼の能力をすぐ知るには十分だったよ。」

「ストライカーにとって、練習に真剣に取り組むことは重要なことだ。どうやったら多くのゴールを決められるのか、常に考えなければいけないからね。まだここに来て2日しか経っていないから、早く最高のコンディションにもっていきたいと思ってる。ゴール?まだチームメイトのこともよく知らないし、そのことについて話すのは早すぎる。ただゴールはいつも決めてきた。2桁得点も3回したからね。今シーズンは自己ベストの12得点は超えたいと思ってるよ」

「ここのファンはファンタスティックだ。毎週土曜日には多くの人が詰め寄せ、スタジアムをいっぱいにしてくれる。彼らはこのチームの一部なんだ」


私がこの夏のメルカートを辿って思ったことは、プレツィオージはジラルディーノに対して5回くらい正式なオファーを送ったんじゃないかということ。最近のコメントを見ても、やはりジラルディーノがジェノアのファーストチョイスだったのは間違いないです。コメントから察するに、その辺はカラッチョロ本人も気づいているようですね…(汗)

プラット、ゼ・エドゥアルド、ビルサ、リバスとFWのポジション争いは熾烈を極めるでしょう。当初はレギュラーポジション確定かと思われてたゼ・エドゥアルドはコンディションを崩して雲行きが怪しくなっていますし、逆にプラットはプレシーズンでしっかり結果を残し、監督の信頼を勝ち得ました。今のところ、FWとしてレギュラーが確保されているのはパラシオのみです。

残り一つのイス(もしくは二つ)を誰が最終的に奪うのか…まずはチーム内の競争に勝ち残らなくてはいけません。何とかファンの期待に応えてもらいたいものです!
Genoa CFC 11/12の関連記事

category: Genoa CFC 11/12

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: まとめ  ロドリゴ・パラシオ  マウロ・サラテ  エンリコ・プレツィオージ 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/371-8155b257
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。