NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今季初勝利!長かった…  

2011y09m25d_103110546.jpg

ボローニャ 1-3 インテル (HT:0-1)
得点者:前半39分 パッツィーニ、後半21分 ディアマンティ(PK)、36分 ミリート(PK)、42分 ルシオ

ボローニャ:1 ジレ(後半25分、25 アリアルディ);16 カザリン、90 ポルタノーヴァ、5 アントンソン、3 モルレオ;15 ペレス、26 ムディンガイ、33 コネー;10 ラミレス(後半34分、4 フリン)、23 ディアマンティ;9 ディ・ヴァイオ(後半19分、99 アックアフレスカ)
控え選手:13 プルゼッティ、19 ヴィターレ、35 パポーニ、51 ロリア
監督:ピエルパオロ・ビーゾリ

インテル:1 ジュリオ・セザル;55 長友、6 ルシオ、25 サムエル、26 キヴ;29 コウチーニョ(後半11分、42 ジョナタン)、4 サネッティ、19 カンビアッソ、20 オビ(後半19分、77 ムンタリ);7 パッツィーニ、9 フォルラン(後半29分、22 ミリート)
控え選手:12 カステッラッツィ、11 アルバレス、28 サラテ、30 カスタイニョス
監督:クラウディオ・ラニエリ

主審:パオロ・タリアヴェント(テルニ)
警告:前半35分 コウチーニョ、後半16分 ペレス、41分フリン
退場:後半35分 モルレオ
ロスタイム:前半2分、後半5分

試合後のコメント
→『ラニエリ:「これが正しい精神」
→『パッツィーニ:「チャンピオンズリーグに向けても大事な勝利」
→『ミリート:「士気を高める勝利」
→『サネッティ:「完璧に集中出来ていた」
→『ルシオ:「冷静さとモティベーションを持って」
→『ジュリオ・セザル:「これが真のインテル」


試合の詳細については公式を参照
→『ボローニャ対インテル 1-3:パッツォ、ミリート、ルシオが得点



さっそく結果を出したラニエリ


「とにかく今は結果を出すことが大事」

前日に行われた就任会見で発言したとおり、このボローニャの地でチームを勝利に導いたラニエリ新監督。試合全体の内容に関して言えば、まだ煮詰めていく部分はありますが、新監督の下、2~3度の練習しかこなしていないことや、結果的に勝ち点3を奪えた事実を考慮すれば最高のスタートを切ったといっていいでしょう。

この日は無失点勝利とはいきませんでしたが、序盤の決定機を外すなど、今日はサムエルにツキがない試合でした。危ないシーンはありつつも、あのPKさえなければ無失点に抑えられたわけなので、守備の安定化は戻りつつあると思います。ガスペリーニ時代の名残なのか、ディフェンスの際に懐に飛び込むシーンが多くなっていましたが、この辺はラニエリの守備戦術が浸透してくれば改善してくることでしょう。

スナイデル抜きの攻撃で3ゴールを奪えたことも大きいですね。ムティンガイのプレッシャーを華麗にかわしパスを出したフォルラン、そのパスをワンタッチで落としたクチュ、その落としたボールをエリア外からダイレクトで押し込んだパッツォ。ファーストゴールは久しぶりに見た、きれいな攻撃の展開でした。

途中交代で入ったミリートもパッツォとの連携から抜け出してPKゲット、ゴールを決めましたし、前線の大黒柱二人が得点を決めたことは大きいです。ガスペリーニ時代は出場機会が中々もらえなかったパッツォも、これからコンスタントに出場してゴールを量産してほしいですね。

何はともあれ最高のデビュー戦をかざったラニエリ。スナイデル、フォルランを起用できないミッドウィークのCSKAモスクワ戦は、さっそく手腕が問われる試合となりますが、CL初戦を落としてるインテルにとって確実に勝ち点3を奪わなければならない試合。ラニエリには、このボローニャ戦のように再びチームを勝利に導いてほしいです。

コウちんについて一言


この日はトップ下ではなく、4-4-2の右サイドハーフで久しぶりのスタメン出場したフェリペ・コウちんニョ。スタートのポジションは右サイドでしたが、中央を意識した動きで時より逆サイドにまで顔を出していたので、役割としては右サイド兼トップ下のような感じでしたね。今日のコウちんは動きにもキレがありましたし、惜しいシュートもあったので全体的な評価としては悪くないと思います。

今日に限っては回りのサポートが少なかったというのもありますが、無理なドリブル突破からのボールロストなどのシーンが目立ったので、ああいう場面を少なくできれば全体の印象もよくなるでしょう。今日は後半の早い時間帯に下げられてしまいましたが、あの交代はジョナタンを投入して攻め込まれていた右サイドを修正するためだったと思います。またすぐ次の機会がかると思うので、しっかり準備をしておいてほしいです!

どうするCSKA戦!


CLには出場できないフォルラン、登録外にしてしまったカスタイニョスとムンタリ様に加え、スナイデルも監督が試合後のコメントで欠場することを明らかにしました。それとオビも左のお尻?を痛めたみたいで出場が難しいとのこと。マイコンも実戦復帰できなく、デキもまだ復帰できないので…今のインテルはメンバー的に非常に厳しい状況にあります。

UCL、CSKAモスクワ対インテル:21名の招集メンバー

ボローニャ戦では少ない時間でいい連携を見せましたが、ミリートとパッツォの併用もまだまだ議論を重ねなければならない段階。サラテも周りとの連携が全然合わないので、前線をどういった組み合わせでプレーさせるのか。また中盤はクチュ、カピタンにどうコウちんとリッキーを絡ませるか、その辺の構成は気になりますね。この少ないメンバーでラニエリがどういった采配をするのか注目したいところです。

試合は27日火曜日にCSKAモスクワのホーム、ルジニキ・スタジアムで行われます。キックオフはボローニャ戦と同じ午前1時(現地時間20時)。お間違えなく!
Inter Milan 11/12の関連記事

category: Inter Milan 11/12

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: ボローニャ戦 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/386-244b218d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。