NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

長友が2試合連続ゴール!!!  

f4c0309eda92fa346e802f522e42f63c-getty-507755950.jpg

セリエA、ジェノア対インテル:0ー1、またも長友がゴール

火曜日に行われた延期試合セリエA第11節のジェノア戦は長友の決勝ゴールでインテルが勝利しました!!あのスペースを見逃さずパスを送ったリッキーと、そのスペースに必ずボールが来るだろうと信じて飛び込んだ長友との息の合ったプレーでしたね。完璧な得点シーンでした。

この日は完全な守備固めでインテル戦に臨んだジェノアは前半をシュート0本で折り返し、初めてシュートを打ったのは後半の80分になってから。このような状態になってしまったのは、3バックではなく5バック1トップというシステムの影響が強かったでしょう。

そういったシステムでジェノアが挑んできたからこそシュートさえ打たせるのを防げたわけで、ジェノア戦に関して言えば決してインテルの守備が安定していたわけではありません。ジェノアが前がかりに攻めてきた試合終盤には危ない場面を多く演出していましたし、スタートからジェノアが攻撃的にきていれば分からない試合でした。その点、個人的には今日の試合、マレザーニの采配が試合の結果を左右したと思います。

リーグ戦で2連勝したからといってインテルには浮かれないでほしいですねw結局この試合も前の選手が決定的な場面を外しているのには変わりないわけですし、元々の「FWの得点力不足」という課題はなんら解決されてはいません。

次節は日曜日に行われるアウェイのチェゼーナ戦です。ジェノア戦でも大爆発したムトウさんが現在、絶好調らしいので油断は禁物。挑戦者の立場で敵地に乗り込んでいってほしいですね!長友は古巣との対戦。3試合連続得点をあげて、自分の成長した姿をチェゼーナサポに見せてやりなさい!



szólj hozzá: SA:Genoa-Inter 0-1 Hghl 131211

消極的すぎたマレザーニ采配


この日のジェノアのスタメンはGKフレイ、DFは右からグランクヴィスト、ダイネッリ、カラーゼ、右のウィングバックにはメストが入り、左にモレッティ。中央はアンカーの位置にヴェローゾで、その前にメルケル。右のインサイドハーフにロッシ、左にコンスタンで、前線1トップにゼラブという形でした。3バックというよりも、5バック。5-4-1といった方が近いかもしれません。

3-5-2というシステムは11月27日のチェゼーナ戦、12月2日のミラン戦で試しており、結果は共に0-2の敗戦。チェゼーナ戦は観ていないので内容は分かりませんが、ミラン戦はウィングバックが下がった5バックの状態が続き、攻撃に違いをつくれないまま守る時間だけが増えていました。そういった試合内容だったにも関わらず、インテル戦ではさらにFWを一枚そぎ落として挑んだわけで…それは前半のシュートがゼロになってもおかしくはないでしょう。

下位クラブの監督を渡り歩いてきたため体に染み付いているのか、ビッククラブ相手だと守備的すぎる傾向があるマレザーニ。もちろん、お互いの力量を図った上で守備に重点を置くのはいい案だと思います。例えば4-4-1-1で挑んだユヴェントス戦だったり、ほぼ5-3-2状態で戦ったミラン戦など、攻撃に力を持った相手に対しては「守備を固めてカウンター」というのは有効な手段ではあります。

でもインテルだったらどうなのか?

順位も得失点もそう変わらないチーム。ましてや最近はFWが不調で中々ゴールを決められないインテル相手に、果たしてミランより守備的な布陣で挑む必要があったのだろうか…?今のインテルならガチンコで全うに勝負しても、いい試合をしたと思いますw決して機能していたわけではありませんが、前節シエナ戦はシステムを4-3-1-2に戻して、2-0で勝利しました。この日も前節と同じシステムで戦っていたら…ひょっとしたらひょっとしてたかもしれませんね。

この日はスタジアムが満員で、熱い声援をずっと送り続けてくれたファンがいたわけなので、もっと勇気を持った采配をマレザーニにはしてほしかったです。元々あまり評価していない監督ですが、今日の試合でまた一つ評価が下がりましたw

ポーリが左サイドで初スタメン


インテル側に話を戻すと、この日初めてスタメン入りしたポーリについて少し触れなければいけませんね。基本的なメンバーは前節ヴィオラ戦と同じ。フラット型の4-4-2でGKジュリオ、DFラインは右SBにカピタンが入り、中央はルシオとサムエル、左に長友。中盤はファラオーニ、モッタ、クチュ、ポーリで2トップにパッツォとミリート。

ポーリは元々サイドアタッカーの選手ではないので、恐らくその位置で起用されたのはジェノアの攻撃的な右サイド。ロッシとメスト対策として起用されたのかもしれません。試合後に長友が「ロッシに気を付けるようにラニエリに言われた」と話しているように、ラニエリも右サイドの攻撃力を警戒していたようですね。

ポーリのこの試合のパフォーマンスについてですが、本職のポジションじゃないだけに総合的な判断はしづらいですね。ただ足元の技術はしっかりしていて、相手のプレッシャーも怖がらずに落ち着いて処理できるので、やはりそこは中央の選手なのかなぁと思いました。サイドに出るとどうしても攻撃面で力を発揮しなければいけないので、その辺は本人もやりにくさを感じたのではないかと思います。

長友との関係性に関しては、ポーリがサイドからやや中央よりにポジショニングするので、サイドバックを上げるスペースをつくっているという意味ではうまく使えていたのかなと。ただ長友との信頼関係だったり、長友の”使い方”というのをまだ理解していないと感じたので、その辺は時間が必要ですね。

ポーリの今後の展望についてですが、現状はモッタ&クチュのボランチコンビが安定したパフォーマンスを見せているので、ボランチの位置にはプレーする居場所がありません。(カピタンですら追い出されてますから…)なのでポーリが安定的にプレーするにはモッタかクチュが離脱するか、今日のように左のサイドハーフのプレーに限られますね。

しかし、左のサイドハーフもコウちんだったり、オビやリッキーという選手がいるので…。たとえいいパフォーマンスを見せても、出番は限られるでしょう。次はいつポーリのプレーを拝められるでしょうかw



2011y12m14d_154944953.jpg

インテルに移籍してから怪我などで、一度も古巣のスタジアムでプレーしてこなかったミリート。この日は2009年にお別れして以来の凱旋試合となったわけですが、途中交代でベンチに下がる際にはジェノアーニから温かい拍手が送られてましたね。ジェノアーニはこの瞬間をずっと待っていたのに…2年も待たせやがってコノヤロウ!

Inter Milan 11/12の関連記事

category: Inter Milan 11/12

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: ジェノア戦  試合結果  長友佑都 
tb: 0   cm: 4

コメント

ジェノアーニ側からすると、ただただフラストレーションのたまる試合でした。
おっしゃる通りの采配でマレザーニは点を取る気があるのか?って感じでした。パラシオがいない試合の前線の質が・・・
ホームなんだからもっと積極的にいって欲しかったです。
ゼラブは孤立して見ていてかわいそうでしたし、途中出場のプラットは2度の打てるシーンがあったのにパスを選択したりと攻撃面での内容がボロボロでした。

終盤はモレッティが比較的自由になれてたのでうまく使って欲しかったですね。

スコア以上の完敗でした。

ボローニャにはアックアとディウ゛ァイオがいるので見るのが楽しみです。

Ken #- | URL
2011/12/16 02:46 | edit

長友よくできました!(^^)!  ミリートとパッツォの2TOPはあまりよくないように思えます。

ジェノアのヴェローゾは観ててほんと欲しくなりました

ジェ #OucFHXVM | URL
2011/12/16 12:51 | edit

Re: タイトルなし

>Kenさん

明らかにこの日のジェノアは攻撃面での意識が欠けていましたね。もう引き分け狙いのような戦い方…。残念です(汗)

ボローニャは前節、ジェノアが完敗したミラン相手に引き分けに持ち込んでましたし、ロッキの謎ジャッジがなかったら勝てる内容だったので、厳しい戦いになりそうですw

しかし、こちらにはボローニャをよく知るマレザーニがいるので…その辺は監督の手腕の見せ所ですね。

>ジェさん

ミリートとパッツォはシステムの問題というか、個人のパフォーマンスの問題の方が大きい気がします。でもやはり現状2トップ組ませるなら、フォルラン+ミリートorパッツォがベストでしょうね。

ヴェローゾはイケメンすぎて欲しくなります…w

ジニア #- | URL
2011/12/16 20:40 | edit

長友「信じて飛び込んだ」

たまたまじゃん
たまたまボール持ってた選手が長友のトコに蹴っただけ
違うトコに蹴ってたら長友の「信じ込み」は無意味だったワケで

たまたまハマっただけ

運で取れちゃった点だな

サッカーは運だよ
サッカーは運だけ

僕湿地 #- | URL
2012/01/13 08:53 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/412-f0c4edc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。