NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

雪の中でのゲームは4-4の乱打戦!!  

03b047691c0a8d9af79c9796a92522bb-getty-508574284.jpg

セリエA、インテル対パレルモ:4ー4、雪の中でのドロー

試合後のコメント
→『ラニエリ:「クレイジーな試合、最高のスペクタクル」
→『サネッティ:「僕たちは全力を尽くしたけど、奇妙な試合だった」
→『ポーリ:「結果は残念だったが素晴らしいゲームだった」
→『長友一問一答:「ミッコリにやられた」
→『サネッティ:「サポーターに反論したわけではない」

データ:ミリートは初めて"ポーカー"(4得点)を達成



szólj hozzá: Inter Milan Palermo 4:4 GOALS

現在ヨーロッパは大寒波に見舞われており、31日のパルマvユヴェントス、2月1日に行われるはずだったボローニャvフィオレンティーナ、シエナvカターニャ、アタランタvジェノアの4試合の延期がすでに決定しました。しかし、その中でもインテルvパレルモ戦は予定通り開催。どうやら朝7時から関係者がスタジアムとピッチの雪かきをしてくれてたようで…本当にお疲れ様です(汗)

299a6217584f3e5dec3bc49098d70197-getty-508573583.jpg

今日のスタメンはフレッシュな顔ぶれが二人ほど入りました。GKはジュリオ、DFラインは右からマイコン、ルシオ、ラノッキア、長友。中盤はスリーセンターでカピタン、クチュ、ポーリで、トップ下スナイデル。2トップにミリートとパッツォ。4-3-1-2です。サムエルはコンディションが整っていないということで欠場。新加入のパロンボはさっそくベンチ入りしました。

今日はピッチが雪で覆われている特殊な環境での試合だったため、キックオフ直後は感触を確かめながらの緩い立ち上がり。しかし、ピッチコンディションに慣れてくると次第にゲームスピードは上がっていき、チャンスが次々と生まれる。最初のゴールをこじあけたのはパレルモでした。ミッコリのコーナーキックから、ファーサイドに飛び込んできたマントヴァーニが足で押し込みゴール。完全にルシオとマイコンがファーへのケアを怠ってましたね…。

先制点は奪われましたが、すぐにインテルも追いつきます。猛然とゴール前までに上がっていったルシオにマイコンがクロス。それをマントヴァーニが懸命にクリアするも、ボールはこぼれてフリーのミリートへ。難なく右足で押し込みました。これがミリートの一点目。

前半の途中からラニエリはシステムの変更を指示。スナイデルが左サイドに流れ、4-3-1-2からフラット型の4-4-2になりました。試合後のコメントでラニエリは、この変更について「2トップとトップ下の形だと、どうもチームが戸惑う。DFの押し上げが欲しかったから」と答えていますね。

少し話が逸れますが、今日の試合は立ち上がりからスナイデルが「ボールを待つ」シーンが多かったです。今まではスナイデルがボールをもらいに低い位置まで下がってきて、全てのパス回しを自分経由でコントロールしていたのですが、今日は立ち上がりからそういった動きが少なく、味方がボールを運んでくるのを待ち、比較的、前の位置でボールを預かるという形が多かったです。前半2分にパッツォのクロスを頭で合わせたシーンなんかを見ると、周りのプレーに自分が合わせるような動きが増えたような気がします。これはラニエリと話し合いをした結果の変化なのかもしれませんね。

左サイドに入ってからのスナイデルは攻撃面でうまく活躍していた印象です。パスはもちろんのことですが、元々相手のプレッシャーをかわすドリブルテクニックも優れているので、サイドから中へ切り込んでチャンスを作っていました。本職ではないにしろサイドアタッカーというポジションでの可能性も見えてきたかと思います。ただ、そこでのプレーとなると守備面での貢献も求められます。チームのためにいかに自分を犠牲にできるか…今後のスナイデルに求められそうですね。

お互い交代ナシで後半がスタートすると、開始7分にさっそくミッコリが追加点を決める。パレルモの素早いパス回しからミッコリがボールを収め、スペースが空いている左斜め前にボールを運びながら、ラノッキアのマークを振り切り、左足で外側のゴールネットに押し込む。相性の問題もあるかもしれませんが、ラノッキアにはもう少しへばり付いて欲しかった…。ジュリオも触れないコースでもなかったと思うので、できれば止めて欲しかったですね。

開始早々に追加点を奪われたインテルでしたが、その3分後にまたもや長友のPK奪取のおかげで追いつく。長友はいいタイミングの走り出しをしたと思いますし、ポーリのドリブルでの運びと、パスも良かったです。(少し短かったけどw)あのシーンに関してはムニョスがスペースのケアを怠ったことが原因ですね。本職はセンターバックの選手だと思うので、少しサイドバックのポジションに慣れていない感じはしました。PKキッカーはミリート。難なく決めて、これで2点目。

同点に追いついたインテルはさらに攻め続け、17分には早くも逆転ゴールとなる3点目が生まれます。ルシオのロングボールのこぼれ球を、クチュが頭で相手DFの背後に落とし、うまく抜け出したミリートがそのままボールを運んで、ヴィヴィアーノをかわしゴール。これでトリプレッタ!まぁ抜け出したシーンはオフサイドっぽかったですけど…こういうこともあるということでw

勝ち越し弾で少しゲームが落ち着くと、ラニエリはポーリを下げてパロンボを投入。元サンプの若手が元サンプのキャップテンにポジションを託しました。今日のポーリは上々のパフォーマンスですね。長友のPK奪取に貢献しましたし、ボールテクニックも高くて、特にドリブルでの持ち上がりは非常に助かりました。こういうプレーをされると、もう少し出場機会を増やしてあげたいなと思いますw次での活躍にも期待!

後半19分に投入されたパロンボはこれがインテルでのデビュー戦となったわけですけど、その2分後。早くもミッコリの同点弾が生まれます。ラノッキアのゴール前のクリアを左サイドで受けたバルザレッティが、力強いクロスで中に放り込み、それにミッコリが頭で合わせ3点目。2点目もすごかったですが、この3点目はどうしよもないですね(汗)その3点目のミッコリの動きを間近で見ていた長友は、試合後のコメントで「すごく速いドンピシャのボールに対する、ミッコリの前に入る動き。あれをできる選手はそういない。」と褒め称えていました。いや本当にそうですよ…。

しかし、またもやその3分後にインテルが追加点を奪う。パロンボのロングフィードから右サイドを抜け出したカピタンがパッツォへ低いクロスを送り、足を振りぬくもうまくミートしなかったボールが上手い具合に背後から顔を出してきたミリートに渡り、ゴール!思い返せばこの日はPK以外、偶然転がり込んできたようなボールばかりがゴールに繋がってますねwポジショングが良かったというより…ボールを手繰り寄せる力というのでしょうか。かつてのエトーさんのような、天性のストライカーの姿が今のミリートには見えます!

このミリートの4点目のゴールで終わりと思いきや、40分にはDFラインを抜け出したミッコリが3点目のゴールを決め、振り出しに。ほぼ2点目と同じパターンですね。またタイミングがずれていたのか、ジュリオの反応も遅れました。同じコースでしたし、触って欲しかった…。

終了間際には危ない位置でオビがファウルを犯してしまい、キッカーはミッコリ。シュートはバーの上に逸れましたが、あわや一試合でポーカーが二人誕生してしまうというネタ試合が出来上がってしまうところでした…。最終的には4-4で試合終了。勝ち点1を手にし、また一つCL圏内から遠ざかる結果となってしまいましたね。

これからチャンピオンズリーグも始まり、今後リーグ戦の強豪クラブとの試合はほぼアウェイゲームがメインです。先の日程はかな~り苦しいものになっているので、今のうちに一つでも勝ち点を積み上げなければ、CL圏内も怪しくなってきます。次のローマ戦も厳しい試合になると思いますが、絶対に勝ち点3を獲得してきて欲しいですね。

日程が変更


レーガ・セリエA:ローマ対インテル戦は15:00キックオフに

このパレルモ戦後にザンパリーニ会長が「何でこんな寒い中で試合しなきゃいけないんだ?雪の中で、夕方遅くのゲームなど避けるべきだ」と不満を漏らしていましたが、まさにその通り。ミッドウィークの試合でそういった声も上がったことから、リーガカルチョはキックオフの時間を変更。土曜日のチェゼーナvカターニャ、ローマvインテルは15時キックオフ(日本時間23時)、日曜日のミランvナポリも20時から15時にそれぞれ変更になりました。

アジア圏に住む人にとってはとっても良心的な時間帯!お間違いなく!


おまけ




試合中にスーペルな積雪ダイブを見せてくれたオビ。思わず笑ってしまったけどw、ナイスファイトよ。

CL登録リストが発表


移籍市場も閉じ、決勝トーナメントに向けたCL登録リストが発表されました。
→『UEFAチャンピオンズリーグ:インテル出場選手リスト

予選に出れなかったフォルランとポーリ、新加入選手ではパロンボがさっそくメンバー入りしてますね。グアリンはポルトでCL予選に出場していたため登録外となりました。
Inter Milan 11/12の関連記事

category: Inter Milan 11/12

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: パレルモ戦  試合結果  ディエゴ・ミリート  ポーカー  ジョエル・オビ 
tb: 0   cm: 4

コメント

この試合のインテルは攻撃に関していうとポーリとすないでるのからみが個人的にはよかったと思います。スナイデルが左に流れてからはボールがうまく回っていたと思います。
もう少しパッティーニに収まれば楽なんだと思いますが・・・。
パレルモ戦を見る限り4-4-1-1の方がよさそうな気がしました。
ポーリは今後期待したいですね
ラノッキアは悪くなかったと思うんですがセーザルには触ってほしかったですね。

最近の試合で気になるのはラニエリの選手交代が気になります。
パレルモ戦もポーリを変える必要があったのか、なぜミリートを下げたかなど・・・
意図が見えない交代が多いと思います

最近インテルはディフェンスに硬さがなくなったような・・・・
ミラン戦はよかったのに

インテリすた #- | URL
2012/02/03 20:29 | edit

Re: タイトルなし

本来ならパッツォがもう少し決定的な仕事をできればいいんですけどね。パレルモ戦ではいいボールが入ってきましたが、それに合わせられませんでしたから。でもパッツォが前線に残って相手をひきつけて、ミリートに飛び込ませるためのスペースを空けるというのはいいと思うので、やはりこの2トップの関係は崩したくないです。なので、個人的には4-4-2のままの方がいいと思いますw

確かに一進一退の攻防の中で、ミリートを下げたラニエリの采配は消極的過ぎたかもしれませんね。ただミリートは4点決めた後から一気にペースダウンしていたので…この交代は納得できる部分もあるかと思います。土曜日にはすぐローマ戦が待ち構えてますし、サラテに出番を与えてコンディションを上げてもらいたいというのもあるでしょう。

ポーリに関してはラニエリはパロンボを起用したかったんでしょうね。でも、4点目の最初の起点となったのはパロンボのロングパスからですし、結果的にこの交代は良かったのではないでしょうかw個人的にパロンボのプレーは気になっていたので、そこまでこの交代は気になりませんでした…。ポーリには申し訳ないですがw

ミラン戦と比べると全体のコンパクトさに欠けますよね。そこには色んな原因があるとは思いますが、スナイデル…の影響が強いのかもしれません。実際スナイデルがスタメン出場し始めてから勝てなくなりましたからねwいや、もちろんスナイデルのせい!って言いたいわけじゃないんですけど、中盤一人分の守備に走る長さというのは大きいのかもしれません。

ジニア #- | URL
2012/02/03 21:44 | edit

ポーリは足つってたと思うんですけど

早くグアリンのプレーが見たいです。いつ復帰できるんでしょうかね?

あ #- | URL
2012/02/04 06:11 | edit

Re: タイトルなし

あっ、ポーリはそれもありましたね。グアリンは20日ほどの離脱と聞いています。一ヶ月かからないとの話が多いみたいですね。早期の復帰に期待!

ジニア #- | URL
2012/02/04 21:33 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/432-2f254d32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。