NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

公式戦10試合ぶりの勝利!!長かった…  

9dbf7a329df6708d55443afa8de4dcfa-1331330166.jpeg
セリエA、キエーヴォ対インテル:0ー2

試合後のコメント
→『ラニエリ:「今夜、チームはインテルらしいプレーを見せた」
→『モラッティ:「この勢いでマルセイユ戦にも臨もう」
→『サムエル:「みんなで手にした、みんなのための勝利」
→『ミリート:「僕のゴールはサネッティのおかげ」
→『スタンコヴィッチ:「インテル、情熱と冷静さの勝利」
→『長友:「長いトンネルから抜け出せて、ようやく勝った」




Chievo_Inter20120309.jpg
■ 守るキエーボ、攻めるインテル
この試合の基本的な構図はこんな感じ。立ち上がりは攻撃に人数をかけてきたキエーボですが、インテルがボールを保持し、試合をコントロールし始めると、ゴール前をガッチリ固めてカウンターに備える形に。前半は中盤から積極的にプレッシャーをかけて、インテルのビルドアップを阻止きてきましたが、後半になると完全に守備の安定化を図ってきましたね。

ただこの展開はキエーボ側が望んでいたものではないでしょう。インテルに「守備をさせられていた」というのが正しい解釈かもしれません。というのも、キエーボの試合後のスタッツを見ると、打ったシュートはわずか3本、枠内シュートは0本でした。ペリシエからいいカウンターを何度か仕掛けてはいましたが、十分とは言えなかったです。この日のキエーボは攻撃面で全くと言っていいほど内容を残せませんでしたね。

キエーボは後半途中からペリシエを下げました。もしかしたら途中から引き分けを狙いにいったのかもしれません。まぁ確かに今のインテルなら、確実に勝ち点1を奪おうと思えば奪えるでしょう。やはりインテルは守備ブロックを相手に作られると崩す術がない。前半は中盤での組み立てや、サイドの長友やマイコンのプレーが安定しなかったことから思うような攻撃を仕掛けられませんでした。後半になってプレーが安定してくると、今度はゴール前をガッチリ固めたキエーボの守備ラインを突破できない。攻撃面での課題は相変わらずです…。
37d708a7f05ae6c31dfb974e4d9d5497-getty-509526830.jpg
42分のこのサムエルのヘディング。まぐれでもない限り、流れの中から得点するのは不可能と感じていたので、頼みの綱はセットプレーでした。後半終了間際にそのセットプレーからの得点を得られたのは大きかったですね。本当にサムエル様様ですw

90分。カピタンがサイドに張っているマイコンにショートパス。そのまま右サイド前方の空いたスペースに向けて30~40mほどダッシュで駆け上がり、そのままパスを受けたカピタンはゴール前に走りこんだミリートへクロス。ゴールはミリートのものですが、その半分以上はカピタンがもたらしたものと言ってもいいでしょうw試合終了間際になっても落ちない運動量、そしてスピード。相手もついていくので精一杯でした。そして高い精度のクロス。右SBでプレーしていたころは残念なクロスが多かったですが…(笑)中盤でプレーするようになってから、格段にクロスの精度が上がりましたね。30代後半になってからも成長し続けるインテルのカピターノ。まさに一人タイムスリップ状態ですw

最終的に2得点快勝という結果となりましたが、後半42分までピッチ上にいたのはいつものインテル。課題は相変わらず山積みです。ただチーム全体の雰囲気やインテルを取り巻く"流れ"が少しずつ良くなり始めているということ。内容は残念だったとしても、勝ち点3以上に得られたものは大きかったでしょう。

次の試合は火曜日に行われるホームでのCLマルセイユ戦です。マルセイユもインテルとのファーストレグが終わってからの4試合完封負けという泥沼状態にあるので、きっといい感じの試合になるのは間違いないですwアウェイで先勝されたとはいえ、スコアは1-0ですから突破できる可能性は十分あります。このいい流れをマルセイユ戦に繋げられるといいですね!
5701f7dc3752cad859a4386d1af1ba4b-1331391372.jpeg
■ ラニエリの涙
試合後に「このチームに思い入れがあるということを意味している。選手たちは本当に良いプレーをしてくれていたし、勝ち無しの屈辱の1ヶ月の末、ようやく勝つべくして勝った喜びがこみ上げてきた。」とコメントしたラニエリ。

常に平静を装ってましたが、結果が出ずに一番苦しんでたのはラニエリ自身だったのでしょう。それと同時にこの日の勝利に一番喜んだのもラニエリ自身だったかもしれませんね。どれだけこの仕事にかけてきたのか。その深い決意を感じた気がします。

動画インテルの涙(ロナウド、モウリーニョ、カンビアッソ、ラニエリ)
Inter Milan 11/12の関連記事

category: Inter Milan 11/12

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: ハビエル・サネッティ  クラウディオ・ラニエリ 
tb: 0   cm: 3

コメント

ラニエリさんこの間はごめんなさいwしかしいい試合でしたね。あとやはりスナイデルはインテルの攻撃の中心でした!スタメンでこれからも見たい!マルセイユ戦も頼むぞインテル!

インテリスタ #- | URL
2012/03/11 23:08 | edit

試合後の選手の喜び方がまるで優勝したかのようでしたね。この調子で明日勝ってCLベスト8に行って欲しいです。今季リーグ戦3位以内は厳しそうなので、CL優勝しないかな~なんて・・・無理か(笑)レアルvsインテルのモウ監督古巣対決が見たいです!

Hmayo #dpUdNvug | URL
2012/03/12 18:54 | edit

Re: タイトルなし

>インテリスタさん

マルセイユ戦もスナイデルがスタメンで起用される可能性は高いようです。個人的にはそろそろゴールが見てみたいですねwパッツォと同じくらいスナイデルもゴールから遠ざかってますから…。次こそはFKからの得点を!

>Hmayoさん

今のレアルと決勝で戦うなんて…ガクブルですwでもCLはいけるところまで行きたいですね。まずはしっかりマルセイユ戦で結果を残しましょうw

ジニア #- | URL
2012/03/12 19:55 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/444-c10278ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。