NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

点が入りません…  

d1f500b5cecabaf241c8d2cf6c3a00d0-getty-509754054.jpg
セリエA、インテル対アタランタ:0ー0

試合後のコメント
→『ラニエリ:「楽なシーズンではないが、我々はギブアップしない」
→『サネッティ:「ガッツはあったものの、結果は残念だった」
→『長友:「僕らはもっと良い結果を得るに相応しかった」
→『ポーリ:「残念だが、終わったこと。次の試合に集中しよう」



szólj hozzá: Inter vs Atalanta Highlights

フルマッチ動画はこちらから→【[セリエA 2011-12] FCインテル・ミラノ vs アタランタBC

2012Inter_Atalanta20120320.jpg
■ 機能しない攻撃
この日のアタランタ戦。前節のキエーボもそうでしたが、前に人数をかけても効果的な攻撃を展開できないのが今のインテル。個人のフィーリング任せで、一人一人に明確なビジョンがなく、次の動きを予測したプレーがないので、相手DFにも読まれやすい。その場限りの攻撃ではなくて、もっと個々の動きに「狙い」が欲しいですね。

例えばジェノアのパスクアーレ・マリーノ監督が攻撃時に常に狙っていること。それは「素早い縦への展開」です。ボールを奪ったら、とにかくスペースに顔を出したFWにボールを預ける。パラシオかジラルディーノ、2トップのどちらかにボールを収めたら、片方は裏への抜け出しを狙う。距離があっても、長いボールを裏のスペースに放り込みます。少ないボールタッチ、パス回数でゴール前まで持ち上がり、得点を奪う。これがマリーノの攻撃スタイルです。

ゴール前で相手に守備ブロックをつくられた場合でも同じ。とにかく縦への動き、裏への抜け出しを狙います。スペースを埋められ、前の選手が裏へ抜け出せない時は、二列目以降の選手がワンツーで裏へ抜け出す動きを繰り返す。インテルとは違って、ジェノアには選手個々に明確な崩すイメージがあり、ビジョンがある。だからプレーにも迷いがなく、相手につかまれない攻撃を展開できる。

まぁ結局のところ何が言いたいかというと、ラニエリにはもっと攻撃の意識を高く持って欲しいということですw普段の練習でも攻撃の戦術練習に時間を割いてほしいですね。悪夢の2月は保守的なスタイルで戦ってきたのにも関わらず、失点は生まれ、結果は出ませんでした。3月でもまた同じことを繰り返そうとしています。

今、この悪い流れを断ち切るにはゴール…とにかくゴールを生むことです。それも大量に。まずは攻撃の選手に自信を持たせなくてはいけません。今のFW陣はシュートをすることを恐れています。「ゴールを決めたい!」という気持ちよりも、「ミスをしないか…」という考えの方が個人的には強いんじゃないかと思います。アタランタ戦のミリートのPKを見ても、そう感じた人はいたでしょう。

次節はイタリアダービーです。個人的にはリスクを背負ってでも、攻めにいって欲しいと思います。保守的なサッカーで引き分けを狙ったところで状況は恐らく変わりません。でも逆にここで勝利できれば?また流れが戻ってくるかもしれません。今のインテルにとって勝ち点3は非常に必要なもの。ライバル相手に負けたくないプライドもあります。この試合だけは…何が何でも勝利をもぎ取ってほしい!!!!!フォルツァ・インテル!!!!!
Inter Milan 11/12の関連記事

category: Inter Milan 11/12

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: アタランタ戦 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/448-43cd94ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。