NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ノーサプライズ  

fed705ded77f5d7a2922c0e7a6462010-1332707169.jpeg
セリエA、ユヴェントス対インテル:2ー0、ガッツを見せるも敗戦

試合後のコメント
→『ラニエリ:「今季はどうしても良い流れに乗れないようだ」
→『サネッティ:「ユーヴェを苦しませたが、決定力に欠けた」
→『ポーリ:「先制ゴールのショックは大きかった」
→『オビ:「前半にゴールが決められなかったのが後半に響いた」



Juventus 2 0 Inter Milan hoofoot... 投稿者 hoofoot

フルマッチ動画はこちらから。
→【[セリエA 2011-12] ユヴェントスFC vs FCインテル・ミラノ

■ 結局、課題はいつも同じ
この試合のシステムは4-1-3-2のような、4-3-1-2のような。ポーリがピルロに対して密着マークをしていたことから、システムは変則的になりましたね。この試合のインテルはほぼマンマークディフェンス。ゾーンで守るのではなく、人に対してピッタリくっついていく感じ。試合全体を通して、この守り方ははまっていたと思います。特に前半は高い位置で奪うこともできたので、ユヴェントス側は苦しんでいたに違いないでしょう。

ただ最近いつも言っているように、インテルの問題点はボールを奪った後にあります。ラニエリの采配には一貫性がないんです。まるでボールを奪うことを目的としているような…その後の具体的なビジョンが選手のプレーから見えてこない。選手も選手で味方の次の動きの予測ができない。つまりは明確な「崩すイメージ」を持てていない。本来目的とすべきところは"ゴール"であり、"守備"はその布石でしかありません。ボールを奪っても、その後の展開に繋がらなければ意味はないのです…。

この試合のインテルはやはり個の力に頼ってるのを強く感じました。フォルランはよく裏のスペースの動き出しを繰り返していましたが、タイミングよくボールが来ることはほとんどなかったです。もっとパスを繋げて、揺さぶっていければいいんでしょうけど、マイコンやミリートはそのフォルランが動き出すことによって空いたスペースに、自分でボールを運んでいきますからね。まぁこれはインテルの攻撃の王道パターンなんですが、この辺は変えていかないといけないと思います。

ラニエリにはもっときちんとした攻撃パターンを確立して欲しいですね。今はかなり選手任せの攻撃なので、このままじゃまた泥沼にはまっていきます。あとゴール前で守備ブロックを形成されてしまった時の崩し方など。もっと攻撃のバリエーションは増やすべきです。

今のインテルは自分達のサッカーがありません。臨む試合全て、相手に合わせた戦術を採用し、相手の良さをそぎ落とすことから始まります。この日のユーヴェ戦の立ち上がりもそうでした。今のインテルにとってそれしか戦う方法がないのは理解していますが、少なくとも目的は履き違えないでほしいです。どんなに守備が良くても、最終的にはゴールを奪わなきゃ勝利できないんですから…
Inter Milan 11/12の関連記事

category: Inter Milan 11/12

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: ユヴェントス戦  ジャンパオロ・パッツィーニ  何やってんだ 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/453-584c8360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。