NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

インテルvジェノア戦プレビュー  

Inter_Genoa20120331.png
■ スマトラ監督の初陣。当日の布陣は?
ストマラさんはやはりウィングを二人配置した4-3-3のフォーメーションで当日は挑むようです。両サイドアタッカーのポジションにはフォルランとサラテ。そしてマイコンが鵞足に炎症を抱えているため、当日の右SBには長友が入る予定。長友のポジションには恐らくカピタンが入り、中盤はアンカーにデキ、その前にクチュとポーリ。グアリンはまだ万全な状態ではないようなので、ベンチスタートが濃厚。ポーリの位置にはオビが入る可能性もあるようですね。

(※ラノッキアの位置にルシオ、左SBにキヴで長友はベンチという情報もアリ)

この布陣の注目ポイントといったら、やはりサラテとフォルランの両ウィング。この両サイドのアタッカーを中心にどういった攻撃を組み立てるのかは気になるところではあります。実戦からしばらく遠ざかっているサラテのコンディション、試合感も気になるところですね。

守備意識が高すぎたと言っても過言ではないラニエリのサッカー。対照的にあるストラマさんのこの攻撃的サッカーは果たして吉とでるか凶とでるか…。しかし「攻撃」が今シーズンの課題となっているインテルなので、その点の意識変化は嬉しいところです。まだ初戦ですし、かみ合わない部分もあるかと思いますが、うまくいくことを願いましょう。

ジェノアにもシステム変更の可能性が?
インテル同様これまでのジェノアもメインシステムは4-4-2。しかし最近の成績低迷からマリーノも布陣の変更を考えているようです。ガゼッタの予想はパラシオ、ジラ、ホルケアのトリデンテ。中盤にはロッシ、ヴェローゾ、ビオンで、最終ラインはメスト、カルバーリョ、カラーゼ、モレッティの4バック。GKにはフレイ。

注目ポイントはホルケアという選手のポジション。本来この選手はトップ下の選手です。一応サイドのポジションではプレーできますが、ゲームメイカーなのでウィングなどというポジションはほとんどプレーしたことはないはず。本来このメンバーなら、4-3-1-2という布陣が正しいのですが…いったいマリーノは何を考えているのやら(汗)

今の時点では4-3-3となっていますが、守備時のサイドのスペースを埋めるためにホルケアをこのポジションに置くだけであって、攻撃時には中に絞ってくる可能性もあります。降格圏内が近づいてきているジェノアにとって、インテル以上に負けられない一戦です。もしかしたら当日は4-5-1に近いシステムになるかもしれません。その辺は試合が始まってみないと分からないですね。

(※ホルケアの位置にはスクッリやヤンコビッチが入る可能性もあるようです)

538873_391759684168291_155465667797695_1473664_1897865417_n.jpg

ジェノア戦はどう戦うべきか


このブログにはインテリスタの訪問者が多いと思うので、今回は特別にジェノア攻略法をお教えしましょうwインテルと同時に、今シーズンほぼ全てのジェノアの試合を観ているのがここの管理人なので、いくらか良い点悪い点を理解しております。今回はそのいくつかの紹介と対策を。

■ DFラインの穴をつけ!(カルバーリョ編)
ガゼッタの予想スタメンを前提としてお話しますが、当日の最終ライン。まず"穴"というのはカルバーリョのことです。カルバーリョは冬にブラジルのフィゲレンセから獲得した新加入の選手。ここ数試合はスタメンでプレーしていますが、グランクヴィストとボボの代役という役割が大きいです。つまり「起用する選手がいないから起用している」…ということですね。

事実ここ数試合のユーヴェ、ローマ、ヴィオラ戦のプレーは安定していません。初めてのフル出場を果たしたユーヴェ戦は酷いもので、相手選手を見失いフリーにするシーンが多く、エリア内で相手を倒し、完全なPKの場面もありました。(結局ホイッスルは吹かれませんでしたが)。もちろんまだ、イタリアサッカーに慣れていないというのが背景としてあるので、こういった細かいミスはある程度想定された範囲であり、仕方のないことでもあります。ジェノアも多少の"リスク"を背負って起用している部分もあるので、ここをインテルは突かないわけにはいきません。

ジェノアは横からのボールに極端に弱いです。つまり守備時のマークの受け渡しが下手なのです。時よりマークするべき相手を見失うシーンが目立ちます。なので、クロスは積極的に放り込むべきでしょう。右でも左でもカルバーリョのところに落とすようなボールを送れたら、得点の可能性は少し高まりそうです。ミリートとの駆け引き、ポーリやクチュなどの二列目からの飛び出し。最終ラインに空いたわずかなスペースを突けるといいかもしれません。

■ DFラインの穴をつけ!(モレッティ編)
ジェノアの不動の左SB!も形だけで、アントネッリが長期離脱さえしていなければ。コンスタンが負傷していなければ、本来ここまで出番を与えられる選手ではありません。一対一の対応も去ることながら、ビルドアップも満足にできず、自分を攻撃的な選手と思い込み、無駄に前線に駆け上がって、その直後に後ろのスペースを突かれる…。ディスりまくってますが、本当に最近のモレッティは酷いですw

運動量のあるビオンディーニが中盤左に入っていれば、多少の守備的ケアはできると思いますが、ここが大きな不安要素であるのは間違いない。隣にはジェノアのNO.1カードコレクターのカラーゼさんが待機しているので、積極的な右サイドからの仕掛けは欲しいところですね。

当日の右サイドの顔ぶれが誰であれ、積極的に仕掛けるべきです。多少、攻撃が偏ってもいいと思います。特に体力が落ちる後半は狙いどき。カラーゼもモレッティも決してスタミナに自信がある選手ではないので、キツイ時間帯こそ積極的に攻めるべきですね。二人ともカードコレクターなので、ファウルを誘うのもありだと思います。

■ チャンスはより多く生み出せ!
今シーズン安定してジェノアのゴールマウスを守り続けているセバスチャン・フレイ様。このお方はジェノアーニにとってまさに守護神、神様のような存在です。現在51点というセリエAで最多失点数を誇るジェノアですが、その中でもフレイの評価は高く、毎試合すばらしいパフォーマンスを見せています。

えぇそうです。完全に矛盾していますwこんなに失点しているのに、GKの評価が高いのはおかしな話ですよね。しかし試合を観れば、必ずといっていいほどスーパーセーブでチームを助けているんですよ。つまり問題なのは穴だらけの守備であり、GKにはないのです。

この試合も恐らく安定したパフォーマンスを見せてくるでしょう。インテルはそれを前提として戦うべきです。決定的なシーンも防がれるかもしれません。ただそれで「またか…」とめげちゃいけない。より多くの攻撃的チャンスを作り出し、ジェノアのゴールマウスに襲い掛かるべき。”セリエ最多失点”という肩書きは伊達じゃありません。どこかに必ず穴があります。そこをより多く突いて、得点に繋げられるといいですね。

■ 攻撃の供給源を断て!
守備の話になりますが、マリーノジェノアの魅力といったらやはり攻撃。ここ数試合は低迷していますが、前線のジラルディーノとパラシオはやはり絶対的な存在です。恐らく表面的な部分で見ると、パラシオ調子いい!コイツは危険だ!と思うでしょう。もちろんパラシオの動きには十分注意しなければなりません。ただ、もっと注意を払わなければならない存在がいます。それがジラルディーノ

恐らくジェノアのほとんどの攻撃はジラを経由しています。一度怪我で離脱し、「ジラがいないジェノア」と「ジラがいるジェノア」をこの数ヶ月で観てきましたが、このいる時といない時のジェノアのサッカーの変わりようは激しいです。

今のジェノアにとって前線でボールをキープできる選手というのはとても重要です。ミリートが移籍してからというもののトニ、カラチョロといった選手にそういった役割を期待していましたが、十分ではなかったです。しかしこのジラという男のボールのキープは本当に素晴らしい。どんなに密集地帯にいようが、ボールは失わないですし、DFを背負った状態でも、周りの選手に正確なパスを供給でき、ロングボールも落ち着いて処理できる。このジラのポストプレーがマリーノの攻撃的理想を体現しているといっても過言ではないのです。

そしてジラが中央で体を張ってくれるからこそ、パラシオの負担が減り、前を向いて、自分の思うようなプレーが自由にできる。ほぼ汚れ仕事を背負わされて、表面的には全く目立っていないジラではありますが、このジラこそ今のジェノアの絶対的な柱です。まずインテルはこの柱を壊すところから始めなければなりません。

当日CBに入る選手がサムエルと、ルシオなのかラノッキアなのかは分かりませんが、ジラに対するチェックはより激しくいくべきでしょう。なるべくボールを持たせないようにしたいですね。ジラを封じることができれば、ジェノアの攻撃はそう活性化しないはずです。

■ ゴールは高い確率で生まれる!
データ的な話になりますが、ジェノアが最後にアウェイで勝利したのは昨年12月10日のシエナ戦。それ以来ずっと勝ち星がありません。特に今のマリーノ体制になってから、一度もアウェイで勝利していないという事実はインテルにとってプラス要素となりそうです。それに加え、そのシエナ戦以来アウェイでは連続失点中。ホームでの失点記録は先日のユーヴェ戦で何とか止まりましたが、アウェイではずーーーーっと失点しております。

つまりインテルにとって得点のチャンスは大いにあるということ。逆に言えば、このホームのジェノア戦で得点できないと恥ずかしいぐらいの気持ちでいるべきでしょうwそれくらいジェノアの守備は酷いのです。先ほども言いましたが、51失点というセリエAで一番の失点数は伊達じゃないです。

■ 長友を使え!
最後はジンクス的な話になってしまいますが、昨シーズンのホーム、今シーズンのアウェイとリーグ戦ではジェノア相手に2試合連続ゴール中の長友。相性はいいです。当日スタメンで起用されるのかは分かりませんが、もしかしたら…があるかもしれないので起用するべきでしょうw


今、思いついたのはこれくらいでしょうか…。当日、試合を見る上での参考にされば幸いです。
Inter Milan 11/12の関連記事

category: Inter Milan 11/12

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: プレビュー  ジェノア   
tb: 0   cm: 3

コメント

なかなか面白い結果になりましたねw
どう書いてくれるか楽しみにしてます

名無しさん #- | URL
2012/04/02 00:11 | edit

面白いしあいでしたね
でも長友が出場しなかったので残念です
あ!ぼくはつこめです

ヤノッキア #- | URL
2012/04/02 00:22 | edit

Re: タイトルなし

>名無しさん

今日はちょっと無理そうなんで、更新は明日しますw

>ヤノッキアさん

初コメどうもです!
面白いといえばそうなんですが、色々と酷い部分もありましたね…(汗)
長友の出場は次に期待しましょう。

ジニア #- | URL
2012/04/02 22:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/456-78e04287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。