NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

カリアリとの試合は2-2のドローゲーム  

8ae9705b39b9fe2d001abdab6deefb47-1333805411.jpeg

セリエA、カリアリ対インテル:2ー2

試合後のコメント
→『ストラマッチョーニ:「悔しいが、インテルは生き生きしている」
→『サネッティ:「僕らはもっと良い結果に値する健闘を見せた」
→『カンビアッソ:「勝ち点3が欲しかった」
→『グアリン:「次のシエナ戦で勝つようにしよう」
→『長友:「雑草魂でポジション争いを乗り越える」



Cagliari vs Inter Milan 2:2 GOALS HIGHLIGHTS 投稿者 maidb7abc

フルマッチ動画はこちらから→【[セリエA 2011-12] カリアリ・カルチョ vs FCインテル・ミラノ


■ 今日のインテル
基本的なシステムと構成は前節ジェノア戦と同じ。GKカステラ、DFラインは右からカピタン、ラノッキア、サムエル、キヴで、中盤はグアリン、デキ、クチュの3センター。前線はフォルラン、ミリート、サラテの3トップ。ジュリオの代わりにカステラさん、ルシオの代わりラノッキア、ポーリの代わりグアリン。この3人が入れ替わったのみで、ベースはほぼジェノア戦と一緒です。

ただこの日はサラテが左サイド、フォルランが右。この二人のポジションは逆でしたね。ジェノア戦ではサラテの左サイドからの仕掛けが効いていたので、その点の効果をストラマさんは期待して逆にしたのかもしれません。左サイドはサラテが中心にキヴとクチュがそのサポート。クチュは二列目からの飛び出しで攻撃によく絡んでました。得点シーンもミリートの動き出しのスペースを狙った結果ですし、前半もグアリンのクロスを頭で合わせるシーンもありました。このクチュの攻撃の流れを読み取る動きというのはこの試合で効いていたと思います。

右サイドではカピタンの積極的なオーバーラップが前節同様、目立ってました。ジェノア戦は左サイドでクチュ、ミリートといい連携を見せていたフォルランですが、今日のパフォーマンスはパッとしませんでしたね。カピタンやグアリン、ポーリとの連携もイマイチでボールがうまく繋がらない。クチュに送った2点目のアシストは素晴らしかったですが、まだまだ納得いくパフォーマンスには程遠いですね。今後はもう少し一つ一つのプレー精度を上げていって欲しいと思います。

チーム全体のことに言及すれば、やはり奪える時にゴールを奪えないインテルはそのまま。お粗末すぎたジェノアの守備で自信を持っちゃいけませんね…。この試合の得点は全て失点した直後でした。それを二回繰り返し、スコアは2-2。ピニージャが後半16分で退場したあと11人対10人で戦っていたので、追加点を奪えるチャンスは多くあったはず。この30分あまりあった数的有利の状況の中で得点を奪えなかったのはやはり痛いです。

ピニージャが退場してからのカリアリは完全にゴール前を固めてカウンターという形を狙っていました。インテルはその密集地帯に選手を飛び込ませ、ひたすらサイドからのクロスに頼る展開。または中央からのミドルシュート。シンプルといえば聞こえはいいですが、あまりにも単純な攻撃…。まぁ元々ゴール前で細かく繋いで崩すという形が今のインテルにはないので、仕方のない部分が大きいですが、やはりガチガチな守備ブロックを打破するアイディアがないのは何とかしないと。ストラマさんにはその辺の「もう一工夫」をチームに与えて欲しいです。次節のシエナ戦に期待します。

■ 初スタメン出場のグアリン
前節ジェノア戦は初出場ということもあり、少しプレーに力みが見えたグアリンでしたが、このカリアリ戦は比較的落ち着いたプレーをしていました。ストラマの戦術ではカピタンを積極的に上げるので、その間空いた後ろのスペースのケアは常に注意しなければなりません。試合中ストラマさんも頻繁にグアリンに指示を出していましたね。戦術的な部分では目立ったミスなどはなく、チームにはうまく溶け込んでいる印象でした。

本人は試合後のコメントで「まだベストなコンディションではない」と言っていましたが、フィジカルの強さは見せつけてくれましたし、ボールテクニックや視野の広さも持っていることもアピールしてくれました。能力は十分でしょう。この日は攻撃面での役割があまり求められなかったこともあり、グアリンの持ち味のプレーは見ることはできませんでしたが、期待は持てそうですね。まずはコンディションを100%に戻してもらって、徐々に試合パフォーマンスを上げていってもらいましょう。

■ 背番号23の呪い…?
いっそのこと背番号変えた方がいいんじゃないかと思うくらい、今シーズンは全くプレーが安定しないラノッキア。失点シーンもそうですが、特にビルドアップに関して、ボールの繋ぎの部分でのミスが多かったです。あとは相手の足元に無謀なタックルを仕掛けて、かわされるシーンも二度ほどありました。試合勘が戻ってないというのもあるでしょうが、ここまでヒヤヒヤするプレーを見せつけられると、ルシオのポジションを奪うのは難しい…。

もうラノッキアに関しては、今シーズン残りの試合を来シーズンに向けた準備と考えた方がいいかもしれませんね。試合に出て結果を出す!というよりも、先輩のプレーからより多くのものを吸収し、今自分がいる状況をよく考え、学んで欲しいです。長友が言うように、こういう状況でこそ得るものは大きいですから。腐らず頑張って欲しいと思います。

■ おまけ
c835ea83ad687564cbe9ece8d78f382b-getty-510142388.jpg
後半16分。絶妙な飛び出しから頭で押し込んだピニージャ。

ap-201204071003361925407.jpg
ゴール裏に詰めかけるファンに対し、ユニフォームをたくし上げ、喜びを表現しております。

ap-201204071006364075418.jpg
しかしその直後、主審からイエローカードを提示される。前半にデキを突き飛ばして、すでに一枚もらっていたピニージャはこのパフォーマンスで退場に…。

ユニフォームを完全に脱いでしまうと「イエローカード」というのは今はもう当然のことですが、この程度の肌の露出もアウトみたいですね。その境目は?と聞かれると微妙ですが、乳首あたりがラインになってきそうですwピニージャ先生が体を張って教えてくれたこと。皆さんしっかり覚えておきましょう。
Inter Milan 11/12の関連記事

category: Inter Milan 11/12

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: カリアリ戦  マウリシオ・ピニージャ  何やってんだ 
tb: 0   cm: 2

コメント

今節はアルバレスがでるからまぁ前線は楽しそう。
個人的にはあまりキブの出来も良くないので長友でもいい気がするんですけどねー。
1対1ならそうそう負けないと思います。
ボランチも比較的カバーしてくれるポイし!

インテリすた #- | URL
2012/04/11 20:19 | edit

Re: タイトルなし

キヴなのか長友なのか。ここはいつも気になるところですよねw

確かに長友は一対一に強いですが、ボールをあまり持てないですし、時より上がりすぎる場面もあるので、ビルドアップなど落ち着いて攻撃を組み立てようとするとなると、個人的にキヴのほうが上のような気がします。ここ一番で「攻めなければいけない!」という状況に関しては長友でしょうけどね。

なので要は使いようだと思いますよ。監督が何を左SBに求めてるのか。それが守備的貢献なのか、攻撃面での活躍なのか。この二人はいい面と悪い面がはっきり分かれているので、本当に状況によると思います。なので一概には言えないですw

今日のシエナ戦で長友はPK奪取の活躍も見せましたし。そういったプレーが増えてくると、ストラマも起用しやすいでしょう。次はスタメンかもしれません!期待しましょう!

ジニア #- | URL
2012/04/12 22:26 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/458-eb9460bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。