NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

長友がチームの勝利に貢献!!ミリートはシーズン20得点目!!  

e97e9477e16ffff742605fae52b1eb2d-1334175727.jpeg

セリエA、インテル対シエナ:2ー1、ミリートがドッピエッタ

試合後のコメント
→『ストラマッチョーニ:「チームは成長の面でもう一歩前に進んだ」
→『サネッティ:「インテルらしいインテルが復活した」
→『ミリート:「目標を達成するため最後まで戦う」
→『オビ:「試合へのアプローチが良く、最高の結果が得られた」
→『長友:「気持ちがPK奪取につながった」




フルマッチ動画はこちらから→【[セリエA 2011-12] FCインテル・ミラノ vs ACシエナ

■ 今日のインテル
この日も立ち上がり早々に失点したインテル。ですがペーゾリのなんちゃってクリアによるアシストと長友の粘り強いプレーから生まれたPKをミリートが決め、最終的に2-1というスコアでインテルが勝利しました。結果だけ見ると、相手DFのミスとPKによる得点ですが、内容はそこまで悪くなかったようにも思えます。少なくとも理想に近い崩しはこの試合でいくつか見えました。

まず前半26分のシーン。サムエルの縦パスをオビが中央に走りこんできたキヴに落とし、そのボールを受けたキヴはそのまま近くにいたミリートにダイレクトパス。フリーで受けたミリートでしたが、シュートはGKの正面に。この形は素晴らしかったです。最初の失点に絡んでしまったサムエルですが、ここはいい縦のパスを放り込みました。そしてオビの絶妙なスペースへの落とし。キヴの走るコースも良かったです。

それと前半39分にはデキとリッキーのワンツーから中央突破したシーンもありました。最終的にはデキのキックミスでチャンスは潰れてしまいましたが、決定的なシーンであったのは間違い無いです。リッキーはまだ万全なコンディションではないですが、一つ一つのプレーで違いを見せつけていましたね。

長友投入によりさらに活性化した左サイド。序盤は相変わらずのちぐはぐ関係だったサラテと長友も時間が経つにつれお互いにボールが回り始める。後半61分のオビ、サラテ、長友の狭いスペースの繋ぎから、最終的に逆サイドに流れてきたリッキーにボールを送れたシーンは見事でした。あと、その直前には長友の早い縦へのパスから、ミリートがヒールで中に落とし、そこに走りこんだオビがゴール前のクチュにパスを送ったシーンもあったんですけど、あれも一つの理想的な崩しの形ですね。これまでのインテルにはなかったスムーズで素早い縦への攻撃が展開できていたと思います。

こういった高精度の崩しが試合中に何回もつくれると、よりゴールも近くなってくるでしょう。次節はウディネーゼとの試合。フリウリでの試合ということもあり、まぁ厳しいの一言なんですが…w少なくとも今日のホームゲームのようなレベルのサッカーは保って欲しいですね。ストラマさん次節も期待しています!

■ 絶好調のミリート
2012年になってから、すでに16得点をマークしているミリート。インテルの総得点数が25点なので、ほぼミリートが決めたことになってますwここにきて急激に得点数を伸ばしていますね。ちなみにこれまでのミリートのシーズン最高得点数は08-09(ジェノア)の24得点。インテル移籍後は09-10の22得点が最高となっております。残り6試合…自己記録更新はまだありそうですね。

また現在の得点ランキングも3位につけており、トップのイブラとはわずか3ゴール差しかありません。今のインテルにはCLEL枠を確保できるかも微妙なので、シーズン終了後に一つでも明るいニュースが欲しいところ。ミリートにはぜひ得点王を狙ってもらいましょう!

6d49e9784e06d61f9b2606ef60468a83-1334171890.jpeg
カピタンがセリエA歴代3位の570試合出場
グランデ・カピターノ!本当に偉大すぎます。シエナ戦でリーグ戦570試合に出場したカピタンはセリエA歴代3位に。647試合のマルディーニ、592試合のパリウーカに続く大記録達成となりました。今シーズンもチーム最多の31試合に出場しているということで、38歳という年齢の衰えは全く感じさせませんね。素晴らしい!というよりも、もう驚愕の域ですwビックリこの上ない…。

ただこの出場記録以上にすごいのは年々高まってきている試合パフォーマンス、そしてスタイルの変化です。数年前までは「守備的選手」な位置づけだったカピタン。サイドバックに入っても、そこまで前線に顔を出すことはなく、中盤に入ればマイコンとのバランス調整に励む仕事が主でしたが、ここ2年くらいは守備よりも攻撃面での活躍が目立ちまくってます。マイコンが落ち着いてきてしまったのもあるんでしょうが、ドリブルからの攻め上がり、そしてクロス。これはもはやレアなプレーではありません。

ドリブルのキレに関しても高まってきている印象。当たり負けしないフィジカル、そして無尽蔵のスタミナ。一度スイッチを入れたら、もう無双状態ですwドリブルだけで見たら、メッシに匹敵するんじゃないかと思うくらいwしかし改めてこの38歳という年齢を考えると、ここ最近の試合パフォーマンスは凄まじいことですよ。今のところカピタンには引退のいの字も見えませんね。とりあえず来シーズンはパリウーカの記録を塗り替えてもらいましょう。そして行く行くはセリエA最多出場記録を…。このまま走り続けてくれ!インテリスタの夢を乗せて!

a8c6eaa494c81b2ac9e6041d2629190d-getty-510203462.jpg
■ サンシーロに帰還したデストロ
デストロが2010年にミラノを離れてからインテルの試合に出場したのは恐らく一度だけ。セリエA挑戦一年目のジェノアでのホームゲームだったと思います。(たぶんw)その試合は途中出場で動きも固く、全く内容のあるプレーは見せられませんでした。本人もきっとほろ苦い試合であったのは間違いないでしょう。その後はジェノア、そしてシエナでもインテルと対戦する機会はありましたが、全て怪我のため欠場。つまり最高の状態、状況、環境で古巣インテルとの試合を迎えたことはないということですね。

このような万全な状態でインテルとの試合に臨んだのはこれが初めてです。この日のピッチ上にはシーズン8ゴールという記録を引き下げ、シエナの主力選手の一人として堂々とプレーしているデストロの姿がそこにはありました。結果的にはノーゴールで終わりましたけど、デストロのパフォーマンスは悪くなかったと思います。ボールの収まりどころがいいので、サムエルとルシオは中々ボールを奪えませんでしたし、周りを使うタイミングもよく、可能性のある仕掛けも見せることができました。後半はスタミナが切れていた部分もありましたけど、率直に「成長したなぁ」と感じました。

技術的な部分も去ることながら、特に目についたのはフィジカル的な部分の変化ですね。ジェノアでプレーしていたころはもっと芯が細く、「動きと素早さ」で勝負を仕掛けるタイプ選手だったのですが、今では重量級と言ってもいいくらいな体つきに…wシエナで相当、鍛え込んだのでしょうか。このフィジカル面の変化は正直ビックリです。

■ デストロのインテル復帰は?
最近、噂になっているこの話題。試合前に聞かれた質問に対してモラ会長はこのようなコメントを残しています。

モラッティ会長:「(デストロ放出について)後悔しているかって?メルカートの取り引きとなると、誰かを手放さなくてはならないので、悔いなんてあってないようなものですよ。それに、シエナでとても良いプレーを見せるのと、インテルで機能するのとは違いますからね。いずれにせよ、ウチには良いパフォーマンスを見せている若手がいるので」

「シエナでいいプレーを見せても、インテルじゃ分からない」とは中々の辛口コメントwまぁ現実はそうなんですけど、デストロ本人が聞いたらショックだろうな…。ですが、このモラ会長の発言とは裏腹に最近は「インテルがデストロの買い戻しを考えている」という記事が出まわってます。デストロの保有権は現在ジェノアにありますが、恐らくシーズン終了後にはシエナと共同保有状態になるでしょう。その状態からインテルがどう動くかが注目されます。

デストロの完全買取には1000万ユーロの値段がかかるという話もあるので、まずはインテルがその金額を出せるかどうかですね。対抗馬としてはユーヴェやローマなどがいるようです。ボヌッチのようなパターンもあるので、それだけは阻止したい…(´・_・`)

そういえば皆さんはなぜデストロが22番という背番号を背負っているかご存知ですか?インテルにも同じ背番号を背負っている選手がいますよね。これは偶然ではないのです。実は2010年当時、デストロがジェノアに移籍する際にミリートから託された番号なのです。「この背番号は幸運をもたらしてくれる」と。デストロは今でも尊敬する選手の一人にミリートの名前を挙げています。少し前に「子供の頃はユヴェンティーノ」発言で物議をかもしましたが、古巣への愛情はまだ持っているに違いない。インテルにはぜひそれに応えてやって欲しいです。

私は願ってますよ。いつの日かデストロがインテルの22番を背負ってプレーしてくれることを…!

Inter Milan 11/12の関連記事

category: Inter Milan 11/12

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: ディエゴ・ミリート  長友佑都  マッティア・デストロ 
tb: 0   cm: 4

コメント

Re: タイトルなし

元々インテルが保有権を持っていたのですが、ミリートとモッタの移籍の際にジェノアに保有権が移って、そしてその後ライバルチームのユヴェントスに移籍したのです。

デストロもそのパターンがありそうで…

ジニア #- | URL
2012/06/25 19:59 | edit

Re: タイトルなし

そういう動きはなかったかと思います。

ジニア #- | URL
2012/06/27 21:23 | edit

Re: タイトルなし

単純にインテルの下部組織出身の選手がユーヴェに行ってしまう…ということだけなんですがw

特に深い意味はないです。

ジニア #- | URL
2012/06/28 21:30 | edit

Re: タイトルなし

まぁそういうことですw

ジニア #- | URL
2012/06/30 02:05 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/460-c3212ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。