NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

シエナ戦の惨敗でウルトラスが暴走。残りのホームゲームは無観客試合に。  

7ab20d621e70aeffcc4de08d4b9dd596-getty-143255081.jpg
関連記事
→【ジェノア大敗でウルトラスが暴挙 マレザーニ解任でデ・カーニオが就任
→【試合中断のジェノア、2試合の無観客試合停止処分
→【カルチョの降伏 お前たちにジェノアのシャツを着る資格はない


その日マラッシで何が起こったかは関連記事を見ていただければ分かると思います。ウルトラスの暴走…試合を中断させ、選手にユニフォームを脱げと要求するなど本当に馬鹿げた行動です。ただずっとジェノアの試合を追いかけてきた立場から見れば、ウルトラスの気持ちも少しは理解できます。

今年になってこれまで18試合を戦って来ましたが、勝利した試合はわずか3つ。稼いだ勝ち点は15しかありません。はっきり言って2012年の転落ぶりは凄まじいです。守備の問題は全く改善されず、ただただ失点だけがかさむばかり。4月7日のアウェイのノヴァラ戦の後、選手たちはサポーターの所へ駆け寄り、少しの時間ですが話し合いの場を設けました。恐らくそこで残留への決意と声援での後押しをお願いしたのでしょう。

その出来事があって挑んだホームでのチェゼーナ戦は1-1の引き分け。そして今回のシエナ戦では前半の時点で0-3とされ、後半立ち上がりにはさらに失点し、スコアは0-4に。何も変わってないし、何も改善されてない。サポーターが「何をやってんだ!」と叫びたくなるのは当然のことです。

今回の出来事によりマレザーニは解任、後任としてルイジ・デ・カーニオが招聘されました。そしてウルトラスの問題に関してはFIGCからホーム2試合の無観客処分が言い渡されました。これでもう残りの試合でサポーターがマラッシに足を運ぶことはありません。

状況は絶望的です。明日にはミランとの一戦が待ち構えています。この節の結果によっては降格圏内への転落も有り得るでしょう。残り他の4試合もボローニャ、カリアリ、ウディネ、パレルモと強者ぞろい。今ジェノアは降格の危機に直面しています。残された希望はルイジ・デ・カーニオのみです。どこまでこの崩れたジェノアのチーム組織を再構築できるか。それにかかっています…。

ap-201204221142421336772.jpg
積極的にウルトラスの説得に動いてくれたスクッリ。その勇気に感謝。

Genoa CFC 11/12の関連記事

category: Genoa CFC 11/12

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: ジェノア  何やってんだ 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/463-2caeab18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。