NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

EURO2012の優勝国はスペイン  

4fef25bf1a7cd981ed99f87c57c0a6a6-22686-1341179526.jpeg
[Uefa.com] スペイン、大勝で連覇達成
[Gazzetta.it] スペインに4失点大敗のイタリア
[Gazzetta.it] ブッフォン:「今夜は試合じゃなかった」
[Goal.com] プランデッリ:「素晴らしい大会に変わりはない」
[Goal.com] 号泣のボヌッチ:「本当につらい大敗」
[Goal.com] キエッリーニ:「ここが出発点だ」
[Goal.com] 伊連盟副会長、日程には不満も「準優勝に誇り」
[フルマッチ動画] EURO2012決勝:スペイン代表 vs イタリア代表




0e296e902d1056b658e717a14730cc96-72696-1341178689.jpeg

「3日と4日の差はあまりないが、2日と3日の差は大きい」

この大会期間中、どこかの解説者が話していました。(宮本さん…?)ドイツとの激戦からわずか2日しか猶予を与えられなかったイタリア。一ヶ月という短期間の中で多くの試合をこなし、疲労も溜まっていた中で、この一日の差がもたらすフィジカルコンディションへの影響というのは大きかったと思います。直接の言い訳にするわけではありませんが、せめて決勝くらいはお互いベストな状態で戦いたかった…そこだけが思うところです。

個人的に期待していたのはグループリーグ初戦のイタリアvスペインの再来。お互いが持ち味を発揮し、最高の盛り上がった内容を決勝で披露できれば、勝っても負けてもいい締めくくりができたと思います。しかし、フタを開けてみれば0-4という悲劇的なスコアで試合は終了…。内容は"スペイン一色"でした。

「3-5-2で戦うべきだったのか」

ピルロが完全に抑えられたこの試合では、デロッシをCBの中央に置いた方がビルドアップ時の展開力があったかもしれません。バルザッリとボヌッチはかなり苦しんでましたしね。それに4-3-1-2はスペインに対して相性が悪すぎました。

でもあのスペイン相手にするとなると「走力で負けない」というのが前提となってきます。3-5-2にしても中盤と前線の運動量というものは必須ですし、フィジカルコンディションが万全じゃなかった時点で、どちらにしろこの日の試合は厳しかったでしょうね…。

「EURO2012」

色々なドラマもありましたが、やっぱりスペインは強かった。それだけがはっきりした大会でした。皆様、お疲れ様です…。

EURO 2012の関連記事

category: EURO 2012

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: スペイン代表 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/491-1fc67320
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。