NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

セリエA第7節:サムエルのゴールでインテルが逃げ切り、ダービー3連勝  

ed40cbd2-cf7d-366a-ab99-2859e71ca23fsss.jpg
[inter.it] セリエA、ミラン対インテル:0−1
[inter.it] ストラマッチョーニ:「インテルは偉大なチームの気迫を見せた」
[inter.it] サムエル:「自分たちの力を信じている」
[inter.it] サネッティ:「自分の子供に捧げる勝利」
[inter.it] カンビアッソ:「前から自信を失っていなかった」
[inter.it] 長友:「キャリアで初めての退場」
[inter.it] モラッティ:「ストラマッチョーニは大の働き者」
[inter.it] データ:今夜の勝利でインテルはダービー3連勝を達成
[goal.com] 伊紙、退場の長友を酷評 「Nagato-no」
[Gazzetta.it] ダービー勝利で成長を喜ぶストラマッチョーニ
[Goal.com] マテラッツィ氏:「ミランは対戦するのが最も簡単なチームの一つ」
[Goal.com] イタリア審判協会会長、ダービーの主審を評価
[Gazzetta.it] 謙虚さを保つストラマッチョーニ 「モウリーニョ? 私は何者でもない」
[Gazzetta.it] ジェノア会長、ストラマッチョーニに「敬意を欠いた」
[Gazzetta.it] ガッリアーニ:「ダービーの主審は不適当だった」
[Gazzetta.it] ダービー敗北で判定に怒るアッレグリ ボネーラは「長友の退場は…」
[Full Match Highlights] ACミラン vs FCインテル・ミラノ


Μίλαν - Ίντερ 1-0 投稿者 buitre9

29eddb83-48d4-3533-9f99-6596544065bf.jpg
7d2ffb00-3e81-3e05-85eb-5ef57be70dbcsss.jpg
684de520-a62c-3e80-8450-4149c4a96812sss.jpg
52c60178-ff29-3b70-b9a3-bef914d3dc2bsss.jpg

ダービーの主役はヴァレリ主審、ミランは内容のあるサッカーを披露、インテルが勝ち点3を手にした。

この試合を簡単な言葉で説明するとこんな感じ。前半3分のサムエルのゴール、その後のミリートの決定的シーンなどいい立ち上がりを見せたインテルですが、ミランがボールを繋ぎ、リズムを作り始めると押し込まれるシーンが目立つ。前半は防戦一方で、後半の長友の退場で試合展開は一気にミラン側に傾きました。そんなミランに対してインテルにできることとすればリードを保ち、そのまま試合を終わらせること。それ以外に選択肢はありませんでした。

こういった引きこもりサッカーをすると批判の声が沸々と上がってくるものですが、今回の試合に関しては適正なジャッジを下さなかった審判団に批判が集中しているようです。アッレグリは「ハンダノへのファウルはない。モントリーボのゴールは認められるべき。ファンは退場すべきだった。長友へのジャッジは妥当」とコメント。まぁ"ミラン側の主張"というやつです。ボネーラに関してだけは長友の退場は適切ではなかったかも…と言ってるようですね。

試合後の話題がヴァレリ主審のジャッジに集中してしまうほど悲しいものはないです。どんな時でもピッチ上の主役は選手であるべきで、審判団は最高の試合を世界中で見ているファンに届ける義務があります。今回のダービーに関してはその"義務"を果たせていませんでした。第三者からしたら、最高におもしろくない試合だったでしょうね…。

試合内容に言及すれば、今日も受け身のようなストラマさんの采配が目立ちました。サネッティを左WB、長友を右のWBで起用した点。恐らく先日のヴィオラ戦のグアルダードのように、調子のいいエル・シャーラウィをマンマークで長友につかせようとしたのでしょう。その辺の守備戦術は有効的かと思いますが、攻撃に切り替わったときのアイディアというのが不十分。個人的にはいつもどおりカピターノ右、長友を左起用でも良かったかなと思います。

あとこの日トップ下で起用されたコウちんに関してはボランチ二枚を一人でチャックしなければならない状況になっていたので、ミリートもしくはカッサーノの守備的な貢献がもう少し欲しかったです。3バックにするなら前線の形は2トップ+トップ下というより、1トップ+2シャドー的な配置の方が効果的かと思います。4-3-2-1と同じ理念で、3-4-2-1といった形でしょうか。

現実カッサーノやスナイデルにそういったタスクを要求するのは無理がありますが、パラシオに関していえばそういった守備的な負担も背負ってくれます。ミラン戦でようやくパラシオが復帰したことで、戦術的な幅も広がるでしょう。リーグ戦中断後から再び厳しい日程が続きますが、パラシオを加えた攻撃陣で何とか乗り切ってほしいですね。
Inter Milan 12/13の関連記事

category: Inter Milan 12/13

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: 長友佑都  何やってんだ  ワルテル・サムエル  パオロ・ヴァレリ 
tb: 0   cm: 1

コメント

こんばんわ☆

こんばんわ、かすみと申します☆
ttp://kasumin3333.blog.fc2.com/でブログ書いてます♪

ブログ、楽しく読ませてもらいました―♪
友達の影響でサッカーに興味を持つようになりました!

私のブログにもよかったら遊びに来てください☆

あっ…男性依存症の病気なので((+_+))
そういうものに御理解があれば、
私のブログにも遊びに来て下さい★
これからも更新楽しみにしてます♪

かすみ #- | URL
2012/10/16 20:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/517-50bdc93a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。