NO INTER NO LIFE

インテルのこととか、ジェノアのこととか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

セリエA第10節:サンプドリア戦の勝利で2位に浮上!  

2288736c-ce01-34bb-899c-ee2897f4a7afss.jpg
[inter.it] セリエA、インテル対サンプドリア:3−2
[inter.it] グアリン:「最高の試合だった。さあ、ユーヴェ戦に集中しよう」
[inter.it] 長友:「チーム内にはポジティブな雰囲気が漂っている」
[inter.it] サネッティ:「今夜の勝利は大変意義あるものだった」
[inter.it] サネッティ:「堂々と戦うつもりでトリノに乗り込む」
[inter.it] カンビアッソ:「インテルらしい道を進んでいる」
[inter.it] ハンダノヴィッチ:「一歩一歩成長してここまで来た」
[Gazzetta.it] ストラマッチョーニ、6連勝で「シーズンベストのインテルだった」
[Full Match Highlights] FCインテル・ミラノ vs UCサンプドリア



szólj hozzá: in sa
e1bd55be-68f2-30a2-b556-550a61c36828ss.jpg
4ff1eb8885f5a8708105d7d6251d8b84-10006-1351720332.jpeg

- 中盤の配置転換
ラノッキアのクリアミスを押し込まれた一点目。終了間際にエデルに決められた二点目。コスタの退場というラッキーな出来事もありましたが、スコアほど内容の差はなかったと思います。ストラマさんも「シーズンベストのインテルだった」と言ってますね。

この日のスタートのシステムは4-3-3。DFラインは右からカピタン、ラノッキア、サムエル、ペレイラ。中盤はグアリン、ムディンガイ、ガルガーノの3人で、前線にカッサーノ、ミリート、パラシオを置く形。守備時にはパラシオが右サイドのスペースに下がってきて、4-4-2の形になっていました。

まず、ここ数試合で気になったのは中盤の選手配置。先日のボローニャ戦はガルガーノ、ムディンガイ、クチュの3センター。この日のサンプドリア戦はグアイン、ムディンガイ、ガルガーノの3人。注目すべきポイントはムディンガイがここ2試合でアンカーポジションに入ってる点ですね。

前節ディアマンティを完膚なきまでに叩き潰したことで、「潰し屋」としての地位を確立したムディンガイ。監督の支持を冷徹にこなす姿勢が評価されたのでしょう。一方で、開幕当初はアンカーで起用されることが多かったガルガーノは、ここ2試合では3センターの右、もしくは左で起用されています。ガルガーノはムディンガイほど監督の戦術に染まることはできませんが、攻守にわたって走り切るあの運動量は一列前でも生かせる特徴です。この二人のポジションチェンジは、ある意味では自然な配置転換とも言えるでしょうね。

ただサンプドリア戦は流れの中でこの二人のポジションが入れ替わることがありました。ムディンガイに求められるタスクは主に守備面でのものであり、攻撃の組み立て能力に関してはガルガーノの方が上です。ビルドアップがうまくいかない場面についてはガルガーノが下がり、組み立てのお助け。そういった場面はこの試合ではよく見られましたね。シーズン開幕から2ヶ月ほどが経ち、選手の特徴も段々と理解してきて、その使い方も豊富になってきています。ストラマさんのそういった"変化"は見ていて面白い点です。

ユーヴェ戦では「ピルロをどうするのか」が一つのテーマでしょう。前日会見でストラマさんは「プレーを組み立てるに当たって最も高いクオリティーを誇る選手。ピルロがなかなか力を発揮できないように気を配ることが当然の戦術だと思う」と語っています。守備でリズムをつくるストラマサッカーにとって、当然この選手の対処はしなければならない点です。それを考慮した上で中盤の構成をどうするのか。この試合の一つの注目ポイントでしょう。

Inter Milan 12/13の関連記事

category: Inter Milan 12/13

thread: 欧州サッカー全般 - janre: スポーツ

tag: サンプドリア戦  ガビ・ムディンガイ  ワルテル・ガルガーノ 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnia49.blog27.fc2.com/tb.php/522-0ea7c60f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ARCHIVE

CATEGORY

COUNTER

LINK

BOOKMARK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。